« ゴーヤとバジルの定植 | トップページ | 2種類の四葉キュウリを栽培して分かったことですが、品種によって、うどんこ病の発生の程度が違います。 »

2013年5月29日 (水)

潅水用のポンプとパイプについて(坂上様からのご質問)

曇り

 

坂上さんからの質問への回答のつもりで、書いています。

不明な点があれば、またコメントを下さい。

 

 

201305264

  

下の方にあるのがポンプです。

その右側に、井戸があります。

ポンプから出る水は上に行って、左右に分かれます。

左側は2か所の蛇口とパイプが地面にもぐっています。

右側は大容量の水が必要な時に出します。

当初は、1分間に80リットルくらいの水が出ていました。

 

 

P1040697_edited1_2

   

ポンプの型番です。

200ボルトの電気を使っています。

それなりに大きい容量でしょうか?

能力の高いポンプほど、水圧が高いと思います。

 

 

201305265_3

 

先ほどのポンプは左側に写っています。

地面にもぐってパイプはハウスの横から、2か所立ち上がっています。

その内の一つは写真の右端にあります。

 

 

2013052611_2


   

立ち上がったところに、コックを付けています。

そして、連結用のパイプでつないでいます。

 

 

201305266

  

もう一つのパイプの立ち上りは、ハウスの横の方にかすかに見えます。

そのパイプはハウスの中を通って、もう一つの畑に通しています。

 

 

201305267_2
   

  

連結したパイプの全体です。

約20mの長さがあります。

それぞれの畝に流しています。  

  


2013052610_2

 

パイプの太さは40mmです。

 

201305268

 

ズッキーニの畝には、潅水チューブを1つだけ通しています。

コックで開閉しています。   



201305269
   

 

ピーマンやキュウリは、1つのうねの両側に潅水チューブを通しています。

 

 

201305261

   

畝の反対側です。

パイプで潅水チューブをつないでいます。

こうすると、水圧が均等にかかりやすくなります。

(これが、ミソかもしれません。)

 

 

大体、以上です。

パイプは私自身で連結しています。

比較的簡単に、接着剤で連結できます。

野菜によって、畝の幅が違ったりするので、毎年、つなぎかえています。

|

« ゴーヤとバジルの定植 | トップページ | 2種類の四葉キュウリを栽培して分かったことですが、品種によって、うどんこ病の発生の程度が違います。 »

農業技術」カテゴリの記事

農業資材」カテゴリの記事

コメント

kay様へ
  
アイスプラントは、ビニールハウスで、冬から春にかけて栽培しています。
ビニールハウスは1棟しかなくて、今は、トマトを作っています。
そういう訳で、今は、アイスプラントはありません。
すみません。
佐賀で水耕栽培で作っているというニュースを以前、見ました。
調べてみてはいかがでしょうか?

投稿: マコト | 2013年6月 2日 (日) 21時32分

失礼しました。型番の写真に書いてありますね
全揚程35.5mということですね

投稿: 坂上 | 2013年5月30日 (木) 13時38分

本当にどうもありがとうございました。
大変わかりやすい説明で参考になりました!
間違いなく、うちの問題はポンプの水圧と配管の太さにあるようです。
毎分80リットルだと、うちのポンプのほぼ倍です。
今年はもう間に合わないので、来年に向けて改造の準備をしておくことにします。

ちなみに井戸は何mほど掘られてるんですか?
80リットルも出るとなると、吸い上げ高3~5mでしょうか?

投稿: 坂上 | 2013年5月30日 (木) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 潅水用のポンプとパイプについて(坂上様からのご質問):

« ゴーヤとバジルの定植 | トップページ | 2種類の四葉キュウリを栽培して分かったことですが、品種によって、うどんこ病の発生の程度が違います。 »