« 潅水用のポンプとパイプについて(坂上様からのご質問) | トップページ | 受粉できていないズッキーニは大きくなりません。 »

2013年6月 5日 (水)

2種類の四葉キュウリを栽培して分かったことですが、品種によって、うどんこ病の発生の程度が違います。

晴れ  

 

 

最近は、夜が明ける朝の5時頃に起きて、コーヒーを1杯だけ飲んで、畑に行きます。

収穫作業、野菜の管理作業など色々あって、1日が終わります。

朝が早いので、夜、眠くなるのも早いです。

9時頃には、瞼が重くなってきます。

ブログは1日が終わって書いていますので、書くのは、いつも9時過ぎになってしまいます。

そういう訳で、毎年のことですが、6月、7月はあまり書いていません。

その時、思っていることを記録として残しておきたいので、できるだけ書こうとは心がけています。  

 

 

表題のキュウリのことですが、

毎年、「恵沢」という四葉キュウリを作っています。

今年も、200株くらい植えています。

たまたま農協に行った時、別の品種の四葉キュウリが売られていました。

3株だけ買って植えてみると、

その3株にうどんこ病が発生しました。

恵沢にはうどんこ病は発生していません。

品種によって、こんなに違うとは思いませんでした。

 

201306033

  

左の葉の白い部分がうどんこ病です。

その下の葉は全体に広がっています。

 

201306034_4


  

左が「恵沢」で、右側の背の低いキュウリがうどんこ病が発生した品種です。

(写真がヘタで分かりにくいですね。)

 

201306032


  

全体はこんな様子です。

これから茂ってくると思います。

 

201306031

   

別の角度から撮った写真です。

 

キュウリの実は、少しずつ成っています。

今度は、キュウリの成っている写真をだそうと思います。

(撮り忘れました。)

|

« 潅水用のポンプとパイプについて(坂上様からのご質問) | トップページ | 受粉できていないズッキーニは大きくなりません。 »

きゅうり」カテゴリの記事

害虫・病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2種類の四葉キュウリを栽培して分かったことですが、品種によって、うどんこ病の発生の程度が違います。:

« 潅水用のポンプとパイプについて(坂上様からのご質問) | トップページ | 受粉できていないズッキーニは大きくなりません。 »