気象

2015年1月 4日 (日)

エンドウ豆用に張っていたネットが、支柱ごと壊れました。

曇り のち 晴れ

 

エンドウ豆用にキュウリネットを張っていましたが、大晦日の暴風雨で飛び、壊れてしまいました。

0.4mmの防風ネットを張っていたので、最悪でした。

 

201501045

 

こんな状態でした。

直管がぐにゃっと曲がっています。

201501043
  

飛ぶ前はこんな状態でした。

キュウリ用の支柱を立てて、18cm角のキュウリ用ネットを張り、

風よけのために、その上から0.4mmのサンサンネットを張っていました。

きれいにしたつもりが散々でした。

 

201501046
  

エンドウ豆類の2つの畝を中心に撮ると、こんな壊れ方でした。

風は右側から(北側)からきました。

4mm目の防風ネットを超えてきました。

 

201501044
  

壊れる前の写真です。

写真の左下には、くいを打ち込んで、支柱に止めていました。

このくいを7,8本打っていましたが、だめでした。

 

201501042
  

エンドウ豆の右側には、高さ3mちょっとの防風ネットを張っています。

その下には、30cmくらいの隙間があるので、

防草シートを張って、風が入らないように防いでいました。

 

風は、このネットのある方向から来たようです。

今回、予想以上の風が吹いたようです。

ちなみに防風ネットは風で倒れないように、電柱などに用いる先が広がるくいを打っています。

さすがに、耐えたようです。

201501041
  

今回、ひどかった原因の一つは、

目の細かいサンサンネットを防風ネット代わりに使っていて、風をもろに受けたことにあると思います。

もう一つは、写真にある、黒い結束バンドを使って、きちんと固定され過ぎていたことも原因かもしれません。

風を受けすぎたようです。

耐えきれないような風がきたら、飛ぶような防風ネットの固定の仕方も研究する必要があるかもしれません。

 

201501047

 

今日、片づけました。

また、支柱を立てて、キュウリ用のネットを張ります。

防風ネットはちょっと考えてみます。

(右側の青色の防風ネットの支柱に固定すると、飛ばないかもしれません。)

 

いずれにしても、今回の暴風雨はひどかったです。

この地で野菜を作り始めて、もう10年は超えましたが、

この時期としては、初めての経験でした。

それなりに対策をしていたつもりでしたが、自然はそれ以上でした。

恐ろしいです。

続きを読む "エンドウ豆用に張っていたネットが、支柱ごと壊れました。"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

今年の大根には、青首の部分の表面の皮がめくれていません。今年は比較的暖かかったと思います。

晴れ

  

今年の大根ですが、青首部分の皮がめくれていません。

いつもは2月に入ると、皮がめくれて、出荷できなくなります。

今年は、比較的暖かかったと思います。

  

201403041

  

普通の青首大根(耐病総太り)です。

長さは35~40cmで、それなりにきちんとできています。

例年ですと、青首部分の皮がめくれますが、今年はきれいです。

  

P1050892_edited1

  

その青首部分を拡大しましたが、きれいです。

  

今年の気温を調べてみました。

               日平均      最高       最低  

  2014年 1月      5.6℃     17.1℃     -3.2℃

        2月      5.8℃     20.6℃    -1.8℃

  

  2013年 1月      4.2℃         15.8℃       -3.7℃

        2月       5.7℃         18.3℃       -3.3℃

  

今年の1月の気温は、日平均、最高気温、最低気温のどれも、去年よりも高かったです。

2月も、1月よりも差が小さいのですが、気温は高かったです。

当地は飯塚市の観測所よりも2~3℃低いので、最低気温は-5℃以下になる日があります。

その低い温度で、皮がめくれるのではと思います。

  

気温の絶対値では約1℃くらいのわずかな差かもしれませんが、

その差が皮のめくれになって現れるのではないかと思います。

(当然ですが、皮がめくれた大根は出荷できません。)

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

先週の降雪で、近くの三郡山にも雪が積もりました。でも、今年は去年よりも暖かいです。

晴れ

  

今日は昨日よりも暖かい日でした。

(朝は、霜が降りていて、畑の水桶には氷も張っていましたが。)

  

先週の大雪で、関東地方はハウスがつぶれたりして、大変な被害があるとテレビなんかで伝わっています。

政府が無償で建て替えをしてくれるとは思わないので、被害にあった農家はどうしようかと思い悩むことだろうと思います。

  

近くの三郡山の雪景色です。  

  

201402192

 

201402191

  

拡大して、撮ってみました。

  

201402193

   

