« 8月末まで、トマトが収穫できた理由を考えてみました。 | トップページ | 秋ジャガイモの植え付け »

2008年9月 7日 (日)

毎春秋、堆肥を撒いています。

曇り(時々雨) のち 晴れ

  

当地のような九州で作る露地野菜の場合、だいたい春と秋に、作物の種を蒔いたり、苗を植えたりします。

その畝を立てる時には、肥料と同時に、あるいは肥料よりも少し早く、毎回、牛ふん堆肥を撒いています。

今日の午後から、ジャガイモの種芋を植え始めたのですが(秋ジャガの作付け)、

このジャガイモの畝を立てるときにも、牛ふん堆肥を撒きました。

   

20080907 こんな様子です。

近くに筑穂牛の肥育農家がありますので、そこから、いつも分けてもらっています。

本当に助かっています。

軽トラックに積んでもらい、

アルミの大きな平スコップで蒔いています。

鉄だと重いです。

    

幅11m×長さ38mの広さに、軽トラック、山盛り2台を蒔きました。

手で蒔いていますが、慣れていますので、軽トラック1台分を、30分ちょっとで蒔けます。

この時期は、いつもこんな感じです。

|

« 8月末まで、トマトが収穫できた理由を考えてみました。 | トップページ | 秋ジャガイモの植え付け »

農業」カテゴリの記事

ジャガイモ」カテゴリの記事

堆肥・肥料など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 毎春秋、堆肥を撒いています。:

« 8月末まで、トマトが収穫できた理由を考えてみました。 | トップページ | 秋ジャガイモの植え付け »