« 昨日、ジャガイモを掘りました。久しぶりの晴天でしたので。 | トップページ | キャベツとほうれん草の糖度を計ってみました。(その2) »

2012年2月19日 (日)

キャベツとほうれん草の糖度を計ってみました。(その1)

雪 のち 曇り

  

今日の朝、起きると、雪がしんしんと降っていました。

5cmは積もっていたように思います。

雪のことはちょっと置いておいて、表題の糖度のことを書こうと思います。

  

糖度を測ったことは、実は、野菜を作って初めてのことです。

きっかけは二つありました。

一つは、キャベツの収穫をしていた時です。

収穫するときは、キャベツの芯を、包丁で切ります。

その後、集めるときに、手がベトベトしていました。

芯の切り口から汁が出ていて、その汁なのですが、舐めると甘かったです。

とうもろこしを収穫したときにも、手がベトベトするのですが、ちょうどその感覚と同じでした。

どのくらいの糖度だろうかと思いました。

  

もう一つのことは、1月の終わりに、NHKの「たべもの一直線」で、赤根ほうれん草のことが放送されていたことです。

その放送では、小学生がほうれん草の赤い根を甘いと言って食べていました。

その後、私も自分で作っているほうれん草の根を食べてみて、甘く感じました。

  

それから、福岡県の減農薬・減化学肥料の検査で来られた普及センターの係りの方から、普及センターに糖度計があるということも聞いていました。

それで、今回、普及センターのSさんにお願いして測っていただきました。

   

201202147  

  

写真の三角の部分、黄色の部分、それに外側の緑の部分を測りました。

   

201202145   

  

測る前の下準備ですが、

まず、包丁で小さく切って、乳鉢に移し、けい砂を入れて、乳棒ですりつぶします。

けい砂は砂みたいなもので、組織を小さくして、水分を出させる為に使いました。

  

201202146   

  

すりつぶしたものを、写真のにんにく搾り器に入れて、液を出します。

上の写真は、キャベツの芯を入れてみたときの写真です。

この状態で絞ったのですが、一滴の汁も出ませんでした。

それで、さっきのホウ砂を使うことになりました。

   

201202144   

  

写真は、キャベツの芯の結果で、12.6度(Brix%)でした。

その他の結果は次のとおりでした。

    芯     : 12.6度

    黄色の葉 : 8.5度

    緑色の葉 : 7.8度 

同じキャベツですが、中心に向かうほど糖度が高くなっています。

  

ついでに、1日前と4日前のキャベツも計ってみました。

  芯     当日 : 12.6度

        1日前 : 10.8度

        4日前 : 8.2度 

それぞれ別個のキャベツで、しかも室内に置いていたので、バラツキはあると思いますが、傾向としては新鮮なものの方が糖度が高いように見えます。

   

201202143   

  

ほうれん草は写真のものです。

   

201202142    

  

ほうれん草の場合は水分が多いので、にんにく絞り器でそのまま汁がでます。

濃い緑色です。

  

201202141   

  

根の場合は、ホウ砂ですりつぶして、汁を出しました。

根が赤いので、少し赤みが出ています。

   

結果は次のとおりです。

  葉柄  : 8.6度

  葉肉  : 6.6度

  芯に近い葉(黄緑色) : 3.1度

  根   : 12.0度

葉はそれなりに甘く、根はかなり甘いという結果がでました。

   

この測定値だけだと、どの程度かかからないので、ネットで検索してみました。

ヤフーで、糖度とキャベツ、ほうれん草、野菜をかけました。

その結果と考えた事は明日、また書きます。

(長くなったので、疲れました)

|

« 昨日、ジャガイモを掘りました。久しぶりの晴天でしたので。 | トップページ | キャベツとほうれん草の糖度を計ってみました。(その2) »

ほうれん草」カテゴリの記事

キャベツ」カテゴリの記事

野菜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189785/54027012

この記事へのトラックバック一覧です: キャベツとほうれん草の糖度を計ってみました。(その1):

« 昨日、ジャガイモを掘りました。久しぶりの晴天でしたので。 | トップページ | キャベツとほうれん草の糖度を計ってみました。(その2) »