もう少し近い場所で撮りました。

この写真を撮った日の前日はもっと真っ白でした。

  

その日、畑を見に来られたSさんは、「まるで北の方の山岳地帯を見ているようだ。」と言われました。

当地は、飯塚市内から、2,3℃、温度が下がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月 9日 (月)

ほぼ3か月ぶりに書いています。まずは、今年の夏野菜の反省から。今日はキュウリです。

晴れ

 

久しぶりに書いています。

前に書いたブログを見ると、6月20日でした。

2か月と20日ぶりです。

 

なぜ書いていなかったのか?ですが、

夜明けと同時に畑に出かけていたので、夜の9時過ぎには眠ってしまっていた事、

お盆過ぎの8月25日頃まで、3か月以上、1日も休んでいなかった事、

などがあって、ものすごく忙しくて、

とても書ける状態ではありませんでした。

体の具合が悪いわけでもなく、体重が減って体は軽かったです。

 

今年のキュウリは大変よくできました。

毎年、同じ品種を、同じ時期に作っていますが、

今年は、6月初めから、お盆過ぎの8月25日までの約3か月間、収穫をしました。

いつもは8月に入ると急に取れなくなりますが、今年は違いました。

お盆の時に、たくさん取れれば、きっとたくさん売れるだろうと思っていましたが、

それが実現しました。

 

その原因は、多分、梅雨明けが7月上旬で、いつもより早かったからだろうと思います。

当地では、梅雨明け後、お盆過ぎまで、ほとんど雨が降りませんでした。

キュウリ本体に未だ体力を残している段階で、梅雨明けして、

病気にかからなかったことと雨による体力の消耗がなかったことが理由だと思います。

実際、梅雨明け後の1週間はあまり収穫できませんでしたが、

その後、回復して、どんどん成りだしました。

1週間に1度、液肥を与えたり、3日に1度は潅水チューブで井戸水を潅水したりしました。

 

栽培期間中、梅雨明け前の弱ったときに、1度だけ殺菌剤を噴霧しましたが、梅雨明け後は全くしませんでした。

 

201308031

  

8月3日の写真です。

枯れた葉もかなりありますが、緑色の葉もあります。

この写真を見ると、たくさん成っているようには思えませんが、

それなりに成っています。

 

201308192


  

8月19日撮影

お盆過ぎてもたくさん収穫しています。

 

201308191

  

同じく、8月19日撮影  

記録を見ると、2本入りで、134袋になりました。

1袋を120円で売っていますので、手取りは約1万円を超えます。

 

今年はいつもよりも梅雨明けが早くて、その後はずっと暑かったから、

一般的には、野菜はできないだろうと思いますが、実は逆でした。

水は、私の場合は井戸水を潤沢に与えることができます。

本来、キュウリ、ナス、オクラ、ゴーヤなどの夏野菜は夏によくできる野菜です。

雨が降らずに病気にもならないので、水さえ与えてやれば、すくすく育ちます。

部会長の Oさんによると、暑い時ほど作物は良くできるそうです。

その通りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

キャベツの収穫開始時期をもう少し早めるには!

曇り のち 雨

 

少しずつキャベツを収穫していますが、もう少し早ければと思っています。 

そこで、栽培ノート(左側の3年日記帳)をめくってみました。 

過去6年分ですが、実際には、2冊を見ればいいので、比較的簡単に調べられます。 

品種は、すべて「恋岬」です。 

飯塚市の月別の平均気温と比べてみました。

 

                                         平均気温(℃)

           播種日    定植日    収穫開始日   10月  11月  12月     

2012-2013年  8/30-9/1  10/1-10/3    1/7       16.8   10.9   5.7

2011-2012年  9/6-9/7   10/8-10/12   1/10       17.7      14.1      6.6

2010-2011年  8/26-27   9/24-10/5    12/18            18.0      11.1      7.1

2009-2010年  8/23-25   9/25        11/28           17.6      12.0      7.0

2008-2009年  8/21     10/8-9       1/3              18.5      11.6      7.4

2007-2008年  8/28-31   10/1        12/20           19.0       11.7     8.1

 

 

今年の播種日と定植日は6年前(2007年)とほぼ同じ日です。 

でも、6年前は12月20日から収穫できています。 

その時は、10月と12月の気温が6年間で最も高かった年です。

逆に、去年は、10月から12月までの3か月間、最も低い年でした。

(現在の野菜の高騰は、この例年になく低い気温が影響しているのは明らかです。)

 

