« 大根を間引きしました。 | トップページ | レタスを育苗しています。 »

2009年10月21日 (水)

雨が降らないので、灌水チューブで、キャベツやジャガイモに、水を与えています。

晴れ

  

10月はいつもそうなのですが、雨が降りません。

それで、キャベツやジャガイモなどの野菜に、水を与えています。

  

200910211  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

キャベツですが、

土寄せをして、灌水チューブで水を与えています。

井戸水をホースで畑まで通し、灌水チューブをつないでいます。

2時間くらい流して、それから、順次隣りのうねにチューブを移動させています。

  

200910212   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

キャベツがこれくらいの大きさのときに土寄せをすると、しやすいです。

キャベツは、不定根が出るようなので、葉の付けねまで土を寄せています。

また、強風でぐらつかないようにする目的もあります。

   

排水路をはさんで畑を借りて、ジャガイモを植えているのですが、

そこまで水を通すのは大変です。

稲刈りもほとんど終わっているので、もう用水路に水は流れていません。

それで、あり合わせのホースを、100mくらいつなぎました。

その先に灌水チューブを付けて、ジャガイモに水を与えています。

チューブの先端は、井戸のポンプから150mくらい離れていますので、水はちょろちょろしか出ません。

でも3,4時間も流すと、土はかなり湿ります。

  

去年、ジャガイモは11月中旬に掘りました。

今年もその時期に掘りたいと思って、散水しました。

|

« 大根を間引きしました。 | トップページ | レタスを育苗しています。 »

野菜」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

キャベツ」カテゴリの記事

ジャガイモ」カテゴリの記事

コメント

石田さまへ
  
パオパオをかけているのに、キャベツや白菜が虫にやられたとのことですが、
多分、パオパオの端のすきまから、チョウなどが侵入したと思います。
パオパオをかけたときに、すでに、卵や幼虫がいたかもしれません。
一度、中に入ってしまうと、虫たちには天国だろうと思います。
  
トンネルにしたとのことですが、べたがけの方が良いかもしれません。
風などで、トンネルのすそが開き、そこから侵入すると思います。
  
パオパオは軽いので、べたがけにしておいても、野菜が成長するにつれて、持ち上がります。
  
私のところでは、大根はパオパオの両端が甘く、侵入したうねがありました。
大根の他のうねは大丈夫でした。
この場合、種をまいて、すぐにパオパオをかけました。
ほうれん草も種をまいてすぐにパオパオをかけました。
今のところ、きれいです。
  
虫がすそから侵入していないか、もう一度チェックされたらいかがでしょうか?
  
それから、私も、木酢液を以前試しましたが、その効果はイマイチでした。
成分の中には、フェノール類も含まれていると思います。
それらが効果を示すのではないかと思いましたが、
頻繁にかけるといいのかもしれません。
私は、天然物だから安全とは言い難いと思っています。
何事もほどほどがいいのかもしれません。  

投稿: マコト | 2009年10月22日 (木) 23時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨が降らないので、灌水チューブで、キャベツやジャガイモに、水を与えています。:

« 大根を間引きしました。 | トップページ | レタスを育苗しています。 »