チンゲンサイ

2009年12月 3日 (木)

11月の初めに蒔いた春菊は、かなり虫に食べられてしまいました。

曇り

  

ビニールハウスで、11月の初めから春菊を蒔いていたのですが、

かなり虫に食べられてしまいました。

まだ、暖かかったのが原因だろうと思います。

  

200912022   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

種は、4,5回に分けて蒔いていました。

写真は、畝の手前ですが、この部分はかなりやられてしまいました。

(写真には写っていないのですが、奥の方はかなり生き残っています。)

  

以前、10月初めに、春菊を蒔いたこともあったのですが、その時は全滅しました。

パオパオでもかけておけばいいのかもしれませんが、

そこまでしなくてもいいだろうという甘えがありました。

去年は12月の初めに種を蒔いたのですが、

今度は収穫が翌年の1月になってしまい、遅すぎました。

ハウスの中は暖かいので、虫もかなり活発です。

    

写真の畝の左右はリーフレタスです。

成長が早いので、あと1週間~2週間頃には収穫できると思っています。

   

200912021  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

食べられた春菊のあとに、

ミニチンゲン菜の「シャオパオ」(サカタのタネ)を蒔きました。

中国では、チンゲン菜が重宝されています。

日本のような大型のチンゲン菜ではなく、10cm~15cmくらいの小さなものです。

  

以前、中国のいろんな都市を廻ったとき、スーパーの野菜コーナーにはいつも行っていました。

ミニチンゲン菜はどのスーパーにも必ず多量に置いてありました。

そして、いろんな料理に使われていました。

ミニチンゲンサイを丸ごと使っていました。

中国では、ミニチンゲンサイが普通で、日本のチンゲンサイは異常に大きいと思っています。

  

サカタのタネのホームページを見ると、

15cm×15cmに3株仕立てと書いてありました。

2粒ずつ蒔いてしまいました。

(よく調べれば良かったと後悔しています。)

今度は、虫に食べられないことを祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)