里芋

2008年11月20日 (木)

今日、大霜と初氷が同時に起こってしまい、ナス・ピーマン・ジャガイモが枯れました。

曇り 少しだけ晴れ

  

今日の飯塚市の最低気温は-0.2℃とテレビで言っていましたが、

私のほ場では、-2℃でした。

大根を洗っている桶の残り水には、初氷が張りました。

大霜も同時に降りました。

通常は、小さな霜が何回か降りた後に大霜が降ります。

その後、初氷が張ります。

今年は、大霜と初氷がいっぺんに来ました。

珍しいことです。

今年の冬は寒くなるかもしれません。

   

ナスとピーマンが枯れました。

ピーマンは今週の日曜日まで収穫していました。

半分、残っていた秋ジャガイモも枯れました。

   

200811193_2 枯れたナスです。

これが枯れると、

夏野菜が終わったと、いつも思います。

   

  

  

  

  

  

  

  

  

   

200811194 ピーマンも枯れました。

今週の日曜日まで収穫していたのに、

残念です。

大霜が降りると収穫も終わると分かっていましたので、

いつ、大霜が来るかヒヤヒヤしながらの収穫でした。

日曜日の収穫のとき、

内心、これで終わりかもしれないとは思っていましたが。

   

  

  

  

  

P1010415 4畝を残していたジャガイモです。

葉っぱは、しなっとしています。

もう戻りません。

明日、あさってと経過するにつれて、

きっと、どんどん枯れていくでしょう。

   

  

  

200811201 近づくと、こんな様子です。

土の中にあるじゃがいもは、寒さに強いので、生き残っています。

同じイモ類でも、サツマイモはかなり寒さに弱いです。

畑の畝ではまず腐ってしまいます。

家の中でも、居間においておかないと保存することは難しいです。

里芋や生姜(しょうが)も寒さに弱いです。

外にそのままおいておくと、腐ってしまいます。

   

ドイツは寒いところと聞いていますが、

そのドイツでは、ジャガイモを多く食べるそうです。

ジャガイモが寒さに強いイモだからかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年2月14日 (水)

里芋の収穫

  

昨日の夜から、嵐のような春一番が吹き荒れました。

私の家は木造ですので、かなり揺れました。

  

昨日、草の中に埋まっている里芋を掘りました。

私は赤芽の里芋を作っているので、本当は11月頃に収穫するのですが、

いつでも掘れると思って、時々、畑が乾燥したころを見計らって掘っています。

  

P10003831   

里芋がどこにあるのか分からないくらい、

草が生えてしまっています。

  

草を取ると、

寒さで枯れた茎が少し見えます。

  

  

  

  

  

   

P10003841   

土の中から、掘りだすと、

直径40cmくらいの、

芋と土の塊が出てきます。

  

  

  

   

P10003861 親芋、小芋、孫芋を分けて、並べました。

左上が親芋です。

台風で親芋の成長が止まったため、

小芋がかなり芽を出してしまいました。

下の列の芋はまだ、土の表面に、芽を出していないので、食べられます。

上の列の親芋と小芋は、赤芽なので食べられますが、下の列の芋よりもおいしくありません。

  

P10003881 赤芽の里芋には、このように太い根がたくさんあります。

お店では、このヒゲ根を除いて売られています。

(ホームページなどの里芋の写真では、このヒゲ根は付いていません。本当は、ヒゲ根があるのに・・・・・・  )

白芽の里芋(石川早生など)のヒゲ根は、もっと細いです。

  

      

今年は暖かいので、土の中にそのままにしておいても、芋は腐りませんでした。

(里芋は、さつまいもと同様に、あまりに寒いと腐ります。)

もみ殻 or 使い古した黒マルチをかけておくと、保存できるそうです。

去年の冬は、今年と全く違って、非常に寒かったので、保存できなかったところもあったようです。

去年の春の種芋の価格は高かったと記憶しています。

  

追伸

里芋を並べた写真を見て、

妻は、「また、とっとう!!」と言いました。

およそ25年前、新婚旅行に行った中国で、

私は、中国のお札を並べて、写真を撮っていたそうです。

いつも、同じようなことをしているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

今年の品種:里芋

晴れ のち 曇り のち 雨

  

里芋は毎年、赤芽のものを作っています。

(里芋について詳しいことは、ウィキペディアにリンクしていますので、こちらをごらん下さい)

石川早生のような普通のものも作ったことがありますが、

やっぱり、赤芽の里芋の方がおいしいと思います。

もちろん、栽培の仕方もあると思いますが・・・・・・

  

普通の里芋は9月に入ると、芋が太り収穫できます。

そして、芋からひげ根は少ないので、出荷は大変しやすいです。

  

それに対して、赤芽の里芋は、9月には芋が太くなっていません。

収穫時期は早くて10月で、私はいつも11月に入ってからの収穫です。

芋に太いひげ根も付いています。

しかも、大きい親芋を作らないと、大きい小芋や孫芋ができません。

大変やっかいな芋ですが、

キメが細かく、ネットリしていて、本当においしいと思います。

私だけでなく、妻も娘にも好評です。

   

