訪問客

2013年6月10日 (月)

ほなみ幼稚園の園児が夏野菜の見学に来ました。

曇り 時々 晴れ

 

今日、飯塚市のほなみ幼稚園の年長組の園児が来ました。

トマト、ミニトマト、なすび、キュウリなどの夏野菜の見学だそうです。

幼稚園でミニトマトを作っていて、自分たちとの違いを見に来たとの事でした。

 

201306102

 

ズッキーニの横を通ったときの写真です。

ズッキーニがかなり大きくなっています。

 

201306101

   

先生の後ろを、一列になってついていく園児を見ていると、ほほえましかったです。

手前はジャガイモで、奥はゴーヤの棚が見えています。

 

 

一人の先生は、大きなハコベがあるので、その茎をたくさん摘まれていました。

ハコベの茎をからめて、引っ張って遊ぶのを子供たちに教えるそうです。

(年がわかると、笑ってしまいました。)

 

別の先生からは、モンシロチョウやアゲハチョウがいて、自然がいっぱいと言われました。

モンシロチョウはあまり見られないそうです。

 

 

トマトの実が未だちょっとしか色づいていなかったので、

7月の初めに、もう一度、来たいと言われました。

その頃には、真っ赤なトマトがたくさん色づいていると思います。

赤や黄色のミニトマトもあると思います。

 

お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

丸オクラが大きくなりすぎました。

晴れ

  

今日の午前中は、キャベツの定植を少ししました。

親戚の加勢もあって、2時間半くらいで、1300株くらい定植しました。

このことは、別途、ブログに書こうと思っています。

   

丸オクラですが、大きくなりすぎました。

高さは2.5mを越えているものもあります。

この前、ブログに書いたときから、さらに大きくなりました。

よくよく考えると、丸オクラには、一度も追肥をしていません。

大きくなったのが、丸オクラの特徴なのかもしれませんし、

ひょっとすると、土が良くなったのかもしれません。

後者だと、うれしいのですが。

  

20090918   

  

  

  

  

  

  

     

手前のキュウリ支柱の高さは、およそ1.8mちょっとですので、

その奥のオクラの背丈がいかに高いかわかります。

もうこうなると、そのままでは、オクラの実を収穫できません。

オクラの枝を曲げないとだめです。

収穫に大変な時間がかかります。

   

200909182   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

左のキュウリのうねに穴を開けて、大根の種を蒔こうと思っています。

ところが、オクラの枝が垂れ下がってきて、通路にしている畝溝も通れません。

そんなこともあって、この列のオクラを切ろうと思っています。

  

200909181   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

でも、オクラの先端はまだ元気です。

珍しいことですが、2つの花が咲いていました。

  

   

ところで、今日の夕方、突然、

微生物資材のエヌケイ-52を作っている中村産業開発の技術営業課長のMさんが尋ねて来られました。

私は、キュウリの片付けをしていて、ビックリしました。

「ブログの「気ままな耕作日記」を書かれていますか?」

との質問に、「はい」と答えました。

  

「エヌケイ-52」を検索すると、私のブログが出てくるそうです。

それで、一度、尋ねてみようと思われたそうです。

  

「どうやって、この畑がわかったのですか?」との問いに、

「飯塚市で、三郡山が見える所を探し、その方向のどこかに私の畑がある。

そして、青い防風ネットで囲まれている。」

そうやって、私の畑にたどり着いたそうです。

  

私は、本当にびっくりしました。

そして、その行動に感心しました。

これまで、このような方はいませんでした。

  

これまで、ぼかし肥料を作るときに、数種類の微生物資材を使ったのですが、

このエヌケイ-52が一番失敗しない微生物資材でした。

このブログを読まれた方で、ぼかし肥料を作ろうと思われたら、一度、使ってみたらいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

やっと、トマトが収穫できるようになったと思ったら、たくさん採れて大変です。

晴れ

  

梅雨なのに、晴れ間が続きます。

福岡県では、給水制限が出そうなところもあります。

雨が降らないので、アブラムシがかなり発生し始めました。

一度は殺虫剤を噴霧しないといけないかもしれません。

  

トマトが収穫できるようになったと思ったら、

私の予想よりもたくさん採れて、大変です。

収穫時期の予想は6月10日頃だったのですが、

実際は6月12日から赤くなり始め、収穫を始めました。

(2日くらいのズレですが、毎年のことですので、だいたい当たるようになりました。)

  

200906151  

 

  

  

   

  

  

  

  

  

大きさはさまざまです。

それぞれの箱は2段にトマトを入れています。

全部で、約35個×2段×4箱=約280個くらいです。

10号の規格袋に、3個とか4個とか入れて、87袋になりました。

急に採れて、慣れないせいか、大変でした。

   

200906152  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

トマトの木は、こんな様子です。

風通しを良くするため、下葉は除去しました。

    

200906154   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

赤いトマトが成っている写真を撮ろうとしていますが、なかなか難しいです。

  

200906153   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

この写真もイマイチですね。

葉っぱの下に隠れているので、写真が撮りづらいです。

次にトマトの記事を書くときには、いい写真をのせたいと思っています。

   

最後になりましたが、

今日、飯塚市内の幼稚園生の訪問を受けました。

幼稚園バス2台で、園児およそ40名と先生4名でした。

きゅうりを見学に来られました。

園内でもきゅうりを育てているとのことで、

もっとたくさん作っているところを園児に見学させたいとのことでした。

園内で、自分たちで育てているきゅうりと比較されたいそうです。

  

写真を撮らせてもらおうと思っていたのですが、

初めての訪問だったので、写真のことまで気がまわりませんでした。

次回、訪問されたときには、写真を撮らせてもらおうと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)