« トラクターの爪を交換しました。 | トップページ | キャベツなど秋野菜用の畦を立てました。 »

2008年10月 3日 (金)

久しぶりの晴れ間で、堆肥や有機肥料を撒き、畑を耕しました。

晴れ

  

今日の最低気温は12℃でした。

日の入りは午後6時前で、6時を過ぎると暗くなってしまいます。

暗くなる時刻が急速に早まっています。

あの暑かった夏はいつの間にか終わり、秋が深まっています。

   

久しぶりに晴れ間が3日間続いています。

明日も晴れのち曇り(夕方から雨が降るかもしれない)です。

この晴れ間を生かさない手はありません。

今日、おじ二人に加勢を頼みました。それに妻と私の計4人で、遅れていた畝つくりや夏作の後片付け、ジャガイモの芽かきなどに取り組みました。

   

20081003 一見、何にもない写真ですが、

この平らになった横16m×縦51m(816㎡)の耕した畑に、堆肥や肥料を撒きました。

その前に、夏作の畝(うね)から、マルチなどを除去しました。

そして、一度、耕して平らにしました。

たくさんの量の有機肥料を撒きました。

有機肥料は、発酵鶏糞(20kg×8袋)、し尿発酵肥料(15kg×12袋、野菜元気)、カキ殻(15kg×7袋、ドイシェル)の計27袋でした。

27袋を撒くのは、かなり大変な作業です。

予め、それぞれを撒く位置に軽トラックで置きました。

一つ一つはさみでビニールを開け、バケツに入れて撒きました。

   

それと並行して、近くの肥育牛農家から、発酵堆肥を分けてもらい、計4台、アルミのスコップで散布しました。

写真の茶色の部分は発酵牛ふん堆肥で、白いのはドイシェルです。

発酵鶏ふんとし尿発酵肥料は茶色の粒なので見えません。  

この写真を撮った後、さらにもう一度耕しました。

  

有機肥料の価格は、発酵鶏糞(420円×8袋=3360円)、し尿発酵肥料(200円×12袋=2400円)、カキ殻(450円×7袋=3150円)の計8910円でした。

高いか安いかは読者におまかせします。

   

今日のこの作業を妻と二人ですると、3日間はかかります。

明日までの晴れ間では到底できません。

どうしても人手が必要な時があります。

   

余談ですが、

晴れ間が続かないので、稲刈りが少し遅れている田んぼもあります。

堆肥をいただいた肥育牛農家からは、牛用の稲わらがあまり集められないそうです。

現在のところ、去年の1割以下だそうです。

晴れ間が続かないため、田んぼが乾かず、乾燥した稲わらがとれないからです。

こんなことは、あまり経験がないそうです。

やはり、天気が少し変になってきているのでしょうか?

|

« トラクターの爪を交換しました。 | トップページ | キャベツなど秋野菜用の畦を立てました。 »

農業」カテゴリの記事

堆肥・肥料など」カテゴリの記事

農作業」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの晴れ間で、堆肥や有機肥料を撒き、畑を耕しました。:

« トラクターの爪を交換しました。 | トップページ | キャベツなど秋野菜用の畦を立てました。 »