畑の様子

2015年5月 1日 (金)

やっとマルチを張れました。

晴れ

 

一昨日から昨日の雨で、畝はしっかりと水を含みました。

今日は、朝から晴れて、気温も高く(28℃を超えました)、

このまま晴れが続くと、畝は乾燥し始めます。

それであわてて、今日、マルチを張りました。

 

201505013

 

上段の畑です。

長さ50m、幅1.7mの畝、計7畝と240cmの1畝に、黒マルチと白黒マルチを張りました。

マルチを張るのは、一人で引っ張れる道具を使いました。

以前、このブログにも書いたのですが、「スグレモノ」です。

以前だと、妻と二人で張っていたのですが、

この道具を使うと1日でこんなに張れます。

 

201505012
  

こちらは明日、マルチを張ろうと思います。

(さすがに、ここまで手が回りませんでした。)

 

201505011

井戸水から連結したパイプに、潅水チューブをつないでいます。

(前の写真で、畝の手前のパイプです。)

 

上端の畑には、明日から苗を植えていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

大霜の写真

晴れ

  

今日の朝は大霜で、外にある水道は凍っていました。

でも、その後は久しぶりに太陽が顔を出してくれて暖かかったです。

  

昨日は、いつもの冬よりも少し寒いだけということを書いたのですが、

寒いのには変わりはありません。

その寒さの写真を載せてみました。

  

201202073   

  

洗い桶に張った氷です。

厚さは1cm以下なので、それほど厚くはありません。

本当に寒いときには3cmを超えます。

上からたたいても、簡単には割れないときがあります。 

  

201202072   

  

かつお菜についた霜です。

きれいです。

  

201202071   

  

さらに拡大した写真です。

氷の結晶がたくさん着いているように見えます。

  

2月に入ってから2回、5cmくらい雪が積もりました。

1回は昼間も氷点下だったように思われます。

普段だったら、朝方、凍っている野菜も、午後には溶けてきて収穫できます。

その時は、午後も収穫できませんでした。

こんなことは、年に2,3回しかありません。

そのめったにないことが起こりました。

2月に入ってきて、寒さが増してきたように思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月15日 (土)

正月前から、雨が多く、寒さも続いています。大変!

雨 ときどき 雪

  

正月前から、雨が多くて、寒さも続いています。

雨が雪に変わることも多いです。

平均気温が5℃に満たないとテレビでいっていました。

20数年ぶりの低温だそうです。

    

201101151   

  

12月31日撮影 

三郡山全体が雪に覆われました。

まるで雪山の風景です。

  

201101153   

  

1月8日撮影

三郡山の雪は、ある高さ(600mくらい)以上で積もっています。

その線より高いところが気温が低いのでしょうか?

ちょっとおもしろいです。

  

201101152   

  

その日の朝の氷です。

2cmくらいありそうです。

  

冷え込みましたが、こんな日が一番困ります。

キャベツや大根などの露地野菜は凍っていて、収穫できません。

ハウスの中の野菜も、水洗いができません。

井戸のパイプのバルブが凍って閉まらないのです。

どうしようもないので、午後からの収穫になってしまいます。 

よっぽど雨の方がいい時があります。 

  

そんな寒さが続いているのですが、

キャベツや大根は徐々に大きくなっています。

大根なんか、十分に太っているので、もうこれ以上大きくならなくてもいいのですが。

収穫したり、洗ったりするのは大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

今日も、大霜が降りました。

晴れ

  

昨日の夜は晴れて、冷え込んでいましたので、

きっと、今日の朝は寒いと思っていましたが、

案の定、その通りでした。

  

200812012

こんな氷が張っていました。

厚さは5mmを超えていたと思います。

  

  

  

  

  

  

200812013 大根の葉は、霜で、白く凍っていました。

  

  

  

  

  

  

  

200812011 レタスもこんな様子でした。

葉は少し煮えたように、半透明になっていました。

これから冬に入りますが、

午前中はときどきこんな感じになります。

半透明になっていても、

午後からは戻りました。

  

  

今年の大霜と初氷は、11月20日でした。

いつもよりも早かったです。

今年は寒くなりそうです。

  

今日、レタスにトンネルを張りました。

明日、そのことを書こうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

冬の到来です。今日は大霜と初氷でした。

晴れ

  

