家庭菜園

2008年12月14日 (日)

かなり遅いのですが、ハウスに春菊を蒔き始めました。

晴れ のち 曇り

  

かなり遅くなったのですが、

ビニールハウスに、春菊の種を蒔き始めました。

  

200812141 春菊はこんな種です。

白く写っているところは、出はじめた根です。

水に浸しているので、濡れています。

   

  

  

  

  

200812142 前の写真は、トレーの中の写真です。

春菊は発芽が悪いので、水に浸して種を蒔きます。

まず、1晩たっぷりの水に浸し、翌日、その水を捨てます。

このとき、2,3回、新しい水を入れて、ゆすぎます。

何かの栽培書かで読んだのですが、春菊の種には発芽阻害物質が含まれているそうです。

その阻害物質を水で洗い流しています。

1晩、水に浸した後は、少しだけ水に浸し、空気にもさらされる状態にしておいて、1,2日、放置します。

そうすると、最初の写真のような白い根を出してきます。

種が乾かないようにするため、キッチンペーパーをのせています。

   

200812143 水切りして、少し乾かした種を、穴の開いたマルチに蒔きました。

1穴に、5粒程度蒔きました。

春菊は発芽率も悪いので、多めに蒔きます。

   

  

  

  

今日は、たつなみ春菊(摘み取り用)を、妻と二人で、約20m、1時間かかって蒔きました。

種まき機で蒔くとすぐに終わるのですが、その後の草取りを考えると、穴あきマルチを使った方がいいです。

こんな方法で、種まきをするのは少し変わっています。

通常ですと、ガスなどを使って、雑草の種が発芽しないようにしてから、種まき機で種を蒔きます。

家庭菜園では、手蒔きで行い、もちろんマルチもしないでしょう。

高い穴あきのマルチを使うなんて、どうかしていると思われるかもしれませんが、

私にとっては、これが最も効率が良いと思っています。

  

2月頃には、収穫ができることを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 6日 (日)

いつの間にか、サラダ野菜を多く作るようになっていました。

晴れ

  

日曜日なのに、今日も収穫をしました。

野菜農家、特に、直売所へ出荷する農家には、休みはありません。

(本当は、休みも必要なのですが・・・・・・・・。)

休みがあるとすれば、

雪で畑が覆われていたり、台風が来たりして、何もできない状態になったとき、

そして、最悪なのが、何も収穫するものがないときです。

去年の10月中旬から12月上旬までが、そのような状況でした。

原因は、夏野菜の片付けが遅れて、秋冬野菜の定植も遅れたことです。

夏に、3反半の畑を全て作っていたためでした。

今年は、そのようなことにならないように、もう少し、綿密に計画を立てたいと思っています。

   

表題に書いたサラダ野菜ですが、いつの間にか、たくさんの種類を作るようになってしまいました。

今月号(2月号)の現代農業は、サラダ用の品種特集号だったので、つい、このブログにも書いてみようかと思ってしまいました。

    

現在、栽培している野菜ですが、その中にもサラダ用の野菜が何種類かあります。

 ①春菊:サラダ春菊(丸種、そのものズバリの名前)、少し春菊臭さが少ないようです。

 ②ほうれん草:ディンプル、葉色が薄いのが難点ですが、柔らかい品種です。

 ③ブロッコリー:もちろん、メインの用途がサラダです。

 ④キャベツ:サワー系の浜岬、恋岬を作っています。寒玉キャベツよりも生食向きです。

 ⑤セット玉ねぎ:冬にも収穫でき、サラダにも使える玉ねぎです。

  

その他に、今、育てているサラダ向きの野菜は、

 ⑥極早生玉ねぎ:貴錦を5000本植えています。4月上旬には、収穫を始めたいと思っています。

 ⑦スナックエンドウ:ハウスと露地に植えています。3月からずっと出せればと思っています。ハウスで作るのは初めてですので、どうなることやら・・・・・・。

   

なぜ、こんなことになったのか?

振り返って思うに、やはり私がそのような野菜が好きなのかもしれません。

生産者である私も、当然と言えばそうかもしれませんが、やはり、消費者なのかもしれません。

きっと、世の中の流れに、そのまま乗っているのでしょう。

(良い事か、悪いことか、わかりませんが。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます。

雪  

  

明けましておめでとうございます。

今日、元旦の日に、雪が積もりました。

10cmくらいは積もったかもしれません。

当地は飯塚市内でも寒い地域ですので、しょうがないのですが。

市内にある娘の高校では雪は溶けていたそうですが、列車で当地に向かうほど雪が積もっていたそうです。

(余談ですが、今は、元旦から高校の課外授業があります。昔と、隔世の感があります。)

