« トマト接木苗の移植 | トップページ | ほうれん草の花 »

2008年3月28日 (金)

今年はし尿汚泥発酵処理の肥料も使おうと思っています。

晴れ (良い天気でした。)

    

以前書いたこともありますが、油粕などの肥料やマルチなどの農業資材が値上がりしています。

経費を少しでも下げたいと思い、今年はし尿汚泥を発酵させた肥料も使おうと思っています。

先日、近くにある「ふくおか県央環境施設組合 汚泥再生処理センター」から、

「野菜元気」という汚泥発酵肥料をもらってきました。

価格は15kg入りで100円と安価です。

20袋を頼んでいましたが、引き取り手が多いので、少しだけ待ちました。

    

P10000381

 使いやすいように、粒状になっています。

    

    

    

     

     

    

    

    

    

      

P10000391 上の写真の左下を拡大したもの。

油粕の肥料成分の濃度は、およそですが、窒素5%、リン2%、カリ1%です。

本品は、窒素が少し低く、リンは高いようです。  

重金属の濃度を少し心配したのですが、

多分、肥料登録を行った段階でクリアされていると思います。

窒素分はかつお節のだし殻で十分に補えると思います。

微量成分はカキ殻に含まれていますので、

大丈夫と思います。

    

     

今年は、本品の「野菜元気」、「かつお節のだし殻」、「カキ殻のドイシェル」を、メインの肥料として使ってみようと思っています。

  

|

« トマト接木苗の移植 | トップページ | ほうれん草の花 »

農業」カテゴリの記事

堆肥・肥料など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年はし尿汚泥発酵処理の肥料も使おうと思っています。:

« トマト接木苗の移植 | トップページ | ほうれん草の花 »