ミニトマト

2015年4月14日 (火)

ミニトマトの発芽

晴れ のち 雨

 

今年の4月は雨が多いです。

元々、4月は菜種梅雨で雨が多いのですが、今年は平年の3倍以上だそうです。

雨が多いと、畑の土が湿っていて、堆肥・肥料撒きや畝立てができないので、大変です。

明日から数日間は晴れ間が出る予報になっているので、期待しています。

 

数種類の種まきをしていたのですが、

今日はミニトマトの発芽の写真を載せました。

 

201504141

 

「キャロルスター」というミニトマトです。

この子葉から本葉が出てくるまでが好きです。

続きを読む "ミニトマトの発芽"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月19日 (土)

2014年7月14日の畑の野菜(その1:トマト、ミニトマト)

晴れ

今日は、まるで梅雨明けしたような真夏の空でした。

未だ気象庁から梅雨明けの発表はないのですが、もうそろそろと思います。

 

色々な野菜を植えているのですが、

一つ一つの野菜について記事を書く時間がないので、

おおざっぱに、現在の状況を書きたいと思います。

 

なお、以下の写真は7月14日に撮影したものです。

 

201407141

 

まずはトマトです。

葉が茂りすぎています。7,8段以降の脇芽が伸び放題になっています。

下葉の除去もできていません。

色々な野菜の収穫と袋詰め作業で忙しくて、手が回っていません。

来年は、株間を少し広げようと思っています(50cm→60cm)。

 

201407142

 

トマトの実はこんな様子です。

葉が密生しすぎています。

 

201407144

 

少しですが、ミニトマトも植えています

写真は赤のアイコです。

 

201407145
  

こちらは、黄色のアイコです。

黄色の方が甘くておいしいです。

家庭菜園でミニトマトを作られるならば、アイコをお勧めします。

 

201407143

 

丸いミニトマトもあります。

タキイ種苗の紅小丸(?)です。

皮が比較的軟らかくておいしいです。

 

今日はハウスの中のトマト類の現在の状況を書いてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

トマトの定植

晴れ

  

昨日、ビニールハウスに、トマトとミニトマトを植えました。

  

201104122   

  

大玉トマトの品種ですが、

メインを「麗夏」(サカタのタネ)、サブに「桃太郎8」(タキイ)と「みそら64」(みかど)です。

去年までは、「桃太郎8」をメインにしていましたが、今年は変えてみました。

それから、ミニトマトの「アイコ」の赤と黄色を20本ずつ植えました。

(この「アイコ」はおすすめです。果肉がぎゅっと詰まっています。黄色の方が甘いです。)

株数は、全部で500株ちょっとです。

  

201104121   

  

本当は黄色の花が咲いているときに植えるのが良いようなのですが、

今回植えたのは、まだ蕾の状態でした。

1月末に注文したのですが、遅かったのかもしれません。

年末くらいに注文したほうがいいのかもしれません。

  

今年もおいしいトマトができることを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

今年の夏野菜(2011年):トマトとミニトマト

晴れ (朝は大霜、ちなみに昨日の朝は積雪あり)

  

野菜を栽培している面積はわずか4.5反くらいです。

その狭い面積で、自分なりにいろいろと考えた各種の野菜を割り当てています。

その計画を正月すぎから立てていて、先日、種や苗の発注が終わりました。

  

まず、作りたい野菜があって、その栽培面積を決めました。

栽培面積は、収穫したい量から求めた株数を、1株当たりの面積にかけて算出しています。

数年間の経験値も参考にして決めています。

  

その後、できるだけ連作障害をさけるために、過去数年間の栽培場所とは違う場所に割り付けました。

ただ、雨よけハウスが一つだけなので、トマトだけは毎年同じ場所になってしまいます。

  

そして、それぞれの野菜の品種を決めて、種は1.2倍量を、苗はそのままの株数を発注しました。

苗は1月から2月にかけて発注しました。

依頼した苗は、トマト、ミニトマト、きゅうり、ピーマン、ナス、まくわうり、スイカの計7種類です。

接木苗があったりして、ちょっと難しいので、私はいつも発注しています。

  

