アイスプラント

2018年12月15日 (土)

ハウス内の野菜(1):アイスプラント

晴、少し暖かい

 

アイスプラントは、ビニールハウス内に、180cm幅の畝に、株間60cm、3条千鳥で植えています。

Cimg4754_3

1つの株です。葉は十字に伸びます。もう少しすると、脇芽が伸びだしてきます。

Cimg4756

Cimg4775_2

種の絵袋です。武蔵野種苗園の種です。

Cimg4777

絵袋の裏側です。

春蒔きと秋蒔きが書かれていて、私の場合は秋蒔きです。

9月29日に、200穴トレーに種まきをしました。

定植は11月12日に行いました。

もう少し早く定植しても良かったのですが、ハウスの畝の準備が遅くなったので、この日になってしまいました。

去年は10月31日、一昨年は10月29日だったので、定植は10日以上も遅くなり、正月頃の初出荷に間に合わないかもしれないと思ったのですが、幸いにも順調に育っています。

今年は暖かい事とビニールを張り替えて太陽光が多く降り注いだために、後れを取り戻したのではないかと思っています。

 

アイスプラントを作り始めて、もう5年くらいにはなるかと思いますが、少しずつ認知されてきているようです。

おいしいと言ってくれる人もいます。

今年はたくさん売れることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

昨日、収穫した野菜

曇り 時々 雨

 

写真は、昨日、収穫したものです。

毎年、ほぼ同じものを、同じような時期に植えているのですが、

今年は、いつもの年よりもかなり早く大きくなっています。

暖かくて、雨が多いというのがその理由と思われます。

大霜もまだ降っていません。

部会のメンバーと話していても、ほとんどの人が1か月くらい早くできていると言います。

皆さんが出来ているので、逆相関の関係から、野菜の値段は安いです。

一時よりも高くなっていますが、まだ安いです。

今、安い時に、たくさん食べて下さい(そんなことは難しいのですが、希望です)。

 

201512111

 

写真は、畑から収穫して洗った後、軽トラックに積んで帰ってきたときのものです。

左上から、水菜、リーフレタス、アイスプラントです。

右下側には、ブロッコリーが3カゴほどあります。

 

写真以外にも、大根(少量)、白菜(少量)、ほうれん草、子ネギなどが出来ています。

キャベツはもうすぐです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 4日 (水)

2015年秋冬はこんな野菜を育てています。

晴れ  

朝は寒いが、昼は暖かかった。

 

旅行に行っていたのですが、

食事で同席した方に、野菜を作っていることを話しました。

その時よくよく考えてみると、最近ブログを全く書いていなかったことに改めて気づきました。

最近、少し余裕ができたので、また書き始めようと思います。

 

201511031

上段と呼んでいる場所ですが、キャベツとブロッコリー(右端)です。

 

201511033

下段です。ブロッコリーです。

 

201511032

下段の反対側です。

中央のうねには、ほうれん草、小松菜、水菜、リーフレタスを植えています。

写真の右側はだいたいブロッコリーです。

左側には玉ねぎを植える予定にしています。

 

Cimg1986_edited1

ハウスの中です。

左の畝は水菜、リーフレタス、アイスプラントを植えています。

中の奥には、リーフレタスを植えています。

右の奥にもリーフレタスを植えました。

手前には、春菊、小ネギを植える予定です。

 

これで全部ですが、以後、細かく書いていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

アイスプラントを収穫する部位

晴れ

 

もう3日ですが、明けましておめでとうございます。

今年は、できるだけブログの更新をしようと思っています。

眠たい目をこすって頑張ります。

 

昨日まで、嵐や雪が降る数日間でしたが、

いつの間にか、エンドウ類のネットを付けていたキュウリ用支柱が倒れていまいました。

防風ネットを取り付けていたので、ますます悲惨になっていました。

今日はアイスプラントを切る部位についての宿題を書こうと思いますので、

明日、その悲惨な状況を書きます。

 

201501031
  

1株のアイスプラントです。

十字に増えていくのですが、よく見ると脇芽があります。

(写真のアイスプラントではよく見えませんが。)

 

201501033

 

剪定ばさみのところで切って収穫しています。

この部分を切っても、その両端の脇芽が伸びるからです。

 

    201501034
  

はさみをはずすと、わき芽がわかります。

 

201501032

 

別の所ですが、両端の脇芽が伸びてきています。

 

この前、更新したアイスプラントの記事に、

次回は収穫する部位がどこかを書きますと書いていたので、

今回はその事を書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

アイスプラントも少しだけ収穫しました。

晴れ のち 強風・雷・雨と急変

 

アイスプラントも少しずつですが収穫しています。

作り始めてから、もう数年になるのですが、

相変わらず、少しずつしか売れていません。

80gちょっとで、130円~150円で売っています。

野菜全体が安いので、その流れの中に、そのまま、はまっているようにも思えます。

 

201412312

 

もうかなり大きくなってきていますので、わき芽を少しずつ収穫しています。

 

2014112212

 

ちなみに最初の頃の姿です(11月22日撮影)。

 

さっき、わき芽を摘んで収穫すると書きましたが、

明日にでも、写真付きで説明します。

 

現在、午後10時半くらいです。

テレビでは、紅白歌合戦が放送されています。

今年ももうすぐ終わります。

今年は、ブログの更新があまりに少なかったです。

先日、小学校の時の友人のT君が来て、「Yさんが心配していた」と言っていました。

それなりに元気で野菜を作っています。

来年は58歳になります。

以前よりも動きが悪かったり、がんばりが効かなかったりすることは確かですが。

来年こそは、野菜作りをしている日々の事を、このブログに綴っていきたいと思います。

来年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

2014年秋冬のハウス野菜

曇り 時々 雨

 

