« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月30日 (木)

丸オクラやプラム型ミニトマトは、かなり変り種なのかもしれません。

曇り 

  

今日、農協の研修で、福岡市の西の大型直売所に行きました。

そこは、多分、福岡市とその周辺では、一番大きな直売所だと思います。

地元の農協の直営だそうです。

売上高は28億円だそうです。

敷地は約2ヘクタールで、駐車場は広く、施設も大きいです。

  

そんな直売所の中を見てまわって、一つ気づいたことがありました。

私は、今年、プラム型のミニトマトや丸オクラを作っているのですが、

それらの野菜が非常に少なかったです。

  

200907302  

  

  

  

  

  

  

  

オクラの棚です。

写真の右側にもオクラはあり、生産者は30名を越えていました。

そのオクラのほとんどは通常の五角形のオクラでした。

丸オクラはわずかに1戸の農家が出されているだけでした。

  

200907301  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

こちらはミニトマトのコーナーです。

通常の丸型の赤いミニトマトが主流でした。

私が作っているプラム型ミニトマトは、これもオクラと同じで、1戸の農家だけでした。

丸型のミニトマトでも、赤色だけでなく、黄色やオレンジ色のものもあるのですが、

棚には並んでいませんでした。

(私が作って食べたところ、黄色やオレンジ色の方が甘かったのですが。)

   

その大型直売所に行った時間は午前11時頃でした。

まだ十分に、野菜がある時間帯です。

  

私は、少し変わった野菜やおもしろい野菜を作る傾向はあるのですが、

それにしても、プラム型ミニトマトや丸オクラが少なかったのは、ちょっと意外でした。

  

生産者が保守的なのか? あるいは 消費者が保守的なのか?

食べ物は保守性が高いとは思いますが、

ここまでとは、思っていませんでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

ゴーヤの花

雨 のち 曇り

  

いつも5時に起きて、5時半頃には、畑に収穫に行きます。

今日は、朝から雨で、合羽を着て、ゴーヤを収穫しました。

午前中に大雨の予報が出ていたので心配しましたが、

幸いにも、少しだけの強い雨で済みました。

良かったです。安心しました。

  

ところで、昨日、天気が良かったので、ゴーヤの花を撮りました。

  

200907292  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

右側の二つの花が雄花で、左が雌花です。

花の中心が違うことと、雌花にはゴーヤの子供が付いていることの違いがあります。

  

200907293  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

別の雌花です。

花の後ろに、ブツブツ状のゴーヤの子供が付いています。

  

200907291  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

支柱の内側に、ゴーヤの実が下がっています。

いつもなら、実の数はもっと多いのですが、今年は少し少ないようです。

雨が多くて、受粉がうまくできないのか? or ハチが少ないのか?

原因はよく分かりません。

  

200907294  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

外側から、全体を撮りました。

これくらいの茂りかただと、もう少し実が付いてもいいのですが。

   

いずれにしても、来週には梅雨明けしそう(?)です。

そうなれば、もっと実が付くだろうと、期待しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

ゴーヤの収穫を始めました。

大雨(昼頃まで) のち 晴れ のち 雨(4時頃から)

  

雨は、もう、うんざりしています。

今日の午前中も激しい雨が降り続きました。

NHKのテレビの災害情報で、飯塚市のいろいろな所で、浸水や土砂災害が起きていました。

私の近くも土砂災害で、避難勧告や道路の通行止めがありました。

天気予報では、明日は一旦、晴れるとのことですが、

あさっては、また雨が降るそうです。

梅雨明けは8月になってからかもしれません。

   

野菜ですが、

ゴーヤの収穫を始めました。

朝の雨の中、20本くらい収穫しました。

  

200907263   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

ゴーヤの畑の全景です(昨日、7/25撮影)。

ハウス用支柱に、ツルを登らせています。

   

200907262  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

こちらは、ほぼ10日前の7月16日(木)に撮ったものです。

わずか10日間で、みるみる大きくなっています。

このぶんだと、10日後の8月5日頃には、茎葉がかなり茂っていると思います。

  

200907261   

ゴーヤの実です。

うまく光があたっていないので、

よく分かりにくいのですが、

深い緑色のきれいなゴーヤです。

   

  

  

  

  

  

  

  

ナスも紫色がでないと商品価値が下がるのですが、

ゴーヤも緑色が出ないと、商品価値が下がります。

(ビタミンCなどの栄養価は不明ですが。)

少しでも太陽の光が当たるようにと、ハウス用の支柱を使っています。

(一番最初は、キュウリ用の支柱を使ってたのですが、

茎葉が茂りすぎて、薄い黄緑色のゴーヤができてしまいました。)

  

