春菊

2014年11月26日 (水)

2014年秋冬のハウス野菜

曇り 時々 雨

 

1棟だけビニールハウスを持っていますが、

今年も、ほぼ去年と同じ野菜を植えました。

 

201411226
  

ハウスの全景です。

左畝の手前数mに春菊の種を蒔きましたが、その奥(約40m)はすべてリーフレタスです。(写真では良く見えないのですが。)  

中央の畝は、手前半分がリーフレタスで、奥半分が水菜です。

右の畝は、手前2/3はリーフレタスで、奥1/3はアイスプラントです。

リーフレタスがかなりの面積を占めています。

 

201411224

水菜です。

写真手前が、普通の水菜「京みぞれ」(タキイ種苗)です。

写真の奥は、茎が赤紫色の「紅法師」(タキイ種苗)です。

アントシアニンを多く含むそうですが、種を買った種苗店がおまけに付けてくれたので、作ってみています。

 

201411225

 

アイスプラントです。大きさはまだ10cmちょっとです。

株間は60cmとっていますが、大きくなるとお互いが重なり合ってしまいます。

(ちなみに、写真の中で、黒マルチに、水色の小さな丸が写っていますが、

この丸と丸の間が10cmです。)

 

いつの間にか、ハウスの中の野菜はサラダなどに使う野菜ばかりになってしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

ビニールハウス内に植えている野菜

曇り 時々 晴れ 

 

ビニールハウス内には、数種類の野菜を植えています。

 

201212045

  

こんな風に、3畝があって、

 

左の畝には、アイスプラント、水菜、リーフレタスを、

 

中の畝には、リーフレタスと春菊を、

 

右側の畝には、リーフレタスを植えています。

 

お分かりのように、リーフレタスがメインです。

 

201212044

  

リーフレタスです。

 

株間30cmで、4条の千鳥に植えています。

 

201212047

   

アイスプラントです。

 

今年も苗を作って、植えました。

 

株間は50cmとしましたが、もっと広くしてもいいです。

 

201212046

  

アイスプラントは十字型になって、大きくなります。

 

201212041


  

水菜です。

 

これも、株間30cmで、4条千鳥で植えています。

 

多分、この水菜だけは確実に正月に間に合うだろうと思います。

 

201212043

  

こちらは、発芽した春菊です。

 

黒マルチに穴を開けて、種を蒔きました。

 

間隔は5cm四方です。

 

201212047


  

1つの穴を接写しました。

真ん中のやや大きい双葉が春菊です。

それ以外は、すべて雑草です。

だから、たくさんの穴から、たくさん春菊が発芽しているように見えますが、

実は少しだけです。

周りの雑草は抜き取りました。

 

これからの天候次第で生育は変わるのですが、

正月に間に合うのは、多分、水菜くらいかもしれません。

(路地に、ほうれん草、水菜、小松菜、リーフレタスなどを植えているので、

何とかなると思っています。)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

ビニールハウスの中で、春菊が60cm以上になってしまいました。

晴れ 

 

飯塚市の冬は寒くて、曇天が多いです。

今年は雨が多くて、1月と2月の晴れ間は2,3日くらいだったと思います。

ところが、ビニールハウスの中は曇天でも温かいです。

春菊も大きくなってしまいました。

 

201203242_2  

  
   

私の手の幅は20cmちょっとですので、

春菊の背丈は60cmを超えています。

伸びるものですね!(かなり伸びすぎです。)

 

 

201203241_5


  

写真中央のやや下の方ですが、

主枝を摘んだところが写っています。

その周りから脇芽が出ています。

その脇芽を2,3回収穫したのですが、もっと収穫できたのかもしれません。

この「たつなみ春菊」という品種は脇芽の収穫ができるので重宝しています。

 

 

201203243_2

   

今年は、幅1.8m、長さ10mくらいしか栽培しませんでした。

来年はもう少し増やそうかとも思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

正月用に作っていたかつお菜と春菊を収穫しました。

晴れ 時々 曇り

  

今年も今日で最後です。

紅白歌合戦を聞きながら、このブログを書いています。

少量ですが、正月用に作っていたかつお菜と春菊を収穫して、今日まで出しました。

(私の場合、1年中で一番売れるときは、最後の3日間です。

最後まで働きましたが、しょうがないことです。)

  

201112312   

  

かつお菜です。

左側は葉をかいた後です。

  

201112313   

  

春菊です。

手前が摘んだ後です。

12mくらいしか作っていなかったので、最後の3日間で終わってしまいました。

   

201112311   

   

現在のハウスの状況です。

毎日少しずつですが、収穫していると、

あんなに植えていた野菜がいつの間にかなくなっています。

残っているのは、アイスプラントとリーフレタスだけです。

正月明けに、育苗しているリーフレタスを植えようと思っています。

  

