« 今年(2018年)の露地栽培での秋冬野菜 | トップページ | ハウス内の野菜(1):アイスプラント »

2018年12月14日 (金)

栽培記録用ノートについて

晴、やや寒い

 

もうすぐ、2019年が始まります。

新しい年に合わせて、栽培記録用のノートを購入されるのではないかと思います。

現場即ち栽培圃場で記録を付けることは重要です。

科学実験で、実験ノートを付けるように。

 

私はずっと、写真の3年日誌に記録しています。

 Cimg4772
 

いくつかの3年日誌が市販されているのですが、

私は、高橋書店の「3年ビジネス日記」を購入して使用しています。

 

Cimg4773

1月1日のページです。

3年分が1列に並んでおり、左右の両ページで4日間分になっています。

前のページと後のページを含めると、計12日間、およそ2週間分が見れます。

気象条件が少し違っても、その12日間が見れれば、およそどんな作業をいつ頃行ったらいいのかが分かります。

そして、過去の3年日誌がもう1冊あれば、3年前にも遡れます。

仮に1年ずつの日誌だと、何冊も開かなければなりません。大変な作業です。

 

Cimg4774

もう少し拡大しました。

各作業は箇条書きで書くことになります。

もう少し詳しく書こうと思えば、月末や年末のページに書けます。

ちなみに天気も記入できます。

 

いますが、年末も近づいてきているので、またこの3年日誌の事を書い以前にも書いたと思てみました。 

 

|

« 今年(2018年)の露地栽培での秋冬野菜 | トップページ | ハウス内の野菜(1):アイスプラント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 栽培記録用ノートについて:

« 今年(2018年)の露地栽培での秋冬野菜 | トップページ | ハウス内の野菜(1):アイスプラント »