« アイスプラントを収穫する部位 | トップページ | パイプハウスが壊れた時の補償が拡充されます。 »

2015年1月 4日 (日)

エンドウ豆用に張っていたネットが、支柱ごと壊れました。

曇り のち 晴れ

 

エンドウ豆用にキュウリネットを張っていましたが、大晦日の暴風雨で飛び、壊れてしまいました。

0.4mmの防風ネットを張っていたので、最悪でした。

 

201501045

 

こんな状態でした。

直管がぐにゃっと曲がっています。

201501043
  

飛ぶ前はこんな状態でした。

キュウリ用の支柱を立てて、18cm角のキュウリ用ネットを張り、

風よけのために、その上から0.4mmのサンサンネットを張っていました。

きれいにしたつもりが散々でした。

 

201501046
  

エンドウ豆類の2つの畝を中心に撮ると、こんな壊れ方でした。

風は右側から(北側)からきました。

4mm目の防風ネットを超えてきました。

 

201501044
  

壊れる前の写真です。

写真の左下には、くいを打ち込んで、支柱に止めていました。

このくいを7,8本打っていましたが、だめでした。

 

201501042
  

エンドウ豆の右側には、高さ3mちょっとの防風ネットを張っています。

その下には、30cmくらいの隙間があるので、

防草シートを張って、風が入らないように防いでいました。

 

風は、このネットのある方向から来たようです。

今回、予想以上の風が吹いたようです。

ちなみに防風ネットは風で倒れないように、電柱などに用いる先が広がるくいを打っています。

さすがに、耐えたようです。

201501041
  

今回、ひどかった原因の一つは、

目の細かいサンサンネットを防風ネット代わりに使っていて、風をもろに受けたことにあると思います。

もう一つは、写真にある、黒い結束バンドを使って、きちんと固定され過ぎていたことも原因かもしれません。

風を受けすぎたようです。

耐えきれないような風がきたら、飛ぶような防風ネットの固定の仕方も研究する必要があるかもしれません。

 

201501047

 

今日、片づけました。

また、支柱を立てて、キュウリ用のネットを張ります。

防風ネットはちょっと考えてみます。

(右側の青色の防風ネットの支柱に固定すると、飛ばないかもしれません。)

 

いずれにしても、今回の暴風雨はひどかったです。

この地で野菜を作り始めて、もう10年は超えましたが、

この時期としては、初めての経験でした。

それなりに対策をしていたつもりでしたが、自然はそれ以上でした。

恐ろしいです。

|

« アイスプラントを収穫する部位 | トップページ | パイプハウスが壊れた時の補償が拡充されます。 »

エンドウ」カテゴリの記事

気象」カテゴリの記事

農業技術」カテゴリの記事

コメント

test

投稿: test | 2017年10月27日 (金) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189785/60923042

この記事へのトラックバック一覧です: エンドウ豆用に張っていたネットが、支柱ごと壊れました。:

« アイスプラントを収穫する部位 | トップページ | パイプハウスが壊れた時の補償が拡充されます。 »