きゅうり

2014年6月10日 (火)

キュウリの成長

曇り 一時 雨

 

梅雨特有のジメジメとしたうっとうしい曇り空でした。

 

キュウリはどんどん大きくなっています。

実もたくさん付けはじめました。

(ちなみに、今日は3本入りで36袋できました。)

これからもっと採れ始めます。

 

201405151
  

5月15日撮影

定植して2週間くらいですので、まだ小さいです。

 

201405251
  

5月25日撮影

前の撮影日から10日後です。

背丈は2倍くらい高くなっています。

 

201405311

 

5月31日撮影

防風用のネットを取り除きました。

写真ではわかりにくいと思いますが、この時期はどんどん大きくなっています。

 

201406074
  

6月7日撮影

1週間でさらに伸びました。(反対側から撮った写真です。)

 

201406071
  

外側から撮った写真です。

大きくなっているのがよく分かります。

 

201406073
  

このような四葉キュウリができています。

続きを読む "キュウリの成長"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

キュウリの定植と風対策

曇り のち 雨

  

先週は1週間以上、雨が降らずに、困っていました。

でも、今週に入って、一昨日と今日の2日、十分に降ってくれたので、

植えていた野菜も元気になると思います。

  

キュウリは5月2日に定植しました。

写真は、その翌日に撮ったものです。

  

201405036

  

白いサンサンネットで囲まれた所に、キュウリを植えました。

こうすると、風対策としてはかなり大丈夫です。

6月に入るとキュウリも大きくなり、風も弱くなるので、ネットは外します。

  

201405034

  

反対側からの写真です。

キュウリの畝は全部で6畝(畝の長さは約38m)です。

うね幅170cmに、180cm幅の黒マルチ(4畝)、白黒マルチ(2うね)を張りました。

株間は80cmで、1条植えです。

品種は「恵沢30」という四葉系のものです。250株植えました。

白黒マルチは試しに使ってみました。

  

201405035

  

中央の2畝です。

右側に4mm目の防風ネットを張りました

両側にサンサンネットを張っただけでは、中央の畝のキュウリまで防風対策になりませんでした。

  

201405033

  

キュウリは短い支柱に固定しました。

網に固定すると、網が風で揺れた時、いっしょに揺れるからです。

  

201405031

  

網の固定には写真のインシュロックの結束バンドを使いました。

本物ですので、硬くて使いやすかったです。多分、耐久性も高いだろうと思います。

ホームセンターのものよりはいいです。

これの上級品は太陽光発電の結束バンドにも使われるそうで、10年は持つと言われています。

ネットでたくさん購入したので、安く買えました。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

ほぼ3か月ぶりに書いています。まずは、今年の夏野菜の反省から。今日はキュウリです。

晴れ

 

久しぶりに書いています。

前に書いたブログを見ると、6月20日でした。

2か月と20日ぶりです。

 

なぜ書いていなかったのか?ですが、

夜明けと同時に畑に出かけていたので、夜の9時過ぎには眠ってしまっていた事、

お盆過ぎの8月25日頃まで、3か月以上、1日も休んでいなかった事、

などがあって、ものすごく忙しくて、

とても書ける状態ではありませんでした。

体の具合が悪いわけでもなく、体重が減って体は軽かったです。

 

今年のキュウリは大変よくできました。

毎年、同じ品種を、同じ時期に作っていますが、

今年は、6月初めから、お盆過ぎの8月25日までの約3か月間、収穫をしました。

いつもは8月に入ると急に取れなくなりますが、今年は違いました。

お盆の時に、たくさん取れれば、きっとたくさん売れるだろうと思っていましたが、

それが実現しました。

 

その原因は、多分、梅雨明けが7月上旬で、いつもより早かったからだろうと思います。

当地では、梅雨明け後、お盆過ぎまで、ほとんど雨が降りませんでした。

キュウリ本体に未だ体力を残している段階で、梅雨明けして、

病気にかからなかったことと雨による体力の消耗がなかったことが理由だと思います。

実際、梅雨明け後の1週間はあまり収穫できませんでしたが、

その後、回復して、どんどん成りだしました。

1週間に1度、液肥を与えたり、3日に1度は潅水チューブで井戸水を潅水したりしました。

 

栽培期間中、梅雨明け前の弱ったときに、1度だけ殺菌剤を噴霧しましたが、梅雨明け後は全くしませんでした。

 

201308031

  

8月3日の写真です。

枯れた葉もかなりありますが、緑色の葉もあります。

この写真を見ると、たくさん成っているようには思えませんが、

それなりに成っています。

 

201308192


  

8月19日撮影

お盆過ぎてもたくさん収穫しています。

 

201308191

  

同じく、8月19日撮影  

記録を見ると、2本入りで、134袋になりました。

1袋を120円で売っていますので、手取りは約1万円を超えます。

 

