玉ねぎ

2015年11月 5日 (木)

玉ねぎの苗を育てていますが、ちょっとまずいことが・・・・・。

晴れ のち 曇り

 

玉ねぎは288穴のトレーで育苗しています。

早生種の七宝7号は去年の種を使ったので、発芽に心配があり、

1穴に2粒を基本に播種しました。

その結果、ほとんどが発芽してしまいました。

 

Cimg1990_edited1

写真のように、1区画に2本以上の玉ねぎが発芽しています。

間引きをして、1区画に1本にしています。

この作業は思った以上に大変です。

 

201511062

 

1つのトレーの全体の写真です。

色が薄いのは肥料切れです。

液肥の追肥を行いました。

 

201511061

玉ねぎのトレーは全部で40くらいあります。

手前の倒れている苗は1区画に1本にしたからです。

数日すると、直立すると思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 4日 (水)

2015年秋冬はこんな野菜を育てています。

晴れ  

朝は寒いが、昼は暖かかった。

 

旅行に行っていたのですが、

食事で同席した方に、野菜を作っていることを話しました。

その時よくよく考えてみると、最近ブログを全く書いていなかったことに改めて気づきました。

最近、少し余裕ができたので、また書き始めようと思います。

 

201511031

上段と呼んでいる場所ですが、キャベツとブロッコリー(右端)です。

 

201511033

下段です。ブロッコリーです。

 

201511032

下段の反対側です。

中央のうねには、ほうれん草、小松菜、水菜、リーフレタスを植えています。

写真の右側はだいたいブロッコリーです。

左側には玉ねぎを植える予定にしています。

 

Cimg1986_edited1

ハウスの中です。

左の畝は水菜、リーフレタス、アイスプラントを植えています。

中の奥には、リーフレタスを植えています。

右の奥にもリーフレタスを植えました。

手前には、春菊、小ネギを植える予定です。

 

これで全部ですが、以後、細かく書いていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月31日 (火)

夏野菜への準備を始めています

晴れのち曇りのち雨

 

今日までの2週間くらい雨が降っていませんでした。

明日から、遅まきながら、菜種梅雨の始まりだそうです。

数日間ぐずついた天気の予報が出ています。

 

201503312
  

雨が降りそうなので、堆肥をもらってきて、散布し、トラクターにて耕運しました。

幅16m×50mに、牛糞堆肥は軽トラック2.5台を散布しました。

散布はスコップを使う手撒きです。

牛は筑穂牛のもので、臭いはほとんどありません。

 

写真の右側に、玉ねぎ2畝とエンドウなどの豆類2畝があります。

 

201503311

 

玉ねぎの畝です。

明日から雨が降るので、これからどんどん大きくなると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 1日 (日)

トレーを使った玉ねぎの苗作り(2013年)

小雨 時々 曇り 一時 晴れ

 

昨日、書いたように、玉ねぎの苗は予想よりもできませんでした。

来年のためと思って、今年の現状を小まめに書いておこうと思います。

 

20131

  

玉ねぎを植え終わった後の288穴のトレーです。

小さい苗や土だけのところを合わせると、63穴にもなります。

63/288=21% が欠株です。

 

20132


  

こちらは、 59/288=20% が欠株です。

 

全部で10トレーをランダムに数えてみました。

63穴、59穴、56穴、42穴、51穴、39穴、62穴、46穴、58穴、58穴で、

合計534穴/288×10=18.5% でした。

およそ20%が欠株ということになります。

この計算結果から、来年は予定植え付け数の20%増しでちょうどということになるので、

もう少し余裕を持って、25%増しに作るのが良いだろうと思います。

 

各トレーの欠株をよく見ると、42穴(15%)や39穴(14%)もあるので、

ひょっとすると、種の浸漬を2晩以上にして、芽出しをした方が良いのかもしれません。

いくつかのトレーは浸漬の日にちが長くなったものもあったのですが、

それがどのトレーなのか不明です。

欠株が少ないトレーかもしれません。

 

2012

 

この写真は去年の写真です。

(去年はどうだったかと思って、探し出しました。)

200穴のトレーを使って苗を作りました。品種は違います。

欠株は、上が26穴/200穴=13%、下が25穴/200穴=12.5%でした。

今年よりも少ないです。

多分、今年よりも、苗の成長が良くて、小さな苗が少なかったのだろうと思います。

 

トレーで苗を作るメリットは、

 ①均一な大きさの苗ができること。

   畑の苗床に比べて、肥料や水が均等に撒ける。

 

 ②ハウス内で作るため、病気にかかりにくく、害虫に食害されにくい。

   今年、苗を作るときに、殺菌剤や殺虫剤を使う必要はなかったです。

 

