リーフレタス

2018年12月16日 (日)

ハウス内の野菜(2):リーフレタス、水菜

雨(ほぼ終日)、寒い

 

グリーンリーフレタスです。株間35cmの4条植えです。

播種日は9月29日で、定植日は11月10日です。

Cimg4761

品種名は「アーリーインパルス」(みかど協和株式会)です。

Cimg4779

こちらは水菜です。播種・定植条件などはリーフレタスと同じです。

Cimg4757

品種名は「京みぞれ」(タキイ種苗株式会社)です。

Cimg4778
 

今日のリーフレタスと水菜は種苗会社(メーカー)は異なります。

どの種苗メーカーの、どの品種を選ぶかは、偶然・推薦・試作などによりますが、

数年作ると自分に合ったそして好きな品種に当たります。

そのためには、自分で種を蒔いて育てる必要があります。

日本には種苗メーカーも品種もたくさんあります。

色々取り寄せて、作ってみられてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月13日 (日)

昨日、収穫した野菜

曇り 時々 雨

 

写真は、昨日、収穫したものです。

毎年、ほぼ同じものを、同じような時期に植えているのですが、

今年は、いつもの年よりもかなり早く大きくなっています。

暖かくて、雨が多いというのがその理由と思われます。

大霜もまだ降っていません。

部会のメンバーと話していても、ほとんどの人が1か月くらい早くできていると言います。

皆さんが出来ているので、逆相関の関係から、野菜の値段は安いです。

一時よりも高くなっていますが、まだ安いです。

今、安い時に、たくさん食べて下さい(そんなことは難しいのですが、希望です)。

 

201512111

 

写真は、畑から収穫して洗った後、軽トラックに積んで帰ってきたときのものです。

左上から、水菜、リーフレタス、アイスプラントです。

右下側には、ブロッコリーが3カゴほどあります。

 

写真以外にも、大根(少量)、白菜(少量)、ほうれん草、子ネギなどが出来ています。

キャベツはもうすぐです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 4日 (水)

2015年秋冬はこんな野菜を育てています。

晴れ  

朝は寒いが、昼は暖かかった。

 

旅行に行っていたのですが、

食事で同席した方に、野菜を作っていることを話しました。

その時よくよく考えてみると、最近ブログを全く書いていなかったことに改めて気づきました。

最近、少し余裕ができたので、また書き始めようと思います。

 

201511031

上段と呼んでいる場所ですが、キャベツとブロッコリー(右端)です。

 

201511033

下段です。ブロッコリーです。

 

201511032

下段の反対側です。

中央のうねには、ほうれん草、小松菜、水菜、リーフレタスを植えています。

写真の右側はだいたいブロッコリーです。

左側には玉ねぎを植える予定にしています。

 

Cimg1986_edited1

ハウスの中です。

左の畝は水菜、リーフレタス、アイスプラントを植えています。

中の奥には、リーフレタスを植えています。

右の奥にもリーフレタスを植えました。

手前には、春菊、小ネギを植える予定です。

 

これで全部ですが、以後、細かく書いていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月30日 (火)

リーフレタスは収穫の真っ最中です。

晴れ

 

ビニールハウスに植えている野菜はリーフレタス、水菜、アイスプラント、春菊の4種類です。

その中で、春菊以外はもう十分に大きくなりました。

 

「水菜」は昨日でほぼ収穫を終えました。

お正月のお雑煮に水菜を使うので、

それに合わせるように、収穫を終えました

(値段も上がるので。)

 

実は、1年で最も野菜が売れて、しかも高い時期はお正月の前の数日間です。

(その次はお盆の頃です。)

今年は消費税の影響でしょうか、野菜の値段は安かったです。

12月に入っても安かったのですが、それでも、今は高くなっています。

 

201412302  

 

現在のビニールハウスの中の状況です。

手前のリーフレタスはかなり大きくなっており、右の畝溝の両端から収穫をしています。

(どこを収穫してもいいのですが、奥に行くのに通りやすいように)

 

201412301

接写するとこんな感じです。

リーフレタスの塊?のようです。

 

リーフレタスの食感は昔よりは玉レタスに近づいてきて、パリパリとしています。

ビニールハウスだと、比較的作りやすい野菜です。

そんなにたくさん売れる訳ではないのですが、

少しずつ収穫できるので、重宝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

2014年秋冬のハウス野菜

曇り 時々 雨

 

1棟だけビニールハウスを持っていますが、

今年も、ほぼ去年と同じ野菜を植えました。

 

201411226
  

ハウスの全景です。

左畝の手前数mに春菊の種を蒔きましたが、その奥(約40m)はすべてリーフレタスです。(写真では良く見えないのですが。)  

中央の畝は、手前半分がリーフレタスで、奥半分が水菜です。

右の畝は、手前2/3はリーフレタスで、奥1/3はアイスプラントです。

リーフレタスがかなりの面積を占めています。

 

201411224

水菜です。

写真手前が、普通の水菜「京みぞれ」(タキイ種苗)です。

写真の奥は、茎が赤紫色の「紅法師」(タキイ種苗)です。

アントシアニンを多く含むそうですが、種を買った種苗店がおまけに付けてくれたので、作ってみています。

 

201411225

 

