ジャガイモ

2013年4月16日 (火)

ジャガイモの成長

晴れ のち 曇り (風、強し)

 

今年はジャガイモをちゃんと作ろうと思って、3月の中旬に植えました。

品種は色々です。

メークイン、男爵、シンシア、インカのめざめ、北あかり、ジャガキッズなどです。

 

201304161

  

38mの畝で、計4畝に植えました。

写真では、黒マルチで覆われた畝が3畝写っていますが、

実は、その左の裸の畝にも、ジャガイモを植えています。

その畝にも、黒マルチをしていたのですが、強風で、全部、剥がれました。

右の3畝はかろうじて残った部分があったので、補修しました。

その補修の時、T字型のマルチ押えだけでなく、土も置きました。

これで、その後の強風にも吹き飛ばされなくなりました。

 

201304162


  

発芽したジャガイモの芽はマルチを押し上げるので、およそ分かります。

はさみで十字に切って、外に出しています。

もう少し大きくなってから、間引きをしようと思っています。

 

草に負けるので、今年は、黒マルチを張りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

昨日、ジャガイモを掘りました。久しぶりの晴天でしたので。

  

昨日の晴天とは一転して、今日は朝から雨でした。

昨日、ジャガイモを掘ってよかったです。

ジャガイモの収穫は去年の12月に2回、今年の1月に1回掘って、昨日が最後でした。

約95mの長さの畝の1畝半でした。

  

201202132   

  

晴れていたので、イモの表面はきれいに乾きました。

収量はこのかごで、計11かごでした。

  

2月に入ってジャガイモを掘ったことは初めてです。

最近は、朝方、氷点下になるときもあるので、大丈夫かちょっと心配でした。

それで、直径5cmかそれよりも小さなイモを4個茹でて食べてみました。

すると、普通のイモと全く変わらず、おいしくいただけました。

良かったです。

よくよく考えると、ジャガイモの原産地はアンデス地方と言われていますし、

ヨーロッパの寒い地方でも栽培されています。

寒さには強いと思っていましたが、安心しました。

  

写真のジャガイモは、手袋で土を1個ずつ取り除いています。

その後、実際に売ろうとするときには、もう一度、丁寧に土の塊りを取っています。

それでも、小さな土くれが残ってしまいます。

市販されているジャガイモには、そんな土くれはほとんどありません。

ひょっとしたら、一度、水で洗って、乾燥させて、その後、土を付けているのでは?と思うのですが、いかがでしょうか?

いつもそんなことを思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

今、霜に弱い野菜と強い野菜が見られます。

曇り

  

寒い1日でした。

もうすぐ師走になるので、当然と言えば当然なのですが。

  

ちょうど今、霜が降り始めています。

私の畑では、もう何回か大霜が降りました。

何日か前ですが、畑の洗い桶に氷が張っていました。初氷です。

  

そのような季節の変わり目ですが、

今は、野菜も霜に弱いものと強いものが混在してみられます。

  

201111256   

  

右の枯れた植物はスイートバジルです。

左の元気なキャベツとは対照的です。

バジルは数日前のたった1回の大霜で枯れました。

朝、畑に行くと、前日までとは一変した有様でした。

  

201111255   

  

こちらは、ビニールハウスの中のスイートバジルです。

苗を植えているのですが、枯れるような気配はありません。

スイートバジルは霜には弱いのかもしれませんが、寒さには比較的強いようです。

  

201111253   

  

手前は冬瓜です。

かなり前に枯れだしていて、無残にも冬瓜の実だけが残っています。

冬瓜はバジルよりも寒さに弱いです。

   

201111254   

  

ほうれん草と大根です。

一目瞭然、完全な冬野菜ですね。

   

201111252   

  

こちらは秋作のジャガイモです。

中途半端な枯れ方です。

冷たい風はこちらから吹いていて、右の家の方は南側です。

日が当たりにくいところから枯れだしています。

(私の体が影になっていてすみません。)

  

夏野菜と冬野菜はこんなにも違っています。

霜や寒さに強いかどうかの違いは植物体のどこにあるのでしょうか?