昨日の夕方から、冷え込んでいたと思っていたら、

今日は、大霜(おおじも)と初氷が同時にやってきました。

私の所は、飯塚市でも寒いところにあります(要するに、田舎)。

寒いのは体にこたえるので、冬はあまり好きではありません。

    

P10201021  

野菜の洗いおけに張った氷です。

  

   

   

    

   

     

P10201041 氷の厚さは、3,4mmくらいはありました。

思ったよりも厚かったです。

   

    

   

    

かろうじて生きていた、ピーマン、冬瓜、かぼちゃ、そして里芋も全て枯れました。

これで、今年の夏野菜は終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月 3日 (土)

種苗店:その5

晴れ

  

今日は冷え込んだ朝でした。畑の最低気温は -5℃ でした。

去年の12月30日と同じ最低気温でした。

  

P10003461   

氷が2cm以上になっていました。

去年の12月30日は1.5cmくらいでしたので、

最高新記録です。

  

  

P10003451   

氷が厚いので、

手で氷の塊を移せます。

ホースも閉じ込められました。

こんな氷の写真は寒い地方では当たり前かもしれませんが、

九州の福岡では珍しいことです。

  

          

以前、種苗店は情報の集会所と書きましたが、

田舎に暮らしている私にとって、外回りをしているH社のKさんも色々な情報を与えてくれます。

   

色々な農家を廻られておられるので、

例えば、今の流行の野菜の品種とか、野菜の出荷価格とか、天気や台風の影響とか、野菜の生育状況などを教えてもらえます。

もちろん、どんな病気がまん延しているとか、今年は害虫が多いとかの病害虫の情報も教えてもらえます。

それから、こんな農業資材はないだろうか?などの質問にも答えてもらえます。

来られた時には、1時間以上話していて、Kさんには迷惑かもしれませんが・・・・・。

  

このような方がおられますので、田舎にいても、世の中の生の情報が得られます。

アンテナを張って、世の中から取り残されないようにと勤めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

今日の朝は冷え込んだ

晴れ

   

今日は、今年一番の冷え込みでした。

朝、屋外にある私の車に、直売所に野菜を入れようとすると、

フロント・ウインドウがびっくりするほどに凍っていました。

屋外の水道栓も凍っていて、

仕方なく、室内の水道からの水で、フロント・ウインドウに付いた氷をやっと溶かしました。

私の住んでいるところは、飯塚市の中でも田舎です。

多分、これからもこんな事があると思っています。  

  

 P10002461  

畑に置いている洗い桶です。

今日の最低気温は-6℃でした。

ホースごと凍っています。 

 

 

 

       

 P10002441

横から見た氷です。

 

  

  

 

      

P10002431  

氷の厚さは1.5cmくらいでした。

久しぶりに、厚い氷をみました。

 

 

 

 

      

P10002471  

キャベツに付いた霜

氷の結晶がきれいでしたので、

写真を撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

初霜・初氷

雨 (終日)

   

5日(火曜日)は初霜でしたが、大霜でもありました。

例年、当地では、11月の中旬頃から、軽い霜が2,3回降りた後、大霜が降り、ナス科の作物(なす、ピーマン、じゃがいもなど)や里芋などの野菜は全て枯れてしまいます。

今年は、軽い霜は降りずに、いっぺんで大霜が降りてしまいました。

都会では、霜が降りることは少ないと思いますが、当地のような盆地で山沿いのところは、これから度々霜が降りることになります。

   

P10001171 ジャガイモは霜で枯れました。

一晩での出来事です。

もう回復しません。

   

    

P10001191  

里芋も枯れました。

南方の野菜ですので、霜には弱いようです。

  

   

   

   

   

    

P10001161最低気温も -3℃ で、今冬で初めて氷点下になりました。

私が使っている最高最低温度はデジタルで表示され、ハウス内と外と2ヶ所計れますが、ハウス内も -1℃ でしたので、多分、確かでしょう。

午前11時頃に撮った写真ですので、氷はまるで薄いガラスのようになってしまいました。(9時頃は、もう少し厚かったです。)

     

私の住んでいるところから、飯塚市内の直売所に、毎朝、野菜を運んでいるのですが、直売所に行くと、車に付いている温度計が2℃くらい高くなり、帰ると2℃くらい下がります。

かなり寒いところに住んでいるようです。

これから、大根、キャベツ、ほうれん草などの冬野菜はますます甘みが増してくると思います。

冬野菜の本番です。

  

この記事は12月5日に書きたかったのですが、ニフティのココログが3日間、全面停止状態でしたので、書けませんでした。一体、ニフティは何をやっているのでしょうか?