    

野菜と野良猫(かわいそうなので、えさをついやってしまっている猫)が心配で、

畑の雪の状態を見に行きました。

と言っても、何かできるわけではないのですが・・・・・・・・。

    

P10202601   

畑は雪に覆われました。

   

    

    

    

   

    

P10202611   

レタスとほうれん草の畝に、

トンネルをかけているのですが、

畝溝が雪に埋まっています。

幸いにして、トンネルはつぶれずにすんだようです。

   

   

P10202641 こちらは、ブロッコリーとキャベツの畑。

雪に覆われてしまいました。

   

   

   

   

   

   

本格的に野菜作りを始めて、もう11年になりました。

やり始めると、知らないことばかりで、まだまだ分からないことがたくさんあります。

このブログは、細かいことを書いたりもしていますが(書きすぎかもしれませんが)、    

野菜を作り始めた方や新規就農を考えておられる方に、少しでも参考になればと思っています。

(経験は一番大事ですが、知っていると楽になると思っています。)

今年もよろしくお願い致します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年4月30日 (月)

果菜類の畝に散水チューブの設置

曇り

   

夕方のテレビでは、今日は夏のように暑かったと放送されていました。

でも、当地では、曇りのため、太陽の光がそれ程強くなく、風もあって、農作業には良かったと思います。

むしろ、昨日の方が暑かったです。

    

給水パイプの設置の後、灌水チューブを取り付けました。

ナス、ピーマン、ゴーヤ、インゲン、キュウリなどの果菜類の野菜の畝に取り付けます。

   

灌水チューブは毎年、使い廻していますので、ときどき破れたりしているものがあります。

水を通すテストをして、破れが大きいものはパイプでつなぎます。

こういった作業を繰り返すので、結構時間がかかってしまいます。

灌水チューブの新品は200mで2000円くらいですので、

新品を使えば良いのですが、つい修理して使いまわしてしまいます。

     

P10007511   

パイプに灌水チューブを取り付けた写真。

コックを開くと水が出ます。

    

    

    

    

           

P10007501   

長さが約50mですので、

毎年使っていると、

どうしても破れたところがあります。

     

     

      

     

P10007531   

長いので、

チューブが風で飛ばされないように、

所々マルチ押さえで、軽く止めています。

    

    

     

        

P10007561   

破れたところは、

パイプで連結しています。

良く使うチューブは厚さ0.15mmですが、

0.2mmの厚い方が長持ちするように思えます。

   

     

     

灌水チューブは近くに水道(私の場合は井戸ですが)さえあれば、使えます。

ガーデニングや家庭菜園で野菜や花を育てられている方も、一度、使ってみるといかがでしょうか?

設置費用はそれほどかからないし、結構便利です。

   

天気予報通りに、夕方から雨が降り出しました。

ここ1週間は雨が降っていなかったので、畑は乾燥ぎみです。

雨のあと、マルチを張って、果菜類の苗を植えようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

春菊の草取り

晴れ

  

暖かい日でした。天気予報では、4月上旬とのこと。セーターが要りませんでした。

   

最近の毎日の日課は、一棟だけあるハウスに播種している春菊の周りの雑草の草取りです。

春菊よりも雑草の方が多く、草取りをしないと、春菊が負けてしまいます。

  

P10003441   

こんな感じで、

春菊は、イネ科の雑草に囲まれています。

  

  

  

  

   

P10003421   

草取りをすると、

春菊がはっきり見えます。

  

  

  

  

    

P10003401  

妻と共に、毎日、2時間くらい、

草取りをしています。  

一日に、二人で、7,8mくらい進みます。

草を取る前と後とでは、はっきり違うので、

ちょっとした満足感が得られます。

後ろを振り向くと、何となく、うれしく思います。

  

こんな事をして、経済性はどうかしら?といつも思っています。

(播種前に、雑草が生えないように農薬を使えば良いのですが。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月31日 (水)

種苗店:その3

晴れ

  

北九州市小倉区に、上野園芸社という種苗店があります。

どう見ても近くには、田や畑はありません。(昔は、近くに田園があったそうです。)

この種苗店も、今どき珍しいお店です。

  

この種苗店は、今から、7,8年前ですが、「現代農業」という雑誌のある記事の中で紹介されていました。

当時、福岡市の近郊の市に住んでいたのですが、なぜか、興味が湧いて、高速道路を使って、種を買いに行きました。

福岡に土地勘がある方だとわかりますが、なぜ、福岡から北九州まで種を買いに行くんだと思われるかもしれません。

当時は、宅配をしていたこともあって、おいしい野菜の種を求めていました。

  