不思議と言えば不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

雑草除去も兼ねて、ジャガイモに土寄せをしました。

曇り のち 晴れ のち 曇り

  

昨日は播種機を使う除草のことを書いたのですが、

今日は、除草を兼ねたジャガイモの土寄せのことを書きます。

 

201110021   

  

10月2日撮影

9月12日頃に植えたジャガイモ(品種はデジマ)がポツポツと芽が出てきた状態です。

種芋を植えてから、およそ3週間たっています。

   

201110102   

  

10月10日撮影

さっきの写真から、わずか8日後の写真です。

その間、雨が降ったことも影響しているかもしれませんが、

それにしても、一度発芽すると成長は早いです。

うね溝の雑草もかなり生えてきています。

この日、除草も兼ねて土寄せをしました。

  

201110122   

  

土寄せ後の写真です。

うね溝がかなりきれいになりました。

  

201110101   

  

もう14,5年使っている管理機で土寄せをしました。

土が左側だけに飛ぶように、爪を取り替えています。

  

201110121   

  

ジャガイモはすくすく育っているように見えます。

  

明日の昼過ぎから雨が降るようです。

雨が上がって、土が乾いてから、もう一度、土寄せをしようと思っています。

  

2回土寄せをする理由ですが、

私の場合、種芋は5cmくらいの浅めに植えています。

早く発芽させて、茎葉の成長を促すためです。

ジャガイモは地下茎からイモができるので、できるだけ厚く土寄せをしようと思っているからです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

秋作のジャガイモを植えています。

晴れ 

  

秋作のジャガイモを植えています。

本当は9月前後が良かったのですが、

お盆過ぎから雨が降って(秋雨前線)、畑が十分に乾かなかったので、

耕すこともできず、畝を立てることもできませんでした。

先週、やっと畝を立てて、ジャガイモを植えることができました。

  

201109122   

  

畝の幅は一応1.05m(うね溝間)で、長さ約95mで、計8畝です。

管理機で畝を立てたのですが、土が少し湿っていたので、畝幅は誤差があります。

畝の中央に種芋を1個ずつ植えています。

  

201109121   

  

こんな様子です。

種芋はMサイズとSサイズの混合で、20Kg入りで約250個でした。

8袋買っていたので、自然と1畝に1袋を植えるということになりました。

計算すると、種芋間は40cmになりました。

本当は30cmくらいになれば良かったのですが・・・・・・・・・。

  

なぜ種芋を丸ごと植えるのかというと、

切って植えた場合、雨が降ってしまうと、種芋が発芽前に腐れてしまうからです。

9月はまだ30度を超える場合が多いし、秋雨前線が長引くこともあります。

悪条件が重なると、半分しか発芽しないということも生じます。

ちょっともったいないのですが、そんな訳で、種芋を丸ごと植えています。

  

発芽まで2週間近くかかります。

多分9月25日頃に発芽するのでは?と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

秋作のジャガイモを収穫しました。

晴れ

 

今日、畑の水おけに薄い氷が張っていました。

初氷でした。

  

先月末の11月30日に、秋作のジャガイモを収穫しました。

  

201012052  

  

トラクターの後ろに掘り取る機械を取り付けて、掘りました。

その機械は近くのFさんから借りてきました。

毎年貸していただいています。ありがたいです。

ちなみに、購入すると、40万円くらいはすると思います。

  

ジャガイモの茎葉は予め草刈り機で切っていました。

霜で少し枯れていたので、もうこれ以上大きくならないと思います。

  

2010053    

  

ジャガイモの植わっている畝ごと掘り出す機械です。

掘り取ったジャガイモはコンベアーで土を落としながら、後ろに移動します。

  

201012051   

  

掘った直後のジャガイモです。

品種はデジマです。おいしそうです。

  

今年は、大きな玉が多くて、いつもよりも収穫量が多かったように思います。

種芋60kgで、収量は18~20kg入りのコンテナが32個でした(計約600kg)。

種芋1kgあたり約10kgとなります。

  

種芋1玉あたりの茎葉を、3本ずつにしたこともよかったかもしれません。

大きかったのは、今回、株間が35cmくらいと広かったためかもしれません。

(本当は、中くらいの大きさのイモが多く入っていることが望ましいのですが。)

来年は25cmくらいの株間で定植したいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

秋作のジャガイモも、もうすぐ収穫です。

曇り 時々 晴れ

  

秋作のジャガイモもかなり大きくなってきて、茎葉が倒れています。

もうすぐ収穫できると思います。

  

20100929  

  

9月29日撮影

この頃、ジャガイモは発芽しました。

(写真をよく見ると、畝の真ん中に何か芽を出しています。)

  

20101002   

  

10月2日撮影

前回から、わずか3日後ですが、芽が出ているのがはっきりと分かります。

管理機で、うね溝を耕転して、草を少なくしたことも分かりやすくなっている理由の一つです。

  

20101011   

  

10月11日撮影

さらに9日後ですが、急速に大きくなってきています。

この頃、1回目の土寄せをしました。

   

201010231   

  

10月23日撮影

もっと大きくなっていて、茎葉はかなり茂ってきました。

今年は、株間が広かったので、茎を3本残して、芽かきをしました。

ジャガイモの数が増えることを期待しています。

    

20101111   

  

11月11日撮影

茎葉は倒れてしまっています。

手前を少しだけ試し掘りしたのですが、まだ少し小さかったです。

多分、今、ジャガイモが大きくなっているところだと思います。

11月末頃の晴れが続いたときに、掘りたいと思っています。

  