今年はいつもよりも梅雨明けが早くて、その後はずっと暑かったから、

一般的には、野菜はできないだろうと思いますが、実は逆でした。

水は、私の場合は井戸水を潤沢に与えることができます。

本来、キュウリ、ナス、オクラ、ゴーヤなどの夏野菜は夏によくできる野菜です。

雨が降らずに病気にもならないので、水さえ与えてやれば、すくすく育ちます。

部会長の Oさんによると、暑い時ほど作物は良くできるそうです。

その通りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

キュウリの畝溝に板を固定しました。梅雨の大雨対策です。

雨 (ほぼ終日)

 

台風4号が九州に近づいてきています。

九州の南部に行きそうで、幸いにして、私の住んでいる北部九州への直撃はなさそうです。

とは言っても、雨が降り続くでしょうし、台風の余波もあると思います。

明日いっぱいは気を付けたいと思います。

 

キュウリの畝溝に板を固定しました。

通常、大雨で畝溝がぬかるむのですが、そこにキュウリを載せた一輪車が通ると、さらにぬかるみます。

一輪車を押せなくなることもあります。

固定した板は一輪車がぬかるむことを防いでくれます。

 

201306172

 

畝溝に防草シートを敷いて、その上に板を固定しました。

板は長さ20m、巾10cmのもので、ホームセンターで20枚が2000円程度だったと思います。

(去年の今頃、買ったので、記憶はあいまいですが、安かったです。)

 

201306174

  

板と板との間は、結束バンドで止めました。

 

201306175

   

両端と中央部には、建築用の長さ20cmくらいのボルトを打ち込みました。

これで、大雨で流れません。

去年は、畝溝に置いただけだったので、大雨で流されてしまいました。

 

 

201306171

   

キュウリはこんな風に成っています。

四葉系のキュウリです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

2種類の四葉キュウリを栽培して分かったことですが、品種によって、うどんこ病の発生の程度が違います。

晴れ  

 

 

最近は、夜が明ける朝の5時頃に起きて、コーヒーを1杯だけ飲んで、畑に行きます。

収穫作業、野菜の管理作業など色々あって、1日が終わります。

朝が早いので、夜、眠くなるのも早いです。

9時頃には、瞼が重くなってきます。

ブログは1日が終わって書いていますので、書くのは、いつも9時過ぎになってしまいます。

そういう訳で、毎年のことですが、6月、7月はあまり書いていません。

その時、思っていることを記録として残しておきたいので、できるだけ書こうとは心がけています。  

 

 

表題のキュウリのことですが、

毎年、「恵沢」という四葉キュウリを作っています。

今年も、200株くらい植えています。

たまたま農協に行った時、別の品種の四葉キュウリが売られていました。

3株だけ買って植えてみると、

その3株にうどんこ病が発生しました。

恵沢にはうどんこ病は発生していません。

品種によって、こんなに違うとは思いませんでした。

 

201306033

  

左の葉の白い部分がうどんこ病です。

その下の葉は全体に広がっています。

 

201306034_4


  

左が「恵沢」で、右側の背の低いキュウリがうどんこ病が発生した品種です。

(写真がヘタで分かりにくいですね。)

 

201306032


  

全体はこんな様子です。

これから茂ってくると思います。

 

201306031

   

別の角度から撮った写真です。

 

キュウリの実は、少しずつ成っています。

今度は、キュウリの成っている写真をだそうと思います。

(撮り忘れました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

初めて8月にキュウリを作っているのですが、虫がたくさん来て、かなり食べられました。

晴れ 一時 雷雨

 

7月中旬に、2作目のキュウリを植え、今、少しずつ成りはじめています。

8月にキュウリを作るのは、去年に次いで、2回目です。

これまでは、この時期に台風が来るので、作るつもりは全くありませんでした。

ところが、ここ5年くらい、台風は北部九州に上陸していません。

それまでは、毎年、2,3個の台風に直撃されていました。

温暖化の影響か またはそれ以外の何かかもしれませんが、

夏に台風が来ないということは、もっと台風にやられやすい大きな葉のキュウリが作れるということです。

というわけで、作ってみています。

 

201208222

 

株間70cmで、80株植えました。

品種は四葉キュウリの恵沢30です。

栄養が足りないのか、それとも水が足りないのか、暑いのか、よくわかりませんが、

脇芽があまり出ていません。

 

201208221


内側から見るとこんな様子です。

黒マルチが暑いかもしれないと思い、わらを敷きました。

実は下の方に成っています。

 

201208224


    

そのキュウリの実ですが、このようにかなり食べられています。

全体の1/3くらいがこんなふうに、かじられています。

 

201208223

 

接写すると、こんな様子です。

これでは出荷することができません。

それで、殺虫剤をまきました。

 

これまで夏にキュウリを作ったことはありませんでした。

まだまだ作り方は下手なのですが、

少しずつ勉強していきたいと思います。

(1作目のキュウリは8月初めまで収穫しました。

3本入りを4000袋以上出荷したので、私としては大豊作でした。

なぜがよくわからないのですが、今年のキュウリはよくできました。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

今日、四葉キュウリが今季、最も採れました。ちょっと不思議です。

曇り 時々 雨

 

四葉キュウリの恵沢30という品種を作っていますが、

なぜが、今日、今季の収穫量が最も多くなりました。

 

201207201

  