今年はいろいろとありました。

私と共に働いてくれている妻が左肩を壊しました。

去年の暮れから痛みがありました。

長年に渡って積み重なった疲労が溜まり、肩の筋肉が切れてしまいました。

手術を受けて、5月末から7月中旬まで、1ヵ月半ちょっと入院していました。

今では痛みもなくなり、完全ではないのですが、共に働く事ができるようになりました。

夏の一番忙しい時は、親戚が袋詰めを手伝ってくれました。

そういう訳で、ブログを更新する余裕はあまりありませんでした。

  

来年で、野菜を作り初めて15年になります。

1つか2つは新しい野菜に取り組みたいと思います。

ドキドキする感じを得たいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

ハウスの中に、色々な葉物野菜を植えました。

曇り 時々 雨

  

天気予報では、今日は朝方から雨でしたが、思ったよりも降りませんでした。

先月に続いて、今月も、晴天の日が少ないように思います。

生育も遅れ気味のように感じます。

晴れ間が続いてくれることを願っています。

  

さて、1週間くらい前から、ハウスの中に、いろいろな葉物野菜を植えてきました。

計画していた数の苗ができなくて、バラバラな状態になってしまいました。

  

201111101   

  

ハウスの中の全体像です。

左側のうね:手前から、水菜、リーフレタス、アイスプラント、スイートバジル(少量)

中央のうね:手前から、リーフレタス、春菊、かつお菜、アイスプラント、スイートバジル(少量)

右側のうね:手前から、スイートバジル、アイスプラント、リーフレタス

全部で6種類なのですが、こんなふうにバラバラになってしまいました。

  

201111102   

  

水菜です。

  

201111103   

  

リーフレタスです。

  

201111104   

  

春菊です。(発芽したばかりです。)

  

201111105   

  

アイスプラントです。

株間60cmの千鳥3条植えです。

去年作ったとき、思った以上に大きくなったので、今年は思い切って株間を広げてみました。

  

201111106   

  

アイスプラントです。

十字型になって大きくなっていきます。

  

黒マルチの穴は自分で開けました。

結構大変でした。  

  

1年で一番野菜が売れるのは正月ですので、それに間に合うようにと思って、作っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

ハウス内に、葉物野菜を植えています。

曇り 時々 晴れ

  

いつもこの時期なのですが、

ハウス内に葉物野菜の種や苗を植えています。

トマトを片付けるのが9月の終わりからで、露地野菜のことをしているうちに11月の植え付けになってしまいます。

少し遅いように思われますが、ハウスなので、お正月には、間に合っています。

  

201111034   

  

中央の畝の手前はリーフレタスの苗を植えました。

その奥には、芽出しをした春菊の種を蒔きました。

  

201111031   

  

育苗しているリーフレタスの苗です。

全部で1000株くらいです。

  

201111033   

  

こちらは、水菜の苗です。

ちょっと大きくなりすぎたかもしれません。

 

201111032   

  

アイスプラントの苗です。

去年よりも発芽率が良いように思います。

もう少し大きくなってから定植しようと思います。

  

一つのハウスに、リーフレタス、水菜、春菊、アイスプラントの4種類を植えることになります。

ちょっと欲張りですが、いろいろ作って食べたいので、いつもこうなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

ビニールハウスにリーフレタスを植え終わりました。

曇り

  

ビニールハウスにリーフレタスを植え終わりました。

  

201011285  

  

全体はこんな様子です。

と言っても、何が植えてあるか、小さすぎてよくわからないと思いますが、

ほとんどはリーフレタスです。

畝の右側には、水菜、春菊、菜花、アイスプラントも少しずつ植えています。

  

201011284   

  

かなり大きくなったリーフレタスもあります。

  

201011283   

  

こちらは少し小さな株です。

どちらかが、約1ヵ月後のクリスマスや正月に間に合うと思っています。

それぞれ300株ずつ植えました。

  

201011281   

  

こちらは植えたばかりです。

201011282   

  

こちらは種を蒔きました。

  

4つの写真のリーフレタスは全部、株間30cmで植えています。

大きさがかなり違っているので、正月以降順番にできるだろうと思います。

今から、新しく種を蒔いて育苗して、正月の収穫後に苗を植えれば、3月前後には収穫できると思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

残り少ない冬野菜のレタスと春菊を収穫しています。

曇り ときどき 雨

  

今週は暖かい日が続きました。

これからは、三寒四温で、暖かくなったり、寒くなったりを繰り返しながら、

春が近づいていくと思っています。

  

今は、残り少ない冬野菜を収穫しています。

冬野菜のほとんどはトウ立ちしますので、こんなに暖かくなるとそのトウ立ちも早まります。

今、せっせと残りの野菜を収穫しています。

  

20100210   

  