このジャガイモの事を書いていて思ったのですが、

発芽したときに、「2ヵ月後くらいには、茎葉が大きくなって、イモも大きくなって、そして掘ることができる。」ということを、頭の中でイメージしていました。

毎年、作っているという経験があるから、イメージできると思います。

もし経験が乏しいならば、発芽時の小さな芽を見たとき、先のことですが、イモを掘れるまで大きくなるか心配になると思います。

やはり経験は大切と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

秋植えのジャガイモが発芽して、大きくなってきました。

晴れ ときどき 曇り (風がやや強い)

  

秋植えのジャガイモが発芽して、大きくなってきました。

  

201010042   

  

秋に作るジャガイモは種芋を切らないで丸ごと植えるのですが、

9月14日に植えて、発芽まで10日以上かかりました。

写真のジャガイモはもう少しして、2,3本に間引きをしようと思っています。

  

201010041   

  

こちらは全体の写真です。

幅120cm、長さ38mの畝を6つ立てて、35cmの株間で1個ずつ植えました。

品種は「デジマ」で、中サイズの種芋を60kg(20kg×3袋)購入しました。

1袋(20kg)の個数を数えたら、およそ250個くらいありました。

ほんとうは、30cmよりも狭く植えたかったのですが、個数が足りませんでした。

来年は、きちんと計算して必要な量を購入したいと思っています。

  

201010043   

  

この写真は、前の写真の3日後のものです。

管理機でうね溝を軽く耕して、うね溝の草を枯らしました。

うね溝の方が湿っているので、雑草が生えやすいです。

前の写真と比べても、うね溝の草がなくなっているのがわかるかと思います。

  

数日してから間引きをして、その後、土寄せをしていこうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

枝豆の成長:その1(2010年)

雨 のち 曇り のち 晴れ

  

先日、トレーで育てていた枝豆を定植したのですが、

昨日の久しぶりの雨で、生き生きとしていました。

  

201005111    

  

適期に定植できたようで、間延びしていません。

本葉2枚程度のときに定植しました。

  

201005112   

  

このほ場では、枝豆は黒マルチを張っている畝、計3畝です。

畝の長さはおよそ51mで、株間25cmの千鳥2条植えです。

1畝の株数は、51m/0.25m×2条=408株です。

3畝ですので、計算上は408株×3=1224株でした。

ところが、30cm間隔で計算していたことと、苗の出来が9割くらいだったので、

一番右側の畝が少ししか植えれませんでした。

右の畝の先は直接、種を蒔こうと思っています。

   

右側の裸の畝には、ジャガイモを植えました。

植えた時期が4月の中旬だったので、今頃、芽が出ています。

かなり遅く出来ると思います。

本当は、2月下旬か3月頃に植えるのがいいのですが、

植えるところがなかったので、こんな状態です。

出荷はできないのですが、我が家で食べる分には十分です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

秋ジャガイモ(デジマ)の2回目の収穫

曇り のち 雨

  

一昨日(12月8日)、ジャガイモ(品種:デジマ)の2回目の収穫をしました。

天気予報では、その後は雨が降りやすいということでしたので、

数日間、晴れ間が続いた最後の日に掘りました。

案の定、昨日は曇りとポツポツ雨、そして今日はかなり降りました。

ジャガイモを掘る時は、土が乾いていることが条件なので、

結果的には、その日に掘ってよかったです。

(土が乾いていないと、ジャガイモに土がくっつき、出荷時の土落しが大変です。)

  

200912084   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

いつも写真を撮っているアングルです。

今回は、3畝のジャガイモを掘りました。

  

写真のジャガイモですが、

左側はバラバラで、右の方は固まっています。

左側は機械で掘った跡で、

右はそのジャガイモについている土を落とし、集めたものです。

土がもっと乾いていれば、土を落とす作業は省くことができるのですが。

   

200912083   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

先の写真の右奥の日当たりの良い所のジャガイモです。

大きいイモばかりで、小さなイモはあまりありませんでした。

  

20091208   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

こちらの写真は、右側の家に近い所から掘ったイモです。

小さなイモやだるまみたいなイモがあります。

数も少なかったです。

畑の南側に家があるので、日当たりはよくないです。

  

日当たりの良し悪しで、こんなに違うのかと、あらためて実感しました。

   

200912082   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

反対の方向から撮った写真です。

右の畝の上に、枯れたひもみたいに写っているのが、霜で枯れたジャガイモの茎です。

土寄せさえしっかりできておれば、少しくらいの寒さでも、イモに影響はないようです。

  

初回は11月9日に掘りました。

今回は、その1ヵ月後です。

大きさが比較的そろったいもが入っていたので、良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