風景

2014年2月24日 (月)

先週の降雪で、近くの三郡山にも雪が積もりました。でも、今年は去年よりも暖かいです。

晴れ

  

今日は昨日よりも暖かい日でした。

(朝は、霜が降りていて、畑の水桶には氷も張っていましたが。)

  

先週の大雪で、関東地方はハウスがつぶれたりして、大変な被害があるとテレビなんかで伝わっています。

政府が無償で建て替えをしてくれるとは思わないので、被害にあった農家はどうしようかと思い悩むことだろうと思います。

  

近くの三郡山の雪景色です。  

  

201402192

 

201402191

  

拡大して、撮ってみました。

  

201402193

   

もう少し近い場所で撮りました。

この写真を撮った日の前日はもっと真っ白でした。

  

その日、畑を見に来られたSさんは、「まるで北の方の山岳地帯を見ているようだ。」と言われました。

当地は、飯塚市内から、2,3℃、温度が下がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

寒い1日でした。久しぶりに、つららを見ました。

雪 のち 曇り

  

明日、買い取り用のキャベツを出すことになっていたので、

午後、畑に収穫に行って、いつものようにキャベツを1玉、収穫しました。

そのキャベツをよく見ると、半透明になっていて、凍っている状態でした。

昨日の雪はかなり融けていたので、大丈夫だろうと思っていたのに、ダメでした。

朝方、かなり寒くても、通常は、午後には収穫できるのですが、できませんでした。

  

201202031   

  

今日の午後の写真です。

つららがまだ融けていませんでした。

相当に寒い1日だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

アスパラガスの枝に付いた雫がきれいでした。

晴れ

  

今日の朝、畑に行くと、アスパラガスに水滴がたくさん付いていました。

キラキラと輝いていて、きれいだったので、写真を撮ってみました。

昨日は昼は雨だったのですが、夜は降っていなかったと思うのですが。

   

201110061   

   

直径数ミリの大きな雫が太陽の光で輝いていました。

  

201110062   

  

こちらの写真だったら、アスパラガスの枝が少し見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

正月前から、雨が多く、寒さも続いています。大変!

雨 ときどき 雪

  

正月前から、雨が多くて、寒さも続いています。

雨が雪に変わることも多いです。

平均気温が5℃に満たないとテレビでいっていました。

20数年ぶりの低温だそうです。

    

201101151   

  

12月31日撮影 

三郡山全体が雪に覆われました。

まるで雪山の風景です。

  

201101153   

  

1月8日撮影

三郡山の雪は、ある高さ(600mくらい)以上で積もっています。

その線より高いところが気温が低いのでしょうか?

ちょっとおもしろいです。

  

201101152   

  

その日の朝の氷です。

2cmくらいありそうです。

  

冷え込みましたが、こんな日が一番困ります。

キャベツや大根などの露地野菜は凍っていて、収穫できません。

ハウスの中の野菜も、水洗いができません。

井戸のパイプのバルブが凍って閉まらないのです。

どうしようもないので、午後からの収穫になってしまいます。 

よっぽど雨の方がいい時があります。 

  

そんな寒さが続いているのですが、

キャベツや大根は徐々に大きくなっています。

大根なんか、十分に太っているので、もうこれ以上大きくならなくてもいいのですが。

収穫したり、洗ったりするのは大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

今日は、今冬で一番の大霜でした。

晴れ

  

今日は、今冬で一番の大霜でした。

  

2010175   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

ビニールハウスに付けている温度計は-5℃でした。

確かに寒かったのですが、ハウスの中で、ここまで冷えたのは初めてです。

  

201001177   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

ビニールハウスの中のレタスもこんなありさまでした。

煮えたようになりました。

でも、午後は回復して、普通の姿をしていました。

  

201001171   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

外の洗い桶にも氷が張っていて、厚さは1cmちょっとでした。

以前、2cm以上の氷が張ったことがあったので、

ひょっとすると、もっと寒いときも来るかもしれないです。

  

201001176   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

大根もこんな状態でした。

  

201001174  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

こちらはキャベツです。

大根と同様に、しおれてしまっています。

   

P1010723   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

3日前(1月14日)の写真です。

15日のおとといまで、キャベツは雪に覆われていました。

やっと雪が融けたと思ったら、今度は大霜です。

キャベツもかなりキタワレマシタ。

   

201001173   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

1株のキャベツです。

葉の表面は白くなっています。

  

201001172   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

1つ前のキャベツの左上の葉の部分を接写しました。

葉から、霜柱のような白い氷が出ていました。

葉の中の水分が凍ったのでしょうか?