2009年は最も早くて、9月25日に定植して、11月の終わりに初収穫をしました。

2010年も9月24日に植えたのですが、初収穫は12月18日でした。

気温を比べると、10月と12月はほぼ同じで、11月は2009年が0.9℃高かったです。

この約1℃の差が大きく響くかどうかはよくわかりませんが、少しは影響していると思います。

 

結局、12月中旬から収穫をしたい場合には、9月24日頃までに定植することが大事だろうと思います。

 

もっと早く植えれば良いのに?と思われますが、そうしない理由が2つほどあります。

一つは、あまり早く植えると、青虫などの害虫にやられやすくなるためです。 

現在は、殺虫剤の散布回数は大体1回くらいなのですが、2回以上散布しないといけなくなると思います。

 

もう一つの理由は値段です。

11月頃まで、1玉100円くらいになったりします。

12月の終わりになると、150円程度でも売れるようになります。

 

2013013


  

写真は、収穫したキャベツ「恋岬」です。 

「恋岬」という品種はサワー系なので、寒玉よりも寒さに弱い傾向があります。

寒さでやられるものもありますが、

私としては、こちらの方が好きなので、作っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

大霜の写真

晴れ

  

今日の朝は大霜で、外にある水道は凍っていました。

でも、その後は久しぶりに太陽が顔を出してくれて暖かかったです。

  

昨日は、いつもの冬よりも少し寒いだけということを書いたのですが、

寒いのには変わりはありません。

その寒さの写真を載せてみました。

  

201202073   

  

洗い桶に張った氷です。

厚さは1cm以下なので、それほど厚くはありません。

本当に寒いときには3cmを超えます。

上からたたいても、簡単には割れないときがあります。 

  

201202072   

  

かつお菜についた霜です。

きれいです。

  

201202071   

  

さらに拡大した写真です。

氷の結晶がたくさん着いているように見えます。

  

2月に入ってから2回、5cmくらい雪が積もりました。

1回は昼間も氷点下だったように思われます。

普段だったら、朝方、凍っている野菜も、午後には溶けてきて収穫できます。

その時は、午後も収穫できませんでした。

こんなことは、年に2,3回しかありません。

そのめったにないことが起こりました。

2月に入ってきて、寒さが増してきたように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月10日 (金)

福岡県のローカル放送で、「今年は寒い」とよく言っていますが、本当か調べてみました。

曇り

  

2月に入ると、一段と寒さが増してきたように思います。

数日前の夕方のテレビで、

「大宰府の飛梅が今日、開花して、それが過去25年間で一番遅い」と放送されていました。

その理由は、「寒いからでしょうか?」とのことでした。

  

その放送を聞いていて、最近、やたらと、今年は寒いと当地のローカルの放送局も言っていることが、気にかかりました。

  

私の実感では、確かに寒いのですが、今年が特別に寒いとは思いません。

霜も少ないし、氷もそんなには張りません。

ビニールハウスの中で栽培している春菊のほとんどがきれいです。寒くなると、中心部が黒ずんできたりするのですが。

  

それで、気象庁のホームページで、飯塚市のデータを調べて見ました。

以下は、過去5年間の1月の平均気温です。

  平年値(30年間)  : 5.0℃ 

  今年(2012年)   : 4.1℃

  去年(2011年)   : 2.1℃

  2010年       : 4.9℃

  2009年       : 4.8℃

  

ちなみに、今年と近い年は2004年で4.2℃でした。

8年前にも今年と同じくらいの寒さはあったということです。

今年の1月の気温は平年値よりも低いのですが、特別寒いというほどではありません。

東北や北陸地方では、寒くて大雪が降っていると連日放送されています。

でも当地ではそれほどではありません。

  

去年はもっと寒かったです。  

去年の寒さに近い年は1977年まで遡り、2.4℃でした。

実に34年ぶりの寒さだったです。

私の栽培ノートにもそのような記述がありました。

  

人の記憶も1年経つと忘れるのでしょうか?