アイスプラントです。大きさはまだ10cmちょっとです。

株間は60cmとっていますが、大きくなるとお互いが重なり合ってしまいます。

(ちなみに、写真の中で、黒マルチに、水色の小さな丸が写っていますが、

この丸と丸の間が10cmです。)

 

いつの間にか、ハウスの中の野菜はサラダなどに使う野菜ばかりになってしまいました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

ハウス内のリーフレタスは収穫が終わりました。

曇り のち 晴れ

  

ビニールハウスで栽培をしていたリーフレタスは収穫し終わりました。

  

201402121

   

今のハウス内はこんな様子です。

中央畝の手前半分は水菜でしたが、これもほぼ終わりました。

少し奥の方には、葉先が寒さで枯れた水菜が残っていますが、

これは大きすぎて、固くもなっているので、もう終わりです。

左の奥の方に、10mちょっとですが、アイスプラントが残っています。

このアイスプラントは3月20日頃まで収穫を続けようと思っています。

  

今年は、ビニールハウスの中で、リーフレタス、水菜そしてアイスプラントを作りました。

思うに、全部、サラダで食べる野菜です。

いつの間にか、生食(なましょく)文化に私もどっぷり浸かってしまいました。

ハウスを建てた最初の冬は、全部、春菊を植えました。

その春菊は、去年まで、少し作っていたのですが、今年は全く作りませんでした。

売れる野菜を作ってきた結果、このようになったのですが、私の食生活も変わってきたのかもしれません。

それにしても、10年もすれば、変わるのですね!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月31日 (火)

今日の大晦日まで、水菜などを出しました。

晴れ

 

今日の大晦日まで、水菜、リーフレタス、アイスプラントを少量ずつですが、

スーパーの産直コーナーに持っていきました。

これで、今年は終わりです。

 

201312312


  

中央の畝は水菜ですが、半分は収穫しました。

毎日、40~60袋を出しました。  

リーフレタスも40~50玉ずつ出しました。

水菜もリーフレタスもまだまだあります。

来年の初めもこれらが主力です。

その後、キャベツを出せるようになるといいのですが。

 

ところで、紅白を見ていたら、福島の大熊町の中学校のことが放送されていました。

原発事故で、故郷に帰れないなんて、なんと理不尽なことか。

綾瀬はるかが思い出して、涙ぐんでいました。

 

前から思っていることですが、なぜ放射能の影響をもっと調べないのか?と思います。

放射能の線量だけではなく、微生物・植物・動物への遺伝的・生理的・生態的な変化を調べることが必要と思います。

年賀状を書いている時、大学時代の教養部のN先生が火力発電所の廻りの環境影響調査の一環で、コケの化学的分析を行っていたことを思い出しました。

コケは空中の栄養分を吸って生活をするので、火力発電所の排煙の影響を調べることができると聞きました。

もう30年以上前の話です。

その後、科学技術は非常な進歩をしていて、DNAの変異を調べることもできるようになってきました。

福島の原子力発電所の爆発の影響が生物のDNAにどのような変化を及ぼしているかという点について、正確な調査研究が必要と思います。

テレビなどを見ていると、あまり調べられていないようなふうに見受けられます。

以前から気になっていたことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

リーフレタスの苗と定植後の成長

曇り のち 晴れ

 

リーフレタスについては、現在から過去に戻るという順番で書くことになってしまいました。

種を蒔いたり、苗を作ったり、畑に植えた後の成長なんかを順番に綴ればいいのですが、書くことをサボってばかりなので、こんなことになってしまいます。

 

2013121521114


11月14日撮影

ほぼ1か月前のリーフレタスです。

 

201312153


  

10月15日撮影

定植は10月12日~18日に行いました。

定植直後の苗です。

 

201312151

  

ちょっと徒長気味ですが、リーフレタスの苗です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

露地のリーフレタスにパオパオをかけているので、今のところ、葉先の傷みは少ないです。

晴れ

 

リーフレタスは露地とハウスで栽培しています。

今日は、露地栽培のリーフレタスの写真を載せます。

 

201312123

  

中央と左の畝の上の白いものがパオパオです。

不繊布の白くて薄くて軽いものです。

霜よけにかけています。

 

 

201312122  

 

最初の写真の右うねの奥の部分のリーフレタスです。

整然と育っています。

 

201312121

 

横から撮ると、こんな感じです。

きれいです。

葉先の傷みはまだ少ないです。

でもこれから寒さが増したり、霜が降りたりするので、いつまで持つか気がかりです。

 

苗は株間30cmで植えました。

ひしめき合っていることから、もう30cm以上の大きさになっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

露地栽培のリーフレタスを出荷しています。

曇り のち 晴れ

 

9月20日に種まきして、

10月13日~18日に、露地に、定植したリーフレタスを収穫しています。

定植後、2か月弱の収穫ですが、かなり大きくなってしまいました。

収穫は12月初めでも良かったと思います。

 

 

201312101

  

写真のように、防曇袋に入れて出荷しています。

防曇袋は14号と15号です。

大きくなりすぎたので、こんな大きな袋になってしまいました。

ちなみに、14号は幅28cm×長さ41cmで、15号は30cm×45cmです。

その大きさでギリギリでした。

毎日30~50個出しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)