« 秋ジャガイモの植え付け | トップページ | 大根の発芽とパオパオの被覆 »

2008年9月11日 (木)

大根の種まき

晴れ のち 雨(夕方から)

  

大根の種まきを始めています。

夏大根と秋大根の種を購入していましたが、まず、夏大根を蒔きました。

本当は8月中に蒔いてよかったのですが、植える予定の所が片付きませんでした。

という訳で、ずれずれになってしまいました。

遅れた理由は、8月末に雨がよく降って作業ができなかったこと、夏野菜の出荷の疲れが出てしまったこと、暑かったことなどがあるのですが、いずれもいい訳です。

できている方はたくさんおられますので、反省しています。

   

200809111 夏大根の種まきをした場所は、前作に、ズッキーニを作っていたところです。

少し残っていたズッキーニの茎をを切っておいて枯らしていました。

  

  

  

  

   

200809112 残った草をのこがまで切って、きれいに片付けました。

ハウス側の草もきれいにしました。

土ガエルが何匹もいました。

今日は、近くに潜んでいたヘビがそのカエルを食べていました。

手伝っていた娘がたまたまその現場を目撃してしまいました。

これも、自然の摂理かもしれません。

カエルがいれば、ヘビも出てきます。

   

200809115 きれいに枯れ草を除いたあと、

ポンポンカッターで、株間35cmの穴を3畝全部に開けました。

畝の長さは約50mですので、

計算をしてみると、約1400の穴を開けたことになります。

それなりに大変でした。

   

   

200809114 もう少し近寄ると、こんな感じです。

大根の種は3粒ずつ蒔きました。

深さは約1cmです。

この作業に3日かかりました。

大根の種は比較的大きいので、

かなり適当に蒔いても、発芽してきます。

種を蒔いた後は、手のひらで土を押さえつけました。

この作業は少しだけ大事です。

土を押さえつけて固めていないと、強い雨が降ったりして、種が表面に出てしまうからです。

それから、発芽後の根が水分を吸うためにも、土を固めていて、水の通りをよくするからです。

   

200809113 左から3種類の種を蒔きました。

種の大きさは2,3mmです。

どれも大根の種ですが、微妙に大きさが違っています。

赤い色は種に殺菌剤をまぶしてあるので、こんな色になっています。

   

   

   

この大根の種まきはズッキーニの畝をそのまま使いました。

不耕起栽培が目的ではないのですが、

マルチがきれいですし(穴だらけでないという意味)、最近は秋も暑いので、シルバーでも良いかもしれないと思ったこと、

ズッキーニが早い時期に風に倒れて、枯れてしまったので、肥料分が残っているかもしれないこと、

それから、通常なら、マルチを片付けて、堆肥や肥料分を入れ、畝を立てて、種まきをするのですが、これらの作業が省けるのなら、こちらの方が早いと思ったことです。

結果は11月にも出ます。

   

2.4m幅のパオパオ(防虫用の不線布)も購入したので、

雨が上がり次第、パオパオをかぶせようと思っています。

|

« 秋ジャガイモの植え付け | トップページ | 大根の発芽とパオパオの被覆 »

農業」カテゴリの記事

大根」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大根の種まき:

» 新野菜 [新野菜]
近頃の野菜売り場というのは昔には見られなかったような華やかさが広がってきています。 [続きを読む]

受信: 2008年9月12日 (金) 11時42分

« 秋ジャガイモの植え付け | トップページ | 大根の発芽とパオパオの被覆 »