 ③定植後、風に飛ばされにくい。

   苗が活着すると、風で飛ばされることはありません。

   しかし、去年、購入した苗は、活着の前に激しい風が吹いて、

   かなりの苗が飛ばされました。

   トレーの場合には、根に土がついているので、風で飛ばされることがありません。

 

 ④天気に合わせて植えることができる。

   苗を購入する場合、苗農家の都合に合わせることになります。

   一度に5000本くらい届くので、どうしても2,3日に分けて植えることになります。

   その時、雨が数日、続くと、結果的に何日も、苗を置いておくことになって、

   苗が老化してしまいます。

   自作の場合には、そのようなことがないので、いつでも植えれます。

 

 ⑤安上がりです。

  種代、トレー代、培養土代を合わせても2万円ちょっとです。

  購入よりも半額以下になります。

 

では、逆に、苗を購入する場合には、種まき、水やりなどの管理が不要です。

苗床やトレーの置き場所もいりません。

今年は34トレーに苗を作りましたので、少し広い置き場所も必要でした。

 

来年は、浸漬をしっかりして、9月末に、200穴のトレーに、種を蒔こうと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年11月30日 (土)

今年は、玉ねぎの苗を作りました。

曇り 時々 雨 (どんよりとした寒い1日)

 

今年は、玉ねぎの苗を自作しました。

 

201311303


  

品種は、毎年作っている「七宝7号」です。

 

201311302

  

100g入りの缶を購入しました。

およそ2万粒、入っているそうです。

その半分くらい使いました。

値段は14500円でした。

玉ねぎの種は結構高いです。

でも、写真のような整った玉ねぎができます。

 

201311301

   

できた苗はこんな苗です。

ひょろっとした苗ができてしまいました。

 

その原因は、使ったトレーが288穴のものだったからだろうと思います。

少し小さ過ぎました。

去年は200穴でしたが、トレーがたくさん必要なので288穴のトレーを使ってしまいました。

来年は200穴のものを使用しようと思います。

 

まあ、それでもおよそ植えれましたが、ほんのわずか100本だけ苗が足りませんでした。

約1万本植えたのに、100本足りなくて、近くの種苗店で買いました。

余るくらい作ろうとしたのに、予想と違いました。

この事は、また明日書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月29日 (金)

2013年秋冬野菜の作付状況

曇り 時々雨やみぞれ

 

寒い1日でした。

テレビやラジオによると、今年1番の寒さだそうです。

 

もう2か月以上、ブログを書いていませんでした。

忙しかったこともあったのですが、怠け癖が付いたのかもしれません。

できるだけ書こうと思っています。

(書くことはたくさんあります。)

 

現在の畑の全景です。

 

201311291

 

自分では、「上段の畑」と呼んでいる所ですが、

こちらはキャベツを植えています。

 

1畝ずつ、計7種類の品種を植えています。

いつもは「タキイ種苗」の「恋岬」をメインに作っているのですが、

今年は、その「恋岬」が売られていませんでした。

(タキイさん、信用なくしますよ! きちんと種を作ってください。)

それで、色々な品種のサワー系のキャベツを植えた次第です。

詳しくは、後日、書こうと思います。

 

201311292
  

 

ハウスの中には、3種類の野菜を植えました。

「水菜」、「リーフレタス」そして「アイスプラント」です。

1か月くらい前に植えました。

 

201311293
  

こちらは、「下段の畑」と呼んでいる所です。

野菜を栽培している部分は、長さ40m、幅30mくらいあります(約1200㎡)。

右手前から、左側に向かって、

キャベツ(2畝)、大根・リーフレタス(2畝)、小松菜・ほうれん草(1畝)、水菜(2畝)、

キャベツ(3畝)、小松菜・ほうれん草(1畝)、玉ねぎ(5畝)、

スナップえんどう・実えんどう・そら豆(2畝)です。

 

201311295
  

リーフレタス(正面)や水菜(左側)には、パオパオをべた掛けしました。

左のトンネルの中は、小松菜・ほうれん草です。

(最近は、ほうれん草よりも小松菜の方が好きになってきました。)

 

201311296

  

玉ねぎのうねです。計5うね植えました。

今年は、約9000本を自作し、1000本ちょっとを購入しました。

去年、少し作って、うまくいったので、今年はたくさん作ってみました。

後日、ブログに書きます。

 

ちょっとサボっている間に、100万アクセスを超えてしまいました。

まじめに書こうと思いますので、良かったら続けて見て下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

新玉ねぎの収穫

曇り のち 晴れ

 