種は4月の初めから育苗しようと思っています。

ゴーヤ、ズッキーニ、インゲン、オクラ、冬瓜、枝豆、かぼちゃ、スイートバジルの計8種類です。

  

作っている野菜はだんだんと固定されてきていますが、品種はときどき入れ替えています。

栽培書やカタログには良い事しか書かれていない場合が多いです。

見えない欠点もあるので、いいかもしれないと思った品種は試作しています。

  

ところで、タイトルに書いたトマトですが、

今年は、「麗夏」(サカタのタネ)、「桃太郎8」(タキイ)、「みそら」(みかど協和)の3種類を作ろうと思っています。

全部接木苗なので、1月下旬に発注しました。

3種類の中でもメインは「麗夏」です。

「桃太郎8」は去年までのメインで、「みそら」は現代農業に載っていたので試作してみようと思います。

「麗夏」は去年試作して、ずっしりと重かったので、今年はたくさん作ってみようと思いました。

ただ、桃太郎系よりも赤色が強いので、その点が気にかかります。

8月末まで収穫したのですが、なかなか夏の暑さに耐えるトマトはありません。

ほ場がもう少し高ければ、涼しくて、作りやすいのですが。

   

ミニトマトは赤色と黄色の「アイコ」を作ろうと思っています。

いつもはハウスの中だけですが、今年は露地にも植えてみようと思っています。

黄色のほうが甘いのですが、赤色が見慣れているので、まだ浸透していません。

それから、去年は同じ日に植えたのですが、なぜか赤色の実が先に色づきました。

ちょっと不思議でした。

  

毎年、大玉トマトは同じ雨よけハウスで作っていて、今年で10年目です。

連作障害が気になるのですが、ハウスが一つしかないので、どうしようもありません。

去年ができたので、多分、今年もできるだろうと思っています。

(ここだけは、植え付け場所を変えられません。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月30日 (水)

ミニトマトは「アイコ」と「ピンキー」という品種を作っています。

雨 のち 曇り

  

ミニトマトは、普通の赤系の丸玉を作っても、特徴がないので、

今年は、少し長めの「アイコ」とピンク系の「ピンキー」という品種を作りました。

  

201006302   

   

写真の上の右4個は、赤色のアイコで、下の5個が黄色のアイコです。

アイコは赤色と黄色をそれぞれ30株ずつ植えました。

果肉が詰まっていて、食べ応えのあるミニトマトです。

特に、黄色は甘みが強いです。

去年、試しに少量だけ作ってみて、おいしかったので、

今年はもう少し増やして作ってみました。

  

上の左側の1個はピンキーという品種です。

  

201006301   

  

そのピンキーの種の絵袋です。

作ってみて、そして食べて見ると、この絵袋に書かれているとおりでした。

ミニトマトといえば、赤系の丸玉なのですが、

ピンキーの色はピンクで、桃太郎に代表される大玉トマトと同じ色です。

皮も柔らかくて、普通のミニトマトとは全く違っています。

まだまだ栽培がへたなので、甘みはのせれないのですが、

もし甘みが強ければ、サクランボを食べている感触でした。

  

201006303   

  

アイコの赤4個、黄色5個、ピンキー1個を一袋に入れて、売ろうと思っています。

写真のそれぞれの袋の中に、上記のミニトマト計10個が入ってます。

明日、初めて出します。

売れることを期待しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月15日 (木)

スイートバジルとミニトマトも発芽してきました。

曇り 時々 晴れ (かなり肌寒い)

  

雑誌「現代農業2月号(品種選び大特集)」に載っていたスイートバジルとミニトマトの種まきをしていましたが、発芽してきました。

  

スイートバジルは「バジリーナ」(フタバ種苗)という品種です。

ハーブとしては珍しく、F1なので、作ってみようと思いました。

かなり前ですが、ナスの株間にスイートバジルを植えたことがあって、

その時は、害虫の被害がほとんどありませんでした。

今年は、ナスはわずかしか作らないので、ゴーヤの畝に植えてみようと思っています。

  

201004153   

  

ミニトマトは「ピンキー」(ナント種苗)を20粒だけ種まきをしました。

うす皮のミニトマトということでしたので、本当かどうか?試しに作ってみようと思いました。

夏のミニトマトは皮が厚くて硬いので、食べたときに皮が口の中に残ることがありました。

それが解消できればと思っています。

   