行って見ると、当時の社長(2,3年前にお亡くなりになられました)は、良い意味での頑固親父のような方で、野菜に信念を持っておられるという印象を受けました。

こんな方はそういないようにも思われました。(昨日の坂田種苗本店と同様です

現在の社長は息子さんですが、この方も親父さん同様、はっきりした物の言い方をされます。

雑誌やテレビで見た野菜の種を取り寄せてほしいと言ったこともあります。

そうして、取り寄せてもらったこともあります。

  

はっきり物を言うことは、かなりのリスクを伴います。

私のような多品種少量の零細農家では、もし種があまり良くなくても、経済的にそれ程大した影響はありません。

しかし、大規模栽培の農家ですと、その影響はもろに出ます。

そんなリスクを伴いながら、はっきりと物を言うことはなかなかできません。

  

この種苗店も、数mlずつの少量でも、種を分けてもらえます。

商売上では、割りに合うはずはありません。

多分、種以外の肥料、農薬、農業資材それに花などが利益の中心だと思いますが。

  

このお店は、その野菜の品種にあった栽培方法も教えていただけます。

ホームセンターとは違う、こういう種苗店もあって良いと思っています。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

種苗店:その2

晴れ

  

私が懇意にさせてもらっている種苗店の一つに「坂田種苗本店」があります。

久留米と北野町に2つの店がありますが、北野町の方によく行っています。

ここは会長の奥さんが切り盛りしていて、色々な話を聞かせてもらっています。

  

今から10年以上前の、まだ家庭菜園をしている頃、

当時住んでいた市の家庭菜園教室のS先生の紹介で、初めてこの種苗店に行きました。

9月中旬くらいでしたので、キャベツやブロッコリーの播種にはもう遅く、大根やほうれん草、春菊などの葉菜類の種を購入しました。

それから、毎春と秋には数回ずつ訪れて、宅配や直売所向きに品種を教えてもらいました。

  

この種苗店は、筑後地方の野菜栽培産地のほぼ中心にあるかと思います。

購入の中心は専業農家ですが、少しだけ野菜を作っている農家も買いに来られています。

そのため、多様な種苗メーカーと付き合いがあり、多くの種類の種が売られています。

例えば、大根やキャベツにしても、少なくとも100種類以上の品種があると思いますが、

最初は、その中から何を選んだら良いか全くわかりませんでした。

自分に合った種を選ぶのは本当に難しいものです。

私の考えを言い、それならこれが良いと言って、種を選んで、少量ずつ分けてもらいました。

  

例えば、サラブレッドでは血統がまず優先されます。

それと同じように、種を選ぶこと(品種の選択)は、最も重要なことと思っています。

少量でも良いから、おいしい野菜を作りたい、

でも、姿形が少し悪い、量が採れないなど、大量生産農家の品種とは少し違うかもしれないが、作ってみたらどう。など、

その品種の特徴を話してもらえます。

  

この種苗店では、昨日も書いたように、数mlずつの少量でも種を分けてもらえます。

  

小倉にも、上野園芸社という種苗店があります。

明日は、この種苗店について書こうと思います。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

種苗店は集会所!!

曇り

  

去年を振り返りながら、今年は何を作ろうかと考えながら、今年の品種というテーマで書いてきました。

今日は、種や苗を買っている種苗店について少し書きたいと思います。

もちろん、農業資材や肥料、農薬も、種苗店では販売されています。

(こちらの方がメインの利益かもしれません)

  

もう10年も野菜作りをしていますが、そうした中で学んだことですが、

種苗店は野菜作り全般の知識の集会所ではないかという思いが強くなってきています。

種苗店はホームセンターとは異なっています。

種苗店は、専業農家から家庭菜園の方々までの幅広い購入者に対して、対面で種や苗を販売されています。

対面販売は、良いところでもあり、怖いところでもあります。

良かったら買ってもらえるし、悪かったら文句の一つも言われるかもしれません。場合によっては、もう店に来られないかもしれません。

良心的な種苗店は、お客さんがどのような考えかという点を聞いた上で、販売されています。

場合によっては、どんな品種が欲しいのか?どのような方法で栽培されているのかなど、近くで聞いていると丁寧に聞かれています。

その上で、そのお客さんにあった種や苗を勧められています。

  

もちろん、細かく聞いて、少量しか買わない私などは、厄介者かもしれません。

この品種の種を何粒下さいという場合があります。

カボチャの種なら大きいので数えやすいのですが、

キャベツやブロッコリーの種(直径1mm程度)でも言ったことがあります。

それらよりももっと小さいレタスの種(吹けば飛ぶような種、さらに小さいです)まで、粒数を言ったことがあります。

(私としては、必要な量だけ欲しかったのです

少量を数えて、2ml とか 4ml とかを、量って売ってくれました。

種苗店には、それらの小さい量を計量する容器もあります。 

そのように、きちんと対応してくれる店があります。

  