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

ピーマンの最後の収穫

晴れのちくもり (4℃~22℃)

今日はめっきり冷え込みました。毛布がなければ、寝れません。

飯塚は盆地で、夏は暑く、冬は寒い。

野菜の栽培環境としては、九州でもあまり適したところではないかもしれません。

と思っても、ここに住んでいる以上、何とかなると思って、でも、何とかしようといつも思っています。

  

今日は、ピーマンの後片付けと同時に、ほぼ最後の(といっても明日が本当の最後ですが)収穫をしました。

筑紫野市でピーマンを栽培していた時には、12月初めの大霜まで収穫できました。

でも、当地に移ってきてからは、11月の上旬までしか収穫できません(今年は、暖かいせいか、中旬に入っても何とか収穫できていますが)。

寒さで、ピーマンの実に、黒いシミのようなものが出来てきて、かたくなり、とても出荷できそうなものはできません。

ピーマンの葉も、櫛が抜けるように、徐々に落葉してきます。

大霜の前に、ピーマンの木も段々と枯れていくようです。

  

Pb1200041  

左から、2うね目の葉を取り除いた写真です。

今年はピーマン5うね作りました。 

  

  

   

Pb1300021   

ピーマンの木をかなり除去しました。

3人がかりです。

  

  

   

Pb1300011 4日後収穫しました。

夜、袋詰めをして、87袋できました。

大根も40本抜きましたので、

明日は、4箇所の直売所を回って、置いてきます。

    

ピーマンの後に、ねぎを植える予定です。

当地では、11月中に苗を植えれば、早生種でも生産可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

雨の前の農作業

今日は終日、雨でした。時おり、激しく降っており、野菜たちに十分な水分を与えてくれました。

昨日までの数日間、ほうれん草の中耕、大根、ブロッコリー、キャベツの追肥と中耕、ジャガイモの土寄せを行っていましたので、雨にピッタリ間に合いました。

天気予報で雨が降るかもしれないということはわかりますが、実際に降るかどうかは定かではありません(かつて、降水確率90%で一滴の雨も降らないことがありました)。

ですが、雨がいつ降り始めても良いように、作業を行っています。

  

雨が降ると、土は湿り、重くなります。

この状態で、土をいじると、最悪の場合、団子状態になってしまいます。

土に空気が含まれていませんので、結果的に、植物は良く育ちません。

時間がない、他にやることがあるなどと自分に言い訳をして、頭ではわかっていても、実行していない場合もありました。

今から考えると、新規就農時には、作業面積が数十㎡の小面積から、数千㎡の大面積に一度に変わってしまうことが原因です。

労働力も機械力も対応していないからです。優先順位も付けれず、段取りも悪い。

それにも関わらず、これも作りたい、あれも作りたいとつい思ってしまいます。

そのことが少しずつわかってきました。

  

雨が降ると、野菜だけでなく、雑草も大きくなります。

雨の前で乾燥した土に生えている雑草は、草丈が2、3cmくらいまでですと、ガリガリ(三角ホウ)で軽く除草と中耕ができます。

でも、雨の後の重い土で、5,6cm以上になった雑草は、ガリガリでは簡単に除草できません。

除草と中耕は雨の前に必ずしておかなければいけない作業です。

このことも、なかなかわかりませんでした。

  

妻は、「10年も経つと、うまく行くようになるね。」と言いました。

これまで、何度、優先順位を間違えたことでしょう。

雨が降る前にしておけば良かったと思ったことは、数限りなくあります。

いくつもの試行錯誤をして、やっと、少しずつ段取りがわかり始めてきています。

これからも色々な経験をしていくことでしょう。

  

適当な写真がないので、畑のようすを載せました。

   

P10208291  

10月19日

左から、キャベツ、レタス、じゃがいも、メキャベツ、ブロッコリー、キャベツです。

  

  

    

Pb0700211   

11月7日

上の写真から、19日後です。

どんどん大きくなってきています。

  

   

大根の写真を載せる予定でしたが、終日、雨だったので、抜き取りませんでした。

明日、掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