201004151  

  

201004152   

  

二種類の種の絵袋です。

  

201004154    

  

種は1粒ずつ蒔きました。

右の3列がミニトマトで、左側はスイートバジルです。

だいたい発芽しています。

本葉が2,3枚出てきたら、ポットに移そうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

丸オクラやプラム型ミニトマトは、かなり変り種なのかもしれません。

曇り 

  

今日、農協の研修で、福岡市の西の大型直売所に行きました。

そこは、多分、福岡市とその周辺では、一番大きな直売所だと思います。

地元の農協の直営だそうです。

売上高は28億円だそうです。

敷地は約2ヘクタールで、駐車場は広く、施設も大きいです。

  

そんな直売所の中を見てまわって、一つ気づいたことがありました。

私は、今年、プラム型のミニトマトや丸オクラを作っているのですが、

それらの野菜が非常に少なかったです。

  

200907302  

  

  

  

  

  

  

  

オクラの棚です。

写真の右側にもオクラはあり、生産者は30名を越えていました。

そのオクラのほとんどは通常の五角形のオクラでした。

丸オクラはわずかに1戸の農家が出されているだけでした。

  

200907301  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

こちらはミニトマトのコーナーです。

通常の丸型の赤いミニトマトが主流でした。

私が作っているプラム型ミニトマトは、これもオクラと同じで、1戸の農家だけでした。

丸型のミニトマトでも、赤色だけでなく、黄色やオレンジ色のものもあるのですが、

棚には並んでいませんでした。

(私が作って食べたところ、黄色やオレンジ色の方が甘かったのですが。)

   

その大型直売所に行った時間は午前11時頃でした。

まだ十分に、野菜がある時間帯です。

  

私は、少し変わった野菜やおもしろい野菜を作る傾向はあるのですが、

それにしても、プラム型ミニトマトや丸オクラが少なかったのは、ちょっと意外でした。

  

生産者が保守的なのか? あるいは 消費者が保守的なのか?

食べ物は保守性が高いとは思いますが、

ここまでとは、思っていませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

プラム型ミニトマト(アイコ)はおいしいです。

雨 のち 晴れ のち 曇り

  

今年作っているミニトマトは、甘くて、肉厚で、おいしいです。

品種は、赤色の「アイコ」黄色の「イエローアイコ」です。

ハウスで作っているせいか、夏のミニトマトの欠点である「皮が硬い」ことも気になりません。

それなりに食べ応えのある大きさです。

アイコを20株くらい、イエローアイコを10株くらい植えました。

   

200907211  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

赤のアイコです。

写真がイマイチなのですが、肉眼では、もっと赤いです。

  

200907212   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

こちらは、黄色のイエローアイコです。

たくさん成ります。

  

200907214  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

古いデジカメなので、ピントはイマイチですが、大きいです。

  

200907213   

   

  

  

  

  

  

  

  

  

ものさしが見えにくかったので、接写しました。

6cmちょっとあります。

食べ応え十分です。

  

これくらいの大きさになるのだったら、中玉トマトよりも、こちらの方がいいかもしれません。

中玉トマトは桃色よりも赤色系統の方が多いと思います。

同じ赤系統なら、こちらの方がずっと多収です。

  

大玉トマトの方はもうピークを越えました。

普通の大きさのトマトは、あと一段くらいで、その後の玉はかなり小さいです。

8月に入ると、収量は激減しそうです

暑くて着果していませんし、トマトの茎葉も弱っています。

ミニトマトは今のところ元気なので、長くもってくれればと思っています。

  

これを書いていて思い出したのですが、

3,4年前に中国の上海の市場に行ったところ、

ミニトマトは、そのほとんどがプラム型でした(丸いミニトマトではありませんでした)。

大玉トマトはピンク系も赤系もありました。

そのころの中国のトマトの食べ方は、生食ではなく、調理して食べていました。

その食べ方は欧米から入ってきたと思いますので、

推測ですが、ひょっとすると、このアイコも欧米からの品種改良かもしれませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)