次は、ゴーヤの花なんかも書きます。

(今回は、撮り忘れてしまい、載せられませんでした。)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

丸オクラができてきました。

大雨 のち 晴れ のち 雨

  

飯塚は、昨日の晩から、強い雨が降り、24時間で300mmを越えたそうです。

朝、直売所や農協の集荷所に行くとき、道路に、何台もの放置された車を見ました。

水に浸かって、動かなくなった車です。

農地が冠水してしまい、作ってる野菜がだめになりそうな人もいました。

幸いにして、私のほ場は助かりました。

  

もう4,5年前になるでしょうか。

飯塚では、今回よりも、もっと凄い大水害がありました。  

そのときは、飯塚市の中心部がまるで海のようになっていました。

今回は、飯塚市の中心を流れる遠賀川の大改修によって、

かつての大水害が免れたのかもしれません。

梅雨末期の集中豪雨は、本当に怖いです。

   

今年のオクラは、丸オクラを作っています。

やっとのことで、全部の下葉を除去しました。

   

200907251  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

右側が丸オクラです。

葉っぱの形は普通の五角形のオクラと変わりません。

ちなみに、左側はきゅうりです。

この梅雨の長雨で、もう、しまえました。

  

200907252  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

下の方です。下葉やわき芽を除去しました。

52mのうねに、株間50cm、2条植えです。

一つの植え穴に、約3本くらいあります。

計算すると、52m÷50cm×2条×3本=約624本になります。

  

200907253   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

丸オクラの実と花です。

  

200907254  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

淡い黄色の大きな花で、きれいです。

  

200907255  

  

  

  

  

  

  

  

  

   

中は、ほぼ五角形をしています。空洞も五つあります。

   

200907256   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

採りたてのオクラを火にあぶって、ポン酢で食べました。

柔らかくておいしかったです。

長さは20cmくらいのものでも大丈夫でした。

  

この丸オクラは普通の見慣れたオクラではないので、

売れるかどうか、ちょっと心配です。

結果は、次回のオクラのことを書くときに、報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

黒マルチで皆既日食を見ました。

晴れ

  

福岡では、午前11時56分頃に、約90%の日食だったそうです。

日食を見るためのメガネを用意していなかったので、

ふと思いついて、黒マルチを通して見ました。

0.02mmの厚さのものでしたが、一重がちょうど良かったです。

二重にすると、何も見えなかったので。

(マルチを使っている農家は、多分、皆、同じことをしたのかも・・・・・・。)

   

それにしても、晴れていたのに、暗くなってきて、気温も低くなったのか、その頃は涼しかったです。

もう、40年くらい前でしょうか、小学生の時に、日食を見た記憶があります。

がけの上から、友達と、黒い下敷きで見たと思います。

何十年前の記憶がよみがえるとは、ヒトの脳も不思議ですね。

   

不思議といえば、

学生時代にトカラ列島の諏訪瀬島に行った記憶もよみがえってきます。

去年の冬に、皆既日食がトカラ列島で見られるというニュースを見て、

トカラ役場から、トカラの島々のカレンダーを取り寄せました。

  

200907221  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

ピントがあまり合っていないのですが、

そのカレンダーの7月です。

悪石島の写真です。

  

トカラ列島の諏訪之瀬島のことを1月に書いた記事です。

こちらの方も見て下さい。

  

それにしても、あまり世間に知られていないトカラ列島の島々を、

テレビで、少しぐらい紹介しても良かったのにと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月21日 (火)

プラム型ミニトマト(アイコ)はおいしいです。

雨 のち 晴れ のち 曇り

  

今年作っているミニトマトは、甘くて、肉厚で、おいしいです。

品種は、赤色の「アイコ」黄色の「イエローアイコ」です。

ハウスで作っているせいか、夏のミニトマトの欠点である「皮が硬い」ことも気になりません。

それなりに食べ応えのある大きさです。

アイコを20株くらい、イエローアイコを10株くらい植えました。

   

200907211  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

赤のアイコです。

写真がイマイチなのですが、肉眼では、もっと赤いです。

  

200907212   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

こちらは、黄色のイエローアイコです。

たくさん成ります。

  

200907214  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

古いデジカメなので、ピントはイマイチですが、大きいです。

  

200907213   

   

  

  

  

  

  

  

  

  

ものさしが見えにくかったので、接写しました。

6cmちょっとあります。

食べ応え十分です。

  

これくらいの大きさになるのだったら、中玉トマトよりも、こちらの方がいいかもしれません。

中玉トマトは桃色よりも赤色系統の方が多いと思います。

同じ赤系統なら、こちらの方がずっと多収です。

  