作りたい野菜の基準は、私を含めて、家族が好きなものが第一の基準です。

私たち家族がおいしいと思っている野菜を作っています。

まず、自分たちが食べて、その上で、直売所に出すようにしています。

   

P10109951

7月中旬

牛糞堆肥と鶏ふんを入れて、

少しずつ土寄せしているところ。

この頃までは順調でした。

  

  

   

P10204931 9月17日に、

台風13号が来た後の里芋。

親芋から出た大きい葉はちぎれてしまいました。

かなりの葉は枯れてしまいました。

その後の晴天続きもあるかもしれませんが。

  

   

今も少しずつ掘っています。

芋の写真を撮り忘れていました。

別の機会に載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

初霜・初氷

雨 (終日)

   

5日(火曜日)は初霜でしたが、大霜でもありました。

例年、当地では、11月の中旬頃から、軽い霜が2,3回降りた後、大霜が降り、ナス科の作物(なす、ピーマン、じゃがいもなど)や里芋などの野菜は全て枯れてしまいます。

今年は、軽い霜は降りずに、いっぺんで大霜が降りてしまいました。

都会では、霜が降りることは少ないと思いますが、当地のような盆地で山沿いのところは、これから度々霜が降りることになります。

   

P10001171 ジャガイモは霜で枯れました。

一晩での出来事です。

もう回復しません。

   

    

P10001191  

里芋も枯れました。

南方の野菜ですので、霜には弱いようです。

  

   

   

   

   

    

P10001161最低気温も -3℃ で、今冬で初めて氷点下になりました。

私が使っている最高最低温度はデジタルで表示され、ハウス内と外と2ヶ所計れますが、ハウス内も -1℃ でしたので、多分、確かでしょう。

午前11時頃に撮った写真ですので、氷はまるで薄いガラスのようになってしまいました。(9時頃は、もう少し厚かったです。)

     

私の住んでいるところから、飯塚市内の直売所に、毎朝、野菜を運んでいるのですが、直売所に行くと、車に付いている温度計が2℃くらい高くなり、帰ると2℃くらい下がります。

かなり寒いところに住んでいるようです。

これから、大根、キャベツ、ほうれん草などの冬野菜はますます甘みが増してくると思います。

冬野菜の本番です。

  

この記事は12月5日に書きたかったのですが、ニフティのココログが3日間、全面停止状態でしたので、書けませんでした。一体、ニフティは何をやっているのでしょうか?

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

生姜(しょうが)

晴れ (11℃~28℃)

今日も雨が降らずに、暑かった。

 

P10207501 今日は、少しだけ植えていた生姜の収穫をしました。

夏の生い茂る草に負けて、わずかな株しか残りませんでした。

生姜は黒マルチを張って栽培できませんので、いつも草に負けてしまいます。

  

  

  

  

    

    

P10207541 一株の生姜です。

種生姜の上に、新生姜はできるので、土寄せをしましたが、足りなかったようです。

生姜はかなりの肥料がいるそうです。鶏ふんと牛糞堆肥を追肥として、土寄せ時に入れたつもりですが、まだまだ足りなかったと反省しています。

生姜を専門に作っている農家から聞いたことですが、里芋の栽培よりも肥料がいるそうです。

  

     

P10207551 約10cmの携帯電話を横においてみました。

新生姜の大きさも約10cmくらいです。

梅雨開け後のカラカラ天気の時に、水分補給が少なかったかも?しれません。 

   

   

  

P10207561 1かごしか収穫できませんでした。

直売所ではまだ売られていませんでした。

ひょっとすると、あまり作られていないのかもしれません。

明日から、少しずつ販売してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

台風13号が来た

昨日の昼過ぎから深夜にかけて、台風13号が通り過ぎて行った。

雨はそれほどでもなかったが、風が非常に強かった。

朝のテレビを見ると、私の地方の最大風速は40mを超えたようだ。

約3500㎡の畑の周りには、周囲に3m以上の高さで防風網を張っている。

畑は「吹きっさらし」の地形で、そのために張っているのだが、全く役に立たなかった。

支柱は鉄管なので残っていたが、網ははずれてバラバラの状態。

杭とフラワーネットで支えているピーマン葉が引きちぎられてズタズタ

9月の初めに種まきし、本葉が出始めた大根も葉がかなり傷んでいた。

虫除けのネットの下でも、このような状態。

ハウス支柱で作ったゴーヤ用の棚もつぶれていた

ハウスはビニールを除いていたので、幸いにして大丈夫だった。

台風一過とはならず、まだ、小雨が降っている。

明日以降に晴天になることを祈ろう。

P1020510_edited1                                       

    ピーマン全景   

  台風が過ぎたのに、まだ重い雲がかかっている

                                                

P1020506_edited1                                                                                                                                                                                                   

  葉がちぎれかかっているピーマン 

                                       

P1020497_edited1   

  大根も弱々しい

            

P1020491_edited1

    ゴーヤ用の棚がつぶれた

  根元を切って、枯らしていたので、風が通り、大丈夫と思っていたが、          甘かった。                                       

P1020494_edited1     丸い大きな里芋の葉もズタズタ                                          

| | コメント (0) | トラックバック (0)