1袋に3本入れていますが、175袋できました。
  

本数に換算すると、500本を超えました。

200株植えていますので、1株当たり2.5本でした。

 

実は、今日の収穫量は特別多いものです。

10日前からの袋数は、

90袋→74袋→82袋→62袋→78袋→73袋→43袋→61袋→78袋→175袋(今日)

でした。

この期間以外で最も多かったのは106袋でした。

100袋を超えたのは2回だけでした。

 

収穫は5月28日からでしたので、2か月弱の期間収穫を続けています。

いつもは7月中旬以降は、収穫量が大幅に減ってきます。

今年は雨がかなり降りました。

キュウリの葉もかなり傷んでいます。

 

なぜ、収穫量が増えたのか、考えてみました。

まず考えたのは、梅雨明けが近くて、晴れた時には太陽光がたっぷり当たっていることかもしれません。

昨日と一昨日は晴れて、気温も高くなりました。

前日晴れると、翌日の朝の収穫量は明らかに増えます。

 

もう一つは、追肥は2回しかしていないのですが、

その追肥を少ないながらも行ったことによるのかもしれません。

土も、以前より肥えてきたのかもしれません。

 

原因ははっきりしないのですが、たくさん取れたことは良かったです。  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

キュウリの下葉を整理しました。

晴れ

 

キュウリが大きくなってきたので、下葉を取り除きました。

 

201205223

   

下葉を取り除く前です。

下の節から、脇芽がたくさん出ています。

 

 

201205222


下葉を除いた後です。

定法通り、7番目の節から下の脇芽はすべて取り除きました。

下葉も3,4枚取り、マルチから20cmくらい開けました。

(処置前と違う方向から写真を撮ったので、ちょっと分かりにくくてすみません。)

 

201205221


   

キュウリの全体ですが、

左が整枝したもの、右側がこれから整枝しようとするキュウリです。

左側がすっきりしています。

 

下葉を整理する過程で、大きくなっていたキュウリも取り除きました。

でも、もう1週間もすると、何本かは収穫できると思います。

 

(ズッキーニの雄花のことですが、今日、初めて雄花が5,6花、咲きました。

雌花20花くらいに受粉しました。

ズッキーニも数日後に収穫できそうです。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月 4日 (金)

キュウリ、ピーマン、オクラ、ズッキーニなどを定植しました。

晴れ

 

例年、連休中は雨が多いのですが、今年も雨に遭いました。

その雨の合間に、育苗をしていた苗を植えました。

毎年、連休中は苗を植えたりしています。

今年は娘やその友人も手伝ってくれたので、大部分の苗が植え終れました。

ゴーヤ、冬瓜、スイートバジルは未だ育苗中で、定植まで1週間はかかりそうです。

 

201205042


   

キュウリは株間90cmで植えました。全部で約230株を植えました。

 

201205041


キュウリですが、植えたばかりですので、まだ小さいです。

 

201205042_2


  

こちらはピーマンを植えた所です。

ピーマンは畝巾170cm、株間80cmで植えました。

計5畝ですので、全部で約250株を植えました。

 

201205041_2


   

ピーマンの苗です。活着すると、緑色が濃くなります。まだ活着していません。

 

201205042_3


   

オクラの畝です。

うね幅1.7m、株間50cmの2条千鳥で植えました。

 

201205041_3


   

オクラは本葉が少し出た状態です。

 

201205041_4


  

ズッキーニは2畝に植えました。

うね幅1.7m、株間80cmで植えました。全部で130株くらいです。

 

201205042_4


   

ズッキーニの苗はちょうど良い大きさになりました。

 

 

風で黒マルチが吹き上がらないように、水を入れたペットボトルを置いたり、マイカー線で畝を止めたり(ピーマンの写真の右側のうね)しています。

ペットボトルは重宝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月29日 (日)

キュウリ用の支柱を立てました。

晴れ のち 曇り

 

キュウリの苗を植える前に、キュウリ用の支柱を立てて、ネットを張りました。

 

201204284

   

キュウリ用の支柱は、高さは2mくらいのもので、2畝のまたがって立てます。

私が使っている支柱は上の部分が平らなのですが、

その他にも色々な形があります。

直管は肩の高さに左右1本ずつ取り付けました。

直観は下部にも付けた方がいいのですが、費用がかかるので、マイカー線を使っています。

キュウリ用のネットは18cm角のもので、巾4.8m、長さ50mのものを使いました。

このネットは細いのですが、それなりに強くて、キュウリが密生しても切れることはありません。

 

   
201204282

    

下部の横紐として5線のマイカー線を使っています。

伸びにくいし、強いです。

結束バンドで止めています。

 

201204283


      

支柱の両端には、直管を斜めに差し込んでいます。

そうすると、縦方向の揺らぎが納まります。

十字バンド(写真では、直管を止めている金具です。)で止めれば、比較的簡単に支柱を組み立てられます。

 

201204281


   

畝溝には、不繊布の防草シートを張りました。

草が生えないのはもちろんですが、

梅雨の時、ぬかるみを防止できるので、歩きやすくなります。

 

今日、左の支柱にもネットを張りました。

明日から、苗を植えようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