色んなお客さんとのやり取りの中から、

去年、販売した種の作柄がどうだったかという情報も聞かれています。

ために成る情報であれば、新しいお客さんに提供されています。

そういう意味で、種苗店は農家の情報の集会所(集積所)かもしれません。

野菜の栽培方法についても、最初はほとんど知らなかった私に、色々と教えて頂きました。

  

私も、いくつかの良い種苗店に巡り会いました。

明日はもっと具体的に書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月25日 (木)

秋ジャガイモの最後の収穫

晴れ

  

昨秋から栽培していたジャガイモの最後の収穫をしました。

デジマという品種を50m×2畝作っていました。

12月初めの大霜で枯れた後、1週間に1回ずつくらい掘って、直売所に出荷しました。

私は、貯蔵できる納屋を持っていないので、

掘っては出荷、掘っては出荷の繰り返しです。

鍬(くわ)で掘る作業は、私にとっては結構、重労働ですので、1回に10mくらいしか掘りません。

   

11月、12月は直売所でも、秋ジャガイモがたくさん出荷されます。

1月になると、出荷されるジャガイモも少なくなるので、

今頃、出荷すると、ほとんど完売です。

  

秋ジャガイモは、高畝であれば、2月頃まで、土の中で腐りもせず、新芽も出ません。

気温にもよるでしょうが・・・・・・

昨年も今頃、掘っていました。

  

それから、秋ジャガイモの栽培のちょっとしたコツですが、

春と違って、種芋を切ると失敗します。

欠株がたくさん出ます。ひどい場合には、植えた芋の半分くらいしか芽が出ないことがあります。

秋雨前線のために、定植する時期の9月は結構、雨が多いのです。

芋を切ると、高温と湿度のために、新芽が出ないうちに、腐れるようです。

これを防止するために、中くらいの種芋を丸ごと植えます。

もし、欠株が出て困っている方は、一度、試して下さい。

  

P10002871  

今日、掘ったジャガイモです。

掘った畝の長さは4,5mです。

1株に4,5個くらいでした。

  

  

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

今年の品種:ズッキーニ

晴れ

  

ズッキーニは最近注目されてきている野菜です。

カボチャの仲間と言われていますが、カボチャの様には、どうしても思えません。

普通のカボチャと違い、

つるはありませんし、実の形も細長いし、味もナスに似てほとんどありません。

  

ズッキーニがスーパーなどに出始める5、6月になると、

テレビやラジオで、その料理の仕方がよく宣伝されます。

その影響かもしれませんが、去年は思ったよりもよく売れました。

一つの直売所で、10~15袋くらい売れて、私たちも(私と妻)びっくりしました。

もちろん売れ残りもありますが、それでも毎日、しょうこりもなく持っていっていました。

少しは定着したかもしれません。

ただ、もっと、料理の方法を書いた方が良かったかもしれないと思います。

今年は、この点を補強して、がんばってみようと思います。

  

ズッキーニは、4月はじめに種をポットに蒔き、5月初めに定植しました。

180cm畝に、シルバーマルチを張り、株間70cmとしました。

だんだん大きくなって、互いの葉が重なり過ぎてしまうので、

今年は、株間を80cmにしてもう少し広げようと思っています。

  

ズッキーニは毎日、受粉させていました。

着果すると、細長く大きくなります。

たまに着果が不十分の場合には成り口が太くて先が細くなって大きくなりません。

実も硬いです。

直売所で他の生産者からきれいな形のズッキーニが成らないと聞かれましたが、

毎日、受粉させて下さいと答えました。

  

果皮が緑色と黄色のものがありますが、

料理をする妻は、緑色のズッキーニの方が良いと言います。

黄色のものは、炒めると鮮やかな黄色の色がにぶくなるそうです。

今年は、緑色と黄色の割合を2:1くらいにしようと思っています。

   

P10109501  

緑色のズッキーニです。

  

  

  

  

  

   

P10109491  

黄色のズッキーニです。

  

  

  

  

   

   

P10109481_1 黄色の実が付いているのが雌花です。

付いていないのが雄花です(まだつぼみ)。

たくさんの花芽があります。

毎日のように花が咲きます。

支柱で支えないと、途中で折れます。

もう少し大きくなったら、ひもで縛ります。

   

     

P10109461  

畝幅は180cmとけっこう広いのですが、

畝溝まで葉がせり出してきます。

畝溝を歩きにくくなります。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)