« 正月前から、雨が多く、寒さも続いています。大変! | トップページ | アイスプラントの成長 »

2011年1月19日 (水)

低温が続いても、冬野菜のキャベツは少しずつ大きくなっています。

曇り 時々 晴れ

  

正月前からずっと、当地としては、低温が続いています。

平均気温が5℃以下で、昼間でも寒い状態です。

  

201101193   

  

2日前に洗い桶で凍った氷は厚さ3cm以上ありました。

その氷が今日まで残っていました。

まだ1cm以上あります。

こんな事は当地で野菜を作ってから、初めての経験です(およそ9年)。

相当に寒いです。

   

201101192   

  

今日、収穫したキャベツです。

80玉を超えています。

寒いのですが、それでもキャベツはゆっくりと大きくなっています。

やっぱり冬野菜です。

   

201101191   

  

キャベツの畑です。

キャベツは、うね溝ごとに、その両側で、大きくなったものから順に収穫しています。

畝の長さは約70mから長いもので90mくらいあります。

1廻りするのに、6日です。

収穫したキャベツの写真は6日後に大きくなったものです。

  

写真ではわかりづらいのですが、キャベツの葉が少し紫色になっています。

緑色だといいのですが、紫色になると成長が止まる兆候と以前、教わりました。

この品種は毎年作っているのですが、

葉色がこんなに紫色になってきたのは初めてです。

やっぱり寒さが響いているのかもしれません。

  

こんなに寒いと、キャベツは甘いです(特に芯が)。

今が一番おいしい時期だろうと思います。

|

« 正月前から、雨が多く、寒さも続いています。大変! | トップページ | アイスプラントの成長 »

気象」カテゴリの記事

キャベツ」カテゴリの記事

コメント

2011様へ
  
メールアドレスが書かれていましたので、別途、詳しいことをお聞きしたいと思います。
 
今回のコメントからだけで思うことは、元肥特に窒素成分が足りなかったのかもしれません。
キャベツは外葉が大きくならないと、玉も大きくなりません。
外葉を大きくするためには窒素が必要です。
コメントに書かれていた牛糞堆肥が完熟かもしくは完熟に近かったのかもしれません。
完熟になるほど、窒素成分も少なくなります。
堆肥としては良いのですが、肥料分としても考えると、あまり肥料効果はないと思います。
  
その他に、コメントに書かれているように、定植時期に苗の活着が悪かったのかもしれません。
活着さえよければ、少々の少雨でも、それなりに大きくなったくれます。
 
その他、逆に水はけが良くないとか、株間が小さかったとか色々あります。

メールアドレスは消した方がいいと思って、当方にて消しています。

投稿: マコト | 2011年1月25日 (火) 08時37分

いつも楽しみに拝見させていただだいております。そして農業に参考にさせてもらっています。この時期出荷しようと同じ時期にこの種類を植えたのですが,あまり大きくならず小さいままで出荷しています。それで肥料のやり方を教えていただきたくコメントを書きました。元肥に牛糞堆肥のみ入れ,化成肥料の追肥を2度しました。それが成長が遅れた原因ではないかと思います。また雨が降らないせいもあるのではと思っています。よろしくお願いします。

投稿: 2011 | 2011年1月25日 (火) 02時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低温が続いても、冬野菜のキャベツは少しずつ大きくなっています。:

« 正月前から、雨が多く、寒さも続いています。大変! | トップページ | アイスプラントの成長 »