大玉トマトの方はもうピークを越えました。

普通の大きさのトマトは、あと一段くらいで、その後の玉はかなり小さいです。

8月に入ると、収量は激減しそうです

暑くて着果していませんし、トマトの茎葉も弱っています。

ミニトマトは今のところ元気なので、長くもってくれればと思っています。

  

これを書いていて思い出したのですが、

3,4年前に中国の上海の市場に行ったところ、

ミニトマトは、そのほとんどがプラム型でした(丸いミニトマトではありませんでした)。

大玉トマトはピンク系も赤系もありました。

そのころの中国のトマトの食べ方は、生食ではなく、調理して食べていました。

その食べ方は欧米から入ってきたと思いますので、

推測ですが、ひょっとすると、このアイコも欧米からの品種改良かもしれませんね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

露地で作っていたトマトに、とんがったものがありました。

曇り ときどき 激しい雨

  

一昨日の午前中にも、晴れていたのに、急に冷たい風が吹いてきたかと思っていたら、土砂降りになりました。

ハウスの中でトマトの収穫をしていて、

ハウスの中に水が入らないように、袖のビニールを慌てておろしました。

ふと気づくと、たまたま外に置いていたカメラがびしょぬれになってしまいました。

結果、カメラは使いものにならなくなりました。

販売店に聞いても、雨に濡れた場合には、保障の対象外だそうです。

がっかりでした。

今日の写真は、今年亡くなった妻の父のものです。

5年前くらいのデジカメなのですが、それなりに写ります。

  

雨よけハウスで、トマトを作っていますが、

苗が余ったので、露地にも植えていました。

(ちなみに品種は「桃太郎8」の接木苗です。)

  

露地で作ったトマトに、先のとんがったものができました。

植えたのは20株くらいなのですが、

ほとんどのトマトが同じような形でした。

  

200907173   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

左が露地トマト、右がハウストマトです。

同じくらいの大きさのトマトで比べました。

  

200907172   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

少し斜めから、撮ってみました。

先のとんがり具合に差はありますが、どれも同じようにとんがっています。

  

ハウスでは、もう5,000個以上は収穫していますが、

ハウス内で作ったトマトには、こんな形のトマトは一つもありませんでした。

  

なぜこうなったのか、理由はわかりませんが、

ひょっとすると、水が少なかったのかもしれません。

でも、水が少ないと、尻腐れの症状が出てくるはずです。

(尻腐れは、先端が黒くなる症状です。カルシウム不足と言われていますが、夏の場合は、水が少なくて、トマトがカルシウムを吸収しきれないために、生じると思います。)

結局、理由はわかりません。

宜しかったら、誰か教えて下さい。

   

200907175  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

今、雨よけハウスには黒の寒冷紗を張っています。

外から中に入ると、かなり涼しいです。

銀紙を張ったものもあるのですが、2,3年しかもたないので、こちらを使っています。

   

7月7日に張ったのですが、

偶然にも、去年も同じ日に張りました。

記録ノートとして、3年日記帳を使っているのですが、

寒冷紗を張った後に、ふと、日記帳の上の段を見ると、書いていました。

多分、日差しが強くなって、そろそろ張らないといけないなあと、体感的に感じるのかもしれません。

   

200907174  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

ハウスの中はこんな様子です。

外から見ると、暗いように見えますが、中はけっこう明るいです。

通路だけは通れるようにすっきりしていますが、

通路以外は、トマトが伸びて、もう密林のようになっています。

今は、5,6段目を収穫しています。

途中から斜め誘引して、その後は垂れ下がっているのもかなりあります。

長さは2.5m以上です。

その上の段にも、大きいトマトがあるので、もう少しは収穫できそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

夏野菜の収穫・調製・出荷などで忙しい日々を過ごしています。

晴れ

  

飯塚市の気温は33.8℃で、今年の最高気温でした(気象庁のデータから)。

トマトの支柱の補強をしていて、午前の作業が13時頃までなってしまいました。

ハウスには寒冷紗を張ったので、外よりもかなり涼しいのですが、それでも疲れました。

(雨よけハウス内で作っているトマトが4、5段目を収穫していて、

その上にもまだ大きい実が付いています。

その実が重くなって、16mmのイボ竹がグラグラしてきたので、針金で補強しました。)

  

200907141  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

今日のほ場の写真です。

まるで梅雨明けしたような夏の空模様です。

(遠くに見える一番高い山は三郡山です。)

ズッキーニは終わりました。

キュウリもかなり弱っています。

これからは、写真に写っているピーマン、それからオクラやゴーヤに移ってきます。

トマトは8月の上旬までだろうと思います。

  

