« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月24日 (月)

先週の降雪で、近くの三郡山にも雪が積もりました。でも、今年は去年よりも暖かいです。

晴れ

  

今日は昨日よりも暖かい日でした。

(朝は、霜が降りていて、畑の水桶には氷も張っていましたが。)

  

先週の大雪で、関東地方はハウスがつぶれたりして、大変な被害があるとテレビなんかで伝わっています。

政府が無償で建て替えをしてくれるとは思わないので、被害にあった農家はどうしようかと思い悩むことだろうと思います。

  

近くの三郡山の雪景色です。  

  

201402192

 

201402191

  

拡大して、撮ってみました。

  

201402193

   

もう少し近い場所で撮りました。

この写真を撮った日の前日はもっと真っ白でした。

  

その日、畑を見に来られたSさんは、「まるで北の方の山岳地帯を見ているようだ。」と言われました。

当地は、飯塚市内から、2,3℃、温度が下がります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

ハウス内のリーフレタスは収穫が終わりました。

曇り のち 晴れ

  

ビニールハウスで栽培をしていたリーフレタスは収穫し終わりました。

  

201402121

   

今のハウス内はこんな様子です。

中央畝の手前半分は水菜でしたが、これもほぼ終わりました。

少し奥の方には、葉先が寒さで枯れた水菜が残っていますが、

これは大きすぎて、固くもなっているので、もう終わりです。

左の奥の方に、10mちょっとですが、アイスプラントが残っています。

このアイスプラントは3月20日頃まで収穫を続けようと思っています。

  

今年は、ビニールハウスの中で、リーフレタス、水菜そしてアイスプラントを作りました。

思うに、全部、サラダで食べる野菜です。

いつの間にか、生食(なましょく)文化に私もどっぷり浸かってしまいました。

ハウスを建てた最初の冬は、全部、春菊を植えました。

その春菊は、去年まで、少し作っていたのですが、今年は全く作りませんでした。

売れる野菜を作ってきた結果、このようになったのですが、私の食生活も変わってきたのかもしれません。

それにしても、10年もすれば、変わるのですね!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

アイスプラントが増えてきて、たくさん収穫できるようになりました。

雪が昨日の夜から降り始めて、朝、起きた時には一面の雪景色でした。

でも、昼過ぎには、かなり溶けてしまいました。

ビニールハウスの中で栽培しているアイスプラントがかなり密になってきています。

  201402133

全体はこのような様子です。

 

201402132

 

上から撮ると、こんな様子です。

株間は50cmくらい開けていたのですが、

隙間なく育っています。

 

201402131

 

横から撮りました。

出荷はこの伸びた茎から上の部分を切り取っています。

7、8本で約100gになります。

これをトレーに載せて、防曇袋に入れて出しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

キャベツの収穫

曇り

 

今年、初めて書きます。

今年に入ってから、いろいろ忙しくて、書くのが億劫(おっくう)になってしまいました。

 

キャベツは7種類の品種を作っているのですが、それぞれ個性が表れています。

成長の早い・遅い、色が濃い・薄い、柔らかい・硬い、病気が出やすいもの・そうでないものなどいろいろあります。

 

201301221

 

中央のうねのキャベツは色が薄いのですが、両側は濃いです。

形も違うのですが、写真でわかるのはこれくらいです。

 

201401222

 

こちらは別の角度から撮ったキャベツですが、うねごとに、少し違いが見えます。

 

 

201402011

 

このように、防曇袋に入れて、スーパーの産直コーナーに出しています。

(袋の結びの余りは切っています。)

 

このキャベツは、1月末から収穫しています。

去年の10月に入ってから苗を定植したので、できるのは遅かったです。

未だ巻いていないものもあります。

寒くて病気も出ています。

(寒玉ではなく、春系のキャベツなので、しようがないところもあります。)

そういう訳で、生育は相当に悪いです。

細かい品種の差は別の記事にして書こうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年3月 »