結球レタスの収穫の真っ最中です。

500玉くらいは出荷できそうで、380玉を収穫しました。

11月の初めに定植してから、収穫まで3ヶ月かかりました。

時間がかかります。

リーフレタスは1ヵ月半くらいで収穫できたので、

効率から考えると、リーフレタスの方がいいのですが、

結球レタスのパリパリ感はリーフレタスにはないものです。

(ひょっとすると、結球レタス並のパリパリ感のあるリーフレタスもあるのかもしれません。

私が知らないだけかもしれませんが。)

  

201002101   

  

春菊ももう終わりです。

摘み取りの春菊で、今はわき芽を収穫しています。

  

キャベツはもう残り少ないです。

大根はまだ残っていますので、これからせっせと収穫したいと思います。

2月の下旬には全ての野菜がなくなりそうです。  

これから、冬野菜の畑を徐々に片付けていき、夏野菜の準備に取り掛かりたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

11月の初めに蒔いた春菊が、かろうじて年末に間に合いました。

晴れ (でも寒い。)

  

新年になってから今日まで、野菜の収穫はしていません。

親戚まわりなんかで忙しかったのですが、

収穫と出荷がないと、なんだかゆったりした気分になります。

第一、朝6時頃に起きなくてもいいです。

12月の休みは、多分、1日か2日だけだったような気がします。

私のような直売所やスーパーの産直コーナーに出している者は、基本的に休みはありません。

休みを取ろうと思えば取れるのですが、

毎日出してなんぼですし、収穫する野菜もたくさんあるので、休みを取ろうという気になれません。

でも、疲れが溜まってきますので、本当は休まなければいけないとは思います。

もう、こんな生活を10年以上しています。

続けられるのも不思議ですが、好きなことだからかもしれません。

  

おせっかいかもしれませんが、

新規就農の方で、私のように直売所などに出そうと思うなら、休みはないと思った方がいいと思います。

米などの穀類には、忙しい時とそうでない時がありますが、

色々な野菜を作ると、ひまな時はほとんどありません。

  

11月の初めから、ビニールハウスに、春菊の種を蒔いていたのですが、

年末ぎりぎりに少しだけ収穫できました。

毎年のことですが、

年末から大晦日にかけて、春菊、みずななどの葉物は異常に高くなります。

葉物は雑煮や鍋物の必需品なので、皆、買うからだと思います。

 (当地は、雑煮で、かつお菜を使う人が多いのですが、少し苦味があるので、

  私はあまり好きではありません。

  それよりも、水菜の方が好きです。)

  

201001031   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

品種は、中葉のたつなみ春菊です。

  

201001032   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

全体はこんな様子です。

全部の春菊が大きくなっているわけではありません。

もぐらが地面の下を荒らしまわって、うねは波打っています。

 

去年は、ちょっと遅くなったので、来年は10月の下旬に種を蒔こうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 3日 (木)

11月の初めに蒔いた春菊は、かなり虫に食べられてしまいました。

曇り

  

ビニールハウスで、11月の初めから春菊を蒔いていたのですが、

かなり虫に食べられてしまいました。

まだ、暖かかったのが原因だろうと思います。

  

200912022   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

種は、4,5回に分けて蒔いていました。

写真は、畝の手前ですが、この部分はかなりやられてしまいました。

(写真には写っていないのですが、奥の方はかなり生き残っています。)

  

以前、10月初めに、春菊を蒔いたこともあったのですが、その時は全滅しました。

パオパオでもかけておけばいいのかもしれませんが、

そこまでしなくてもいいだろうという甘えがありました。

去年は12月の初めに種を蒔いたのですが、

今度は収穫が翌年の1月になってしまい、遅すぎました。

ハウスの中は暖かいので、虫もかなり活発です。

    

写真の畝の左右はリーフレタスです。

成長が早いので、あと1週間~2週間頃には収穫できると思っています。

   

200912021  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

食べられた春菊のあとに、

ミニチンゲン菜の「シャオパオ」(サカタのタネ)を蒔きました。

中国では、チンゲン菜が重宝されています。

日本のような大型のチンゲン菜ではなく、10cm~15cmくらいの小さなものです。

  

以前、中国のいろんな都市を廻ったとき、スーパーの野菜コーナーにはいつも行っていました。

ミニチンゲン菜はどのスーパーにも必ず多量に置いてありました。

そして、いろんな料理に使われていました。

ミニチンゲンサイを丸ごと使っていました。

中国では、ミニチンゲンサイが普通で、日本のチンゲンサイは異常に大きいと思っています。

  

サカタのタネのホームページを見ると、

15cm×15cmに3株仕立てと書いてありました。

2粒ずつ蒔いてしまいました。

(よく調べれば良かったと後悔しています。)

今度は、虫に食べられないことを祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)