   

こんな寒さにあたっても、昼過ぎには、ほぼ元に戻っています。

植物は強いですね。

きっと、キャベツもおいしくなっていると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

NHKテレビで放送された金子美登(よしのり)さんの有機農業を見て思うこと。

  

昨日も今日も雪が積もりました。

当地は20cmくらい積もりました。

当然ですが、野菜の収穫もできませんでした。

1日くらいは雪が積もるのですが、普通は、すぐに融けます。

2日続きは久しぶりです。

  

20100114  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

軽トラックも雪で覆われました。

  

表題のNHKテレビで放送された金子農場の有機農業のことですが、

ビデオに撮って、3回くらい見直しました。

今の私にとっても、本物の有機農業はあこがれです。

でも、現実には、なかなか実践できません。

理由は、率直にいって、農地が広くない、収入が多くない、それに年齢に伴う体力がついていかないなどです。

  

農地についてですが、サッカー場2面くらいの広さだと放送されていました。

どのくらいかなあと調べたら、サッカー場1面は横68m、縦105mだそうです。

面積は7140㎡で、2面だと約1.4haくらいです。

この中に、母屋や納屋や牛舎やにわとり小屋もあると思うので、

実際の耕作地は1haくらいだろうと思います。

1ヶ所に、しかも平面でこの規模はすごいの一言です。

北海道なんかだと、普通かもしれませんが、

埼玉県でしかも、近所に人家が多数あるところでは、普通には、その面積は非常に広いと思います。

私の地区でも、そのくらいの広さは果樹園ならありますが、丘陵地なので、平面ではありません。

田んぼも普通は飛び地です。

多分、代々の大農家だろうと推察されます。

  

畑には、マルチフィルムを使っておられませんでした。

夏、草はものすごい勢いで伸びます。

よく言われることですが、夏は草との戦いです。

野菜なのか草なのかわからない状況になってしまいます。

草取りをしていても、到底、追いつきません。

私のほ場はこの面積よりもはるかに小さいのですが、

それでも私なんかでは、まず無理です。

この草取りをされていただろうと思いますが、多分、大変だっただろうと思います。

研修生が10名おられるとのことでしたが、

今は、この方たちが労働力となっておられると思います。

  

この研修生の方々もいずれは各地に散らばって、有機農業を志すと思いますが、

おそらく、広いほ場の確保と草取りで悩まれることと思います。

   

収入の面ですが、

以前、かなり苦しい状況に追い込まれたとのことでした。

おいしかったと思いますが、売れない時期が続いたのかもしれません。

現在は、直売所なんかは普通にあって、むしろ過剰ともいわれています。

農協の部会を通さなくても、普通に売れる状況にあります。

以前は違ったと思います。

新規就農をした方でも、作物さえできれば、それなりに買ってもらえるところがあるのが、現在の状況です。

  

宅配を30軒程度行って、それ以外でも直接、販売されているとのことでした。

私も、当地に移る前は、週に1回の宅配を3,4年していて、40軒を超えました。

5品で700円でしたが、それでも月に10万円ちょっとでした。

金子さんのところは、1回に1000円とか2000円くらいだろうと思いますが、

それでも、そんなに多くの収入は望めません。

お米や卵なんかもあってやっていけるのだろうと思います。

有名になれば、直接買いに来られる方々もあるでしょうから、楽になられたのかもしれません。

NHKの放送で、苦しかったのはなぜか?、そしてそれを打開したのはどうしてか?ということをもっと伝えて欲しかったと思います。

有機農業を志す人たちに参考になることも伝えて欲しかったと思います。

  

ひるがえって、私のことなんですが、今では、あまりに極端な方向に走らないで、有機農業をめざしていこうと思っています。

必要ならマルチフィルムも使いますし、作物が収穫できない状況に陥りそうだったら殺虫剤や殺菌剤も使います。

ただ、土に残る殺虫剤や除草剤だけは使わないでおこうと思います。

有機農業の技術も、本や雑誌それにネットなんかでも入手できます。

いいと思ったら、やってみようと思っています。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

少しだけ遅い「つくし」です。

晴れ

  

少しだけ遅いのですが、「つくし」です。

漢字では、「土筆」と書くそうです。

漢字のとおりですね。

妻から教わりました。

  

200903301 2,3日前に、我が家の庭に出ていました。

当地は寒いので、遅いのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

遠くから見ると、農作業をしているような「かかし」を見ました。

雨 のち 曇り

  

私の畑のごく近くなのですが、

たまたま通った道沿いに、

遠くから見ると、いかにも農作業をしているような「かかし」を見ました。

  

200903222 軽トラックで通っていて、

あそこで何をしているんだろうと思いました。

だんだん近づくと、かかしでした。

  

  

  

  

  

200903221 左の人は、道具で、田んぼの中の草を取っているようです。

右の人は、クワを持っています。

その左の人は、ビニール袋を持っています。

  

  

  

かかしの立っているところの奥には、JR九州の筑北ゆたか線(ささぐり線)が通っています。

JRで通勤される方には、きっと、心が和む楽しい風景でしょうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

今年の夏、皆既日食が見られることで注目されているトカラ列島のカレンダーを購入しました。

雪 のち 晴れ

  

今冬の寒さはいつもよりもきびしくて、去年から今年になって、3回も雪が積もりました。

筑豊地方に大雪注意報が出ると、私のほ場は必ず積雪します。

このことは、また、後日書こうかなあと思っています。

  

このブログでは、野菜や農業のことをばかり書いているのですが、

今日はお許し下さい。

  

今日、頼んでいたトカラ列島のカレンダーが届きました。

去年の暮れに、そのカレンダーが販売されていることを新聞で知りました。

トカラ列島は、今年の夏(7月22日)、皆既日食が日本で見られる所としてご存知の方もおられるかと思います。

トカラ列島は、九州の南の海上、屋久島と奄美大島の間にある島々です。

詳しいことは、十島村のホームページを見て下さい。

  

実は、私が20歳くらいの時、学生時代に、トカラ列島に行ったことがあります。

トカラ列島の全部の島々を廻ったわけではなく、

その中の諏訪之瀬島というところに、大学の2年と3年の時、夏休みに、それぞれ3週間程度滞在しました。

30年ちょっと前です。

そのなつかしさがあって、カレンダーを購入した次第です。

  

200901101 トカラ列島のカレンダーです。

   

  

  

  

  

  

  

200901102 諏訪之瀬島です。

(著作権のことがあるかもしれませんが、この写真だけ使わせて下さい。すみません。)

  

  

  

  

  

200901103 の写真の上部を拡大しました。

下に見える建物は、当時は小学校でした。

以前と変わっていません。

この島は活火山の島で、一番高いところが火口です。

山の名前は「御岳」といい、現在の標高は799mだそうです。

一見、緑豊かなの島に見えますが、

反対側に廻ると、火山の荒涼とした景色ばかりです。

   

200901104 アルバムを探し出しました。

30年前の諏訪之瀬島の火口です。

阿蘇山の火口とよく似ています。

  

  

  

  

  

200901107 別の角度からの火口です。

火口の奥にも、高い山があります。

その山に登るのは、相当に困難です。

徒歩で、その山のふもとまでのアプローチも簡単にはたどり着けません。

途中には、火山特有の深い谷があります。

船でいくと、別かもしれませんが。

当時、その山に登りたいという思いがありました。

結局、ふもとまでも、たどり着けませんでしたが。

  

  

  200901108

高さ50m~100mくらいの滝です。

絶壁から海岸に落ちていました。

今から思うと、こんな大滝は珍しいです。

見た人も少ないかもしれません。 

 

場所は、人々が暮らす比較的平らな場所と反対側の海岸付近です。

当時、ここまで行くのに2日もかかりました。

  

  

  

200901105 島で採ったシャコ貝です。

奄美大島よりも北なのですが、

20cm以上の大きさがありました。

シャコ貝の生育北限は知りませんが、

大学の生物の先生から、

こんな北の島に生育しているのは珍しいと聞いたことを覚えています。  

  

35枚くらいの写真が残っていて、いくつかピックアップしてみました。

白黒写真を貼ったアルバムの方が黄ばんでいて、古さを感じます。

  

カレンダーの記事を見たとき、届いたカレンダーを開いたとき、古いアルバムを開いたとき、そしてこのブログを書いているとき、

それこそ走馬灯のように、当時のことが思い出されます。

島の人々やその暮らし、私と一緒に行った仲間たち、山の荒々しさと海のきれいさ、野生のヤギや牛など、思い出したらきりがありません。

今回は、これで終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月 7日 (日)

昨日、雪が積もりました。

晴れ

  

九州の当地でも、昨日、雪が積もりました。

その雪は1日で消えてしまいました。

12月の初めに雪が積もることは、最近では珍しいと思います。

今年は、本当に寒くなりそうです。

  

200812062 こんな様子でした。

ハウスの上は、雪で真っ白になりました。

  

  

  

  

  

  

200812061 三郡山です。

うっすらと白くなっているには、雪です。

私のほ場は、この三郡山からの吹き降ろしの風が強いです。

はっきりとは見えないのですが、

青い暴風網を張っているところが、私のほ場です。

高さは3mちょっとあります。

これがないと、野菜が風でやられてしまいます。

雨よりも風の方が怖いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)