« キャベツ畑を耕しました。 | トップページ | 昨年の11月末に種を蒔いたほうれん草がやっとできました。 »

2010年2月26日 (金)

農家に年寄りが多いということを、先週、実感しました。

雨 時々 曇り (でも、かなり暖かいです。)

  

私は、地区の生産組合長をしています。

新しく入ってきた私に、前任の生産組合長と農協の営農担当の方が来られ、頼まれました。

それから、かれこれ3,4年、連続して、その役をしています。

成り手がいないのです。

実際の農家は5名ですが、皆さん高齢です。

  

今度、JAふくおか嘉穂農協の理事の改選期ですが、

地区代表の理事を選ぶために、役員推薦選考委員会という会議体があります。

私が入っているU地区からも一人の委員を出します。

  

その一人の委員になってくれと頼まれました。

私のU地区は、3つに分かれていて、私はその内の一つの生産組合長をしています。

先週の土曜日と日曜日に、他の二つの生産組合長がそれぞれ我が家に来られ頼まれました。

  

当初は、出るだけで良いと思い、簡単に引き受けたのですが、

よくよく話を聞いてみると、かなり気の重い役だとわかりました。

  

私が入っているU地区を含む大きな地区はD地区なのですが、

このD地区から理事を一人選出しています。

D地区の中を三つに分け、理事はその三つの地区の持ち回りになっているそうです。

大変なのは、今回、私のU地区とK地区から、理事を出す事になっていることです。

委員を引き受けて初めて知りました。

こんな私で良いのですか?と尋ねると、

そういう事情だから、今回はどうなるか分からないけれども、行ってから、主張してくれと頼まれました。

本当かどうか、農協支所の支所長に尋ねると、その通りだそうです。

  

古い慣習を引きずっているのかもしれませんが、

頼まれたらしないといけません。

私みたいな新しく入ってきた者はそうしていく方がいいと思っています。

  

私のU地区も、全体として、年寄りが多くなっているのを、この件で実感しました。

   

頼まれて引き受ける理由はもう一つあります。

私はU地区の中の一つの生産組合長をしていますが、自治会は隣りの地区です。

通常は同じ自治会なのですが、

私は比較的新しい戸建の団地の中に住んでいて、この新しい住民が自治区を作っていて、ここには農家が1軒もいません。

それで、隣りのU地区の生産組合に加入させてもらっています。

近くの農家とは隣組ではないため、実際、近くの農家を知らなかったのです。

(野菜を作られている方がおられればいいのですが、米農家ばかりですので。)

それで、お近づきになるためにも、生産組長や総代を引き受けたり、そして今回の委員の役を引き受けたりしています。

  

話が、少し込み入っていたので、お分かりになられたでしょうか?

|

« キャベツ畑を耕しました。 | トップページ | 昨年の11月末に種を蒔いたほうれん草がやっとできました。 »

農業」カテゴリの記事

新規就農」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農家に年寄りが多いということを、先週、実感しました。:

« キャベツ畑を耕しました。 | トップページ | 昨年の11月末に種を蒔いたほうれん草がやっとできました。 »