« 空飛ぶかぼちゃ? | トップページ | 夏秋収穫のキュウリも育てています。 »

2008年8月 6日 (水)

畑には、野菜の剪定くずなどを捨てるところが必要です。

晴れ

  

野菜を作っていると、剪定などで出たものを捨てるところが必要になってきます。

例えば、ピーマンでは、取り遅れたものや剪定した枝や実が出てきます。

ゴーヤでも曲がったものや取り遅れて黄色になったものが出てきます。

キュウリやその他の野菜も出てきます。

そのようなものを捨てるところが、どうしても必要です。

   

200808062 左がゴーヤで、右がピーマンのくずです。

トマトやキュウリのくずも捨てています。

畑の端に、こんなところを設けています。

これに、米ぬかやもみ殻を入れて、堆肥にしている人もいます。

大量に作ると、どうしてもこんな野菜くずがたくさん出てきます。

   

   

200808061 真ん中の畝は、取り遅れたピーマンを剪定したものです。

左の方のピーマンは、きちんと収穫できたので、葉が茂ったままになっています。

   

  

   

   

   

200808063 ゴーヤもこのように葉が茂りすぎて、こんもりとなりました。

曲がっていたり、色が薄かったり、黄色くなったりした実を、全て取り除きました。

   

  

  

   

   

曲がったゴーヤでも売れるかもしれないと思われるかもしれませんが、

それも程度があります。

それに、あまり変なものは出したくないという気持ちの方が強いかもしれません。

|

« 空飛ぶかぼちゃ? | トップページ | 夏秋収穫のキュウリも育てています。 »

農業」カテゴリの記事

ピーマン」カテゴリの記事

野菜一般」カテゴリの記事

ゴーヤ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畑には、野菜の剪定くずなどを捨てるところが必要です。:

« 空飛ぶかぼちゃ? | トップページ | 夏秋収穫のキュウリも育てています。 »