« 今年の夏野菜(2011年):トマトとミニトマト | トップページ | アイスプラントは思った以上に大きくなりました。 »

2011年3月14日 (月)

極早生と早生の玉ねぎの草取り終了と成長

曇り ときどき 晴れ のち 雨

  

ブログの更新を休んでいたら、友人から「なんしよっと?」という電話がありました。

農作業を休んではいないのですが、

玉ねぎの草取りとか、大根・キャベツなどのすき込みをしたり、その他いろいろな片付けなんかをしていました。

目新しい写真がないので、書くのを休んでいた次第です。

  

昨日、玉ねぎの草取りもやっと終わりました。

  

201103141   

  

かなり大きくなっていますが、この時期としては、もう一つのような気がします。

全部で13000本です。

  

201103142   

  

左右の畝で、玉ねぎの葉の繁り方が少し違っているように見えませんか?

右は極早生種の「貴錦」という品種で、左は早生種の「七宝7号」です。

私の畑の通常時で、「貴錦」は4月10日頃、「七宝7号」は4月25日頃から収穫できています。

右の方が極早生種なので、葉も柔らかいです。

  

201103143   

  

葉の色も柔らかな緑色をしています。

辛味が少なく、甘みがあって、サラダに向くのですが、今年はどうでしょうか!

  

201103144   

  

こちらは「七宝7号」です。

緑色が濃くて、ピンとした葉です。

あと1ヶ月半くらいで収穫になります。楽しみです。

   

雑草は玉ねぎを植えているマルチの穴のすき間から生えていました。

きちんと取りましたので、もう大丈夫です。

じっと大きくなるのを待とうと思っています。

|

« 今年の夏野菜(2011年):トマトとミニトマト | トップページ | アイスプラントは思った以上に大きくなりました。 »

玉ねぎ」カテゴリの記事

農作業」カテゴリの記事

コメント

奥田さまへ
  
私の場合、極早生種と早生種ですので、追肥はしていません。
追肥をする場合には、雨の前に、穴あきマルチの上からばら撒くのが簡単な方法と思います。
それ以外は、ちょっと考え付きません。
参考にならないと思いますが、すみません。

投稿: マコト | 2011年4月 9日 (土) 20時43分

「気ままな耕作日記」を大変興味深く読ませていただいてます。
奈良県生駒市南田原町の奥田好秀 62歳
耕作日記を知ったきっかけは 実は昨年秋 玉ねぎを早生、中晩成そして赤と3種類作りましたが 初めて作った早生を葉玉ねぎとして収穫時期の判断に迷って「葉玉ねぎ」で検索して 「耕作日記」に巡り合いました。
写真を見てびっくり。私はたった800本です。
それでも苦労しているのに…。
私も穴あき黒マルチ(135センチ幅)を使用しています。 追肥はちいさなこの穴からスプーンで入れていますがこの面倒なことの解決策はないものかと考えています。追肥の施肥はどのようにされていますか。
120坪ほどの畑では玉ねぎのほかに ジャガイモ、ソラマメ、エンドウ、春菊などが植わっています。
家のポットにはスティック、ズッキーニが定植まちです。「耕作日記」を見て勉強します。よろしく。

投稿: 奥田 | 2011年4月 9日 (土) 09時25分

すごいですね(^▼^)
生き物を育てるのは、とても楽しそうですね!
また、いろいろ話しを聞かせてくださいね(^Ο^)

投稿: やまね | 2011年3月15日 (火) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 極早生と早生の玉ねぎの草取り終了と成長:

« 今年の夏野菜(2011年):トマトとミニトマト | トップページ | アイスプラントは思った以上に大きくなりました。 »