この時期は、天気予報を見ながら、農作業をしています。

雨が短い周期で降るからです。

4月24日の午前中まで雨が降っていましたが、午後から晴れになり、

その後、29日まで5日間、雨が降りませんでした。

この5日間に、堆肥や肥料をまき、畝立てをしていました。

そして、29日の夜から30日の明け方にかけて、寒冷前線の通過による、少し激しい雨がふりました。

その雨で、畝は十分に湿りました。

そして、昨日と今日、潅水チューブを敷いてから、黒マルチを張りました。

キュウリ、ピーマン、ズッキーニ用の畝です。

長さ50m、幅1.7m~1.8m、計12畝です。

明日、土が乾く前に、残りの4畝にマルチを張ります。

 

 

玉ねぎは4月20日から収穫を始めました。

去年よりも、10日くらい早いです。

 

201305011

 

収穫して、葉と根を切った玉ねぎです。

直径7,8cmくらいのものが多いです。

3個入りで、800g~850gで出しています。

 

 

201305012_3

   

現在の玉ねぎ畑です。

茎は、ほとんど倒れています。

全部で、約1万本植えました。

なので、毎日、300個収穫しても、1か月以上かかります。

せっせと収穫しています。

 

201303081
   

 

3月8日の写真です。

この頃、茎葉はそんなに大きくはなかったです。

3月の終わりから4月になってどんどん大きくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

玉ねぎの定植

曇り

 

かなり遅くなりましたが、玉ねぎをほぼ植え終わりました。

 

品種はいつものように七宝7号と試作品を少々で、

 

植えた数は計9400本ほどです。

 

201212015


  

1.5m幅の畝を全部で6畝立てました。

 

穴あきの黒マルチに植えました。

 

P1040188_edited1


   

こんなふうに植えました。

マルチを抑える方法ですが、

市販のT字型のものよりも、スコップを使って土を置いた方が良いです。

風に強いです。

多数の穴の開いたマルチが、風で吹き飛ばされると、戻すのに大変です。

 

201212012

  

地元の農協から買いました。

 

株間12cm、条間18cmの6条植えです。

 

穴の幅は90cmちょっとなのですが、

 

畝を立てるとき、大きな間違いをしてしまいました。

 

畝溝が広くて深いので、畝の上の幅が90cm前後だったのです。

それで、本来6列植えるところが、5列になった場合もありました。

来年は、畝幅を160cmにします。  

 

201212016


  

200穴のトレーで育てていた玉ねぎの苗はそれなりにできました。

25穴くらいできていなかったのですが、90%弱の成績は良かった方かもしれません。

浸漬して発芽処理をしていなかったので、来年はしたいと思います。

 

201212013_2


  

種を蒔いてから2か月以上経過していたのですが、苗の根はしっかりしていました。

来年は、この方法でもっと苗を育苗したいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 9日 (水)

玉ねぎの成長と収穫

晴れ

 

連休中は雨が多かったのですが、連休後は晴天が続いています。 

人間とは不思議なもので、晴天が続くと雨が欲しくなります。 

天気予報では、日曜日に雨が降るそうです。 

それまで、晴れ間にしかできないことをやっておこうと思っています。

 

5月に入ってから、早生の玉ねぎの収穫を始めました。

例年より10日くらいは遅いです。

 

201205082

  

携帯の長さが約10cmですので、大きいもので直径8,9cmです。

大きさにばらつきがあります。

 

201205083


    

5月8日撮影

全部が一斉に倒れているのではなくて、バラバラです。

うねの両端は倒れやすいです。

化成肥料を使っていないので、有機肥料のまき方にバラツキがあったのかもしれません。

 

20120410


   

4月10日撮影

前の写真の1か月前ですが、この時点ではまだ玉は太っていませんでした。

 

20120313_edited1


   

3月13日撮影

約2か月前ですが、黒マルチがかなり見えています。

葉は太っていません。

 

201205081


   

5月8日撮影

奥の玉ねぎは中生種の「ターボ」です。

手前の倒れている早生種とは全く違って、しっかりしています。

玉が太って、茎が倒れてくるのは、5月末頃です。

我が家の自家消費用です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月11日 (水)

昨日、玉ねぎの畝の溝の草取りをしました。

雨 のち 晴れ

 

玉ねぎの草取りは3月に1回しました。

その時は、黒マルチの穴から出ていた草を抜き取りました。

畝溝の草はそんなに生えていませんでした。

ところが、4月に入って暖かくなると、生い茂ってしまいました。

 

201204112


   

玉ねぎの背丈にもなろうかという勢いでした。

私は素手で抜き取り、妻はのこ鎌で雑草を切り、きれいにしました。

 

201204124


   

全体はこんな様子です。

全部で、およそ9000本くらい植えています。

 

201204113


   

もう大きくなりはじめています。

この玉ねぎは七宝7号という早生の品種です。

収穫は4月末頃からです。

もうすぐすると、新玉ねぎが食べられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