福岡県のローカルのテレビやラジオでは、去年の記録的な寒さのことを言っている人はいません。

もっと客観的な気象情報を放送してもらいたいと思っています。

  

それから、余計なことかもしれませんが、新聞やテレビは100%正しいとは思わずに、気になったら、自分で確かめることも必要だろうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

今、霜に弱い野菜と強い野菜が見られます。

曇り

  

寒い1日でした。

もうすぐ師走になるので、当然と言えば当然なのですが。

  

ちょうど今、霜が降り始めています。

私の畑では、もう何回か大霜が降りました。

何日か前ですが、畑の洗い桶に氷が張っていました。初氷です。

  

そのような季節の変わり目ですが、

今は、野菜も霜に弱いものと強いものが混在してみられます。

  

201111256   

  

右の枯れた植物はスイートバジルです。

左の元気なキャベツとは対照的です。

バジルは数日前のたった1回の大霜で枯れました。

朝、畑に行くと、前日までとは一変した有様でした。

  

201111255   

  

こちらは、ビニールハウスの中のスイートバジルです。

苗を植えているのですが、枯れるような気配はありません。

スイートバジルは霜には弱いのかもしれませんが、寒さには比較的強いようです。

  

201111253   

  

手前は冬瓜です。

かなり前に枯れだしていて、無残にも冬瓜の実だけが残っています。

冬瓜はバジルよりも寒さに弱いです。

   

201111254   

  

ほうれん草と大根です。

一目瞭然、完全な冬野菜ですね。

   

201111252   

  

こちらは秋作のジャガイモです。

中途半端な枯れ方です。

冷たい風はこちらから吹いていて、右の家の方は南側です。

日が当たりにくいところから枯れだしています。

(私の体が影になっていてすみません。)

  

夏野菜と冬野菜はこんなにも違っています。

霜や寒さに強いかどうかの違いは植物体のどこにあるのでしょうか?

不思議と言えば不思議です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

天気予報がはずれて、今日は、朝から雨でした。

雨 時々 曇り

  

日、起きると雨が降っていました。

昨日の夜の天気予報では、「今日は、晴れのち曇りで、夕方から雨が降るかもしれない。」というものでした。

今日の天気予報は、大外れでした。

最近は結構当っていたので、信頼していたのですが、久方ぶりのはずれでした。

  

どうしてこんな事を書くのかと思われるかもしれませんが、

実は、昨日、玉ねぎ用の畑に、牛糞堆肥や肥料を撒いたりして、トラクターで2回耕していました。

そして、今日の午前中、ゆっくりと畝立てをしようと思っていました。

耕して細かくなった土に、雨が降ると、その土に雨が滲み込み、なかなか乾きません。

もうすぐ11月なので、気温も低くなってきているので、簡単には土が乾きません。

結局、畝が立てられないことになってしまいます。

  

土日も雨が降るとの予報だったので、雨の中、無理やり畝を立てました。

  

201110281   

  

たった3畝なのですが、右側は隣りの田との境なので、結構大事な箇所です。

幸いにもまだ本降りになってなかったので、土は軽かったです。

  

畝を立てるときには、管理機を使うのですが、

悪いことは重なり、その管理機が動かなくなってしまいました。

申し訳なかったのですが、朝の8時過ぎに、農協から来てもらって見てもらうと、プラグがダメになっていました。

すぐに来てくれて助かりました。

新品のプラグに換えると、以前よりも馬力が出て、以後は快調に作業ができました。

結局、2時間くらいで終了しました。

 

もし、この畝立てができなかったら、おそらく10日以上は作業がずれていたと思います。

農作業は天気次第と言いますが、今回、改めてこの事を感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月23日 (月)

トマトの花と成長

 

最近の天気はかなりひどいような気がします。

5月の連休後、3日間、雨が降り続いたと思ったら、その後、一昨日の夕方まで1滴の雨も降りませんでした。

雨は、一昨日の夕方から、時折り止むこともありましたが、

基本的には、2日間以上ずっと降り続いています。

晴れとなったらずっと晴れで、雨が降るとなるとずっと降るような天気です。

今日、南九州地方が梅雨入りだそうです。

私の所は北部九州ですが、今週の木曜頃から梅雨入りの可能性があるそうです。

となると、5月末ですので、いつもよりも早いことになります。

最近は集中豪雨が多いので、今年も警戒していた方がいいのかもしれません。

台風2号も近づいてきているようで、最近は北部九州に来ていないので、今年はどうなるでしょうか?

  

天気の事ばかりが気になるので、つい色々と書いてしまいました。

さて、トマトですが、4月10日すぎに定植して、今は4段目の花が咲いています。

  

201105202   

  

一つ下の3段目の花ですが、きれいに咲いています。

4段目の花は一つしか咲いていなかったので、

こちらの写真の方が良いかなあと思って、こちらを載せました。

品種は「麗夏」(サカタのタネ)です。

少量ですが、「桃太郎8」や「みそら64」も植えています。

実際に作ってみて、どのような違いが出るか、楽しみです。

  

201105201   

  

全体はこんな様子です。

今の高さは1mくらいです。

毎年の経験からでは、6月中旬くらいには、トマトは赤く色づくと思います。

早く食べてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