生姜(しょうが)

2008年11月20日 (木)

今日、大霜と初氷が同時に起こってしまい、ナス・ピーマン・ジャガイモが枯れました。

曇り 少しだけ晴れ

  

今日の飯塚市の最低気温は-0.2℃とテレビで言っていましたが、

私のほ場では、-2℃でした。

大根を洗っている桶の残り水には、初氷が張りました。

大霜も同時に降りました。

通常は、小さな霜が何回か降りた後に大霜が降ります。

その後、初氷が張ります。

今年は、大霜と初氷がいっぺんに来ました。

珍しいことです。

今年の冬は寒くなるかもしれません。

   

ナスとピーマンが枯れました。

ピーマンは今週の日曜日まで収穫していました。

半分、残っていた秋ジャガイモも枯れました。

   

200811193_2 枯れたナスです。

これが枯れると、

夏野菜が終わったと、いつも思います。

   

  

  

  

  

  

  

  

  

   

200811194 ピーマンも枯れました。

今週の日曜日まで収穫していたのに、

残念です。

大霜が降りると収穫も終わると分かっていましたので、

いつ、大霜が来るかヒヤヒヤしながらの収穫でした。

日曜日の収穫のとき、

内心、これで終わりかもしれないとは思っていましたが。

   

  

  

  

  

P1010415 4畝を残していたジャガイモです。

葉っぱは、しなっとしています。

もう戻りません。

明日、あさってと経過するにつれて、

きっと、どんどん枯れていくでしょう。

   

  

  

200811201 近づくと、こんな様子です。

土の中にあるじゃがいもは、寒さに強いので、生き残っています。

同じイモ類でも、サツマイモはかなり寒さに弱いです。

畑の畝ではまず腐ってしまいます。

家の中でも、居間においておかないと保存することは難しいです。

里芋や生姜(しょうが)も寒さに弱いです。

外にそのままおいておくと、腐ってしまいます。

   

ドイツは寒いところと聞いていますが、

そのドイツでは、ジャガイモを多く食べるそうです。

ジャガイモが寒さに強いイモだからかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

生姜(しょうが)その2

晴れ (11℃~27℃)

  

P10207631_1 生姜の塊茎(かいけい)をマジマジと見たことがありませんでした。

よくよく見ると、親の塊茎ができて、子の大きいものが2つでき、さらに、孫からひ孫の塊茎まで出来ています。

肥料をたくさん吸収して、分裂していくようです。

  

また、一つの塊茎から、1本の茎葉が出ています。

栽培している時には、茎葉は地面から垂直に伸びていますが、この茎葉の本数が多いほど、たくさんの量の塊茎を付けているようです。

  

「食材図典」という本によると、生姜は、山椒、わさび、みょうがなどと共に、奈良・平安時代から香辛料として使われていたそうです。

現在でも、これらの香辛料は普通に使われています。

古い歴史があるものと初めて知りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

生姜(しょうが)

晴れ (11℃~28℃)

今日も雨が降らずに、暑かった。

 

P10207501 今日は、少しだけ植えていた生姜の収穫をしました。

夏の生い茂る草に負けて、わずかな株しか残りませんでした。

生姜は黒マルチを張って栽培できませんので、いつも草に負けてしまいます。

  

  

  

  

    

    

P10207541 一株の生姜です。

種生姜の上に、新生姜はできるので、土寄せをしましたが、足りなかったようです。

生姜はかなりの肥料がいるそうです。鶏ふんと牛糞堆肥を追肥として、土寄せ時に入れたつもりですが、まだまだ足りなかったと反省しています。

生姜を専門に作っている農家から聞いたことですが、里芋の栽培よりも肥料がいるそうです。

  

     

P10207551 約10cmの携帯電話を横においてみました。

新生姜の大きさも約10cmくらいです。

梅雨開け後のカラカラ天気の時に、水分補給が少なかったかも?しれません。 

   

   

  

P10207561 1かごしか収穫できませんでした。

直売所ではまだ売られていませんでした。

ひょっとすると、あまり作られていないのかもしれません。

明日から、少しずつ販売してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)