« キャベツとブロッコリーの種まきをしました。 | トップページ | まるで、キャベツ畑のようになってしまいました。 »

2014年9月 1日 (月)

キャベツとブロッコリーの種まき(その2)

曇り 時々 すごい雨

 

9月に入っても、相変わらずの雨。

先週の木曜か金曜日の週間天気予報では、今週の月、火、水曜日はお日様のマークが出ていました。

天気予報はなかなか当たりません。

 

キャベツと一緒にブロッコリーの種まきもしました。

 

201408301

 

ブロッコリーは2種類の品種を作ろうかと思っています。

「むつみ」(ブロリード)は中生種で、「おはよう」(サカタ)は中早生種です。

当地の農協で作っているものです。

私の畑は比較的寒い所にあるので、実が紫色になるアントシアンが発生します。

そうなると売れなくなるので、アントシアンの発生が少ないブロッコリーを選びました。

(茹でると、紫色はきれいな緑色になるのですが。)

 

201408301_2

 

「むつみ」の発芽2日後の写真です。

新聞紙を取るのが遅かったので、少し間延びしてしまいました。

 

201408302

 

いくつかの穴で欠株が見られます。

キャベツよりも少し発芽率が悪いようです。

 

9月末頃に定植すると、12月頃にはできるようです。

ブロッコリーは久しぶりに作ります。

立派なものができるといいのですが。

|

« キャベツとブロッコリーの種まきをしました。 | トップページ | まるで、キャベツ畑のようになってしまいました。 »

ブロッコリー」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、JR九州ファームの小川と申します。
飯塚の弥山にある養鶏場で働いています。たまごは「うちのたまご」という名前で販売しています。

失礼ながら過去のブログを読ませていただきましたが減農薬で農業をしているようですね。そこでなんですが、私たちのニワトリは自然由来のエサと湧き水で育てています。殻を固くするためにカキガラも毎日たくさん与えています。それゆえにかなり質の良い鶏糞ができます。有機栽培の畑にも問題なく使用できますし、私も自分の畑に使ってみたのですが、普通の鶏糞よりも非常に長く効きます。
毎日かなりの量が出ますので現在は久留米の大規模農家さんや地元の農家さんに引き取っていただいています。もちろんお金は頂いてません。

もしご興味がございましたらメールでもお電話でも構いませんので是非ご連絡ください。
JR九州ファーム 0948-72-0501
よろしくお願いします。

投稿: 小川 泰史 | 2014年10月15日 (水) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャベツとブロッコリーの種まき(その2):

« キャベツとブロッコリーの種まきをしました。 | トップページ | まるで、キャベツ畑のようになってしまいました。 »