1棟だけビニールハウスを持っていますが、

今年も、ほぼ去年と同じ野菜を植えました。

 

201411226
  

ハウスの全景です。

左畝の手前数mに春菊の種を蒔きましたが、その奥(約40m)はすべてリーフレタスです。(写真では良く見えないのですが。)  

中央の畝は、手前半分がリーフレタスで、奥半分が水菜です。

右の畝は、手前2/3はリーフレタスで、奥1/3はアイスプラントです。

リーフレタスがかなりの面積を占めています。

 

201411224

水菜です。

写真手前が、普通の水菜「京みぞれ」(タキイ種苗)です。

写真の奥は、茎が赤紫色の「紅法師」(タキイ種苗)です。

アントシアニンを多く含むそうですが、種を買った種苗店がおまけに付けてくれたので、作ってみています。

 

201411225

 

アイスプラントです。大きさはまだ10cmちょっとです。

株間は60cmとっていますが、大きくなるとお互いが重なり合ってしまいます。

(ちなみに、写真の中で、黒マルチに、水色の小さな丸が写っていますが、

この丸と丸の間が10cmです。)

 

いつの間にか、ハウスの中の野菜はサラダなどに使う野菜ばかりになってしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

アイスプラントが増えてきて、たくさん収穫できるようになりました。

雪が昨日の夜から降り始めて、朝、起きた時には一面の雪景色でした。

でも、昼過ぎには、かなり溶けてしまいました。

ビニールハウスの中で栽培しているアイスプラントがかなり密になってきています。

  201402133

全体はこのような様子です。

 

201402132

 

上から撮ると、こんな様子です。

株間は50cmくらい開けていたのですが、

隙間なく育っています。

 

201402131

 

横から撮りました。

出荷はこの伸びた茎から上の部分を切り取っています。

7、8本で約100gになります。

これをトレーに載せて、防曇袋に入れて出しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

今日の大晦日まで、水菜などを出しました。

晴れ

 

今日の大晦日まで、水菜、リーフレタス、アイスプラントを少量ずつですが、

スーパーの産直コーナーに持っていきました。

これで、今年は終わりです。

 

201312312


  

中央の畝は水菜ですが、半分は収穫しました。

毎日、40~60袋を出しました。  

リーフレタスも40~50玉ずつ出しました。

水菜もリーフレタスもまだまだあります。

来年の初めもこれらが主力です。

その後、キャベツを出せるようになるといいのですが。

 

ところで、紅白を見ていたら、福島の大熊町の中学校のことが放送されていました。

原発事故で、故郷に帰れないなんて、なんと理不尽なことか。

綾瀬はるかが思い出して、涙ぐんでいました。

 

前から思っていることですが、なぜ放射能の影響をもっと調べないのか?と思います。

放射能の線量だけではなく、微生物・植物・動物への遺伝的・生理的・生態的な変化を調べることが必要と思います。

年賀状を書いている時、大学時代の教養部のN先生が火力発電所の廻りの環境影響調査の一環で、コケの化学的分析を行っていたことを思い出しました。

コケは空中の栄養分を吸って生活をするので、火力発電所の排煙の影響を調べることができると聞きました。

もう30年以上前の話です。

その後、科学技術は非常な進歩をしていて、DNAの変異を調べることもできるようになってきました。

福島の原子力発電所の爆発の影響が生物のDNAにどのような変化を及ぼしているかという点について、正確な調査研究が必要と思います。

テレビなどを見ていると、あまり調べられていないようなふうに見受けられます。

以前から気になっていたことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

アイスプラントの栽培(2013年)-その2-

雨 時々 曇り

 

私の畑から見える三郡山は、その上部が雪で白くなっていました。

寒い1日でした。

 

201312203

  

12月20日撮影

この前の株と同じです。

下葉を取り除きました。

かなり脇芽が増えています。

 

201312202

  

茎の部分を接写しました。

この前の写真よりも、アイスプラントに特有な、透明のつぶつぶがはっきりしていると思います。

 

201312201

  

もう少し接写しました。

コンパクトカメラで撮っているので、ここまでが限度かもしれません。

1眼レフのカメラだと、多分もっときれいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月16日 (月)

アイスプラントの栽培(2013年)

晴れ のち 曇り

 

ここ数年、毎年この時期に、アイスプラントを栽培しています。

南アフリカ原産の耐塩植物ということは知っていますが、詳しいことは分かりません。

でも、塩味がして、サラダで食べると面白いかもしれないと思って、毎年作っています。

この時期が栽培に適しているのかも分かりません。

でも、それなりに大きくなっていくので、いいのかもしれません。

 

201312161

  

11月7日に、この苗を定植しました。

9月20日、武蔵野種苗のアイスプラントの種を200穴のトレーに蒔きました。

発芽率は半分以下なのですが、一度発芽すれば、それなりの苗ができます。

苗作りは、それほど難しくはありません。

 

10月14日に、50穴のトレーに植え替えました。

それが、上の写真の苗です。

 

201312164

 

12月6日の写真です。

定植1か月後です。

株間60cmで3条千鳥に植えています。

成長はかなり速いです。

 

201312163

  

1株のアイスプラントです。

十字の形に大きくなります。

 

201312162

  

アイスプラントの特徴であるつぶつぶは、茎や葉の裏側に見られます。

(今度は接写して、きれいに見える写真を載せます。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)