日々の農作業は野菜の栽培と収穫・調製・出荷なのですが、

現在は、後者の方に比重が移っています。

直売所やスーパーの産直コーナーに出しているのですが、

大体が個包装のため、それぞれの野菜に応じた袋詰めをしています。

これが結構、時間がかかります。

  

例えば、今日のトマトでいえば、

収穫した個数は約280個、それを10号の袋に72袋詰めしました。

(販売に向かないトマトは外しました。)

それに要した時間は、妻と二人で、収穫に1時間ちょっと、袋詰めに1時間ちょっとでした。

トマトだけで、合わせて延べ4時間ちょっとかかっています。

その他の野菜を含めると、もっと収穫と調製の時間がかかります。

自然と、栽培に時間を取れない状況になってきています。

  

もし、野菜をしたいと思っておられるならば、

思ったよりも、収穫・調製に時間が取られることを考えておいた方がいいと思います。

  

久しぶりに、記事を書きました。

忙しかったです。

少し余裕が出てきたので、これから、また書こうと思っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

うね溝に、草が生い茂ってしまいました。

晴れ

  

梅雨の中休みで、晴れが数日、続いています。

来週には、また雨が降り続きそうです。

この間に、長雨で痛んだキュウリの葉の除去やピーマンの剪定をしています。

  

うね溝には、不線布の黒シートを敷いています。

ところが、1つのうね溝だけ、足りなかったのでシートを敷いていませんでした。

そこに、草が伸びてしまいました。

   

200907042   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

左がキュウリで、右はオクラです。

草が生い茂ったので、草刈り機で刈りました。

  

オクラの収穫はまだ先なので、後から草取りをしようと思って、放置していました。

草は初めは少しずつ、その後、ずんずんとみるみる間に伸びてしまいました。

見て見ぬふりをしようとも思いましたが、それもできず、

刈った草を片付けて、新しく購入したシートを張ろうと思っています。

早く対策をとっていれば良かったのですが。

大変な作業と覚悟しています。

(こうなったのは、この一つのうね溝だけなので、良かったです。)

   

200907041   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

ちなみに、黒シートを張っていた方は、この通り、草も生えていません。

(左がインゲンで、右はキュウリです。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

今年のズッキーニは大変でした。

晴れ 時々 曇り

  

昨日までの4日連続の大雨が過ぎて、

今日、久しぶりの晴れ間が見えました。

当地では、4日連続して、大雨洪水警報が出ました。

昨日(7月1日)は、生産調整の現地確認の立会いも中止になりました。

(地区の生産組合長をしているので、その役がまわってきます。)

市役所の支所から、中止の電話があったのですが、

理由を聞くと、土砂災害があって、人手が足りないとのことでした。

幸いにして、畑は冠水しませんでしたので、助かりました。

天気予報では、来週も雨が降りそうです。

適度に降ってくれると、ありがたいのですが。

   

今年のズッキーニは大変でした。

この前、ズッキーニのことを書いたときに、

品種でかなりの違いがあると書きました。

今年は、「サカタのタネ」のズッキーニを作ったのですが、

緑色のものは、多くのわき芽が出てしまって、

数量は上がるのですが、収穫に手間がかかりすぎました。

   

200907022  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

こんなふうになってしまいました。

どれが主枝で、どれがわき芽か、わからなくなってしまいました。

そのため、株と株の間に、顔を突っ込んで、ズッキーニの実を探さざるを得ませんでした。

240株くらい植えていたので、それこそ一仕事でした。

  

写真の中央に売っている実はズッキーニが大きくなりすぎたものです。

収穫適期を過ぎて数日経過すると、こんな状態になります。

採り遅れなのですが、これが一見しても分からない状態でした。

(今は、写真のように、長雨で、株自体が弱ってしまったので、見えやすくなりましたが。)

   

200907021   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

黄色のズッキーニはこんな様子です。

わき芽は出ているのですが、たくさん出ていないので、まだ分かります。

  

200907023   

  

  

  

  

  

  

  

  

  

全体の様子です。

畝幅は1.7mなのですが、うね溝にも葉っぱが張り出すくらい大きくなりました。

  

形の良さや主枝メインの成長などから、来年は「タキイ」のズッキーニを作ろうと思っています。  

もう1つ大変だったのが、あまり売れなかったことでした。

一時は、毎日200本以上の収穫になりましたが、かなり残りました。

初めは2本で200円、それから1本で100円、最後は2本で150円にしました。

  

縦切りにして、豚肉やベーコンを巻いて、油で炒めると、おいしいですし、

マヨネーズとかつお節を混ぜたものを、輪切りにしたズッキーニにのせ、オーブンで焼くのもおいしかったです。

妻がネットで調べて作ってくれました。

どれも簡単ですが、料理法が普及していないのが欠点なのかもしれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »