« すすきを見ると、秋を感じます | トップページ | 定植1ヵ月後のブロッコリーと土寄せ »

2007年10月25日 (木)

玉レタスの定植

晴れ

  

日暮れの時間が早くなってきました。

夕方の6時には、暗くなってしまいます。

やっと農作業に適した気候になってきているのに、すこし残念です。

    

レタスの定植がやっと終わりました。

中国に1週間ほど行ったため、かなり遅れてしまいました。

    

P10109051

幅12m×長さ50mの広さに、

牛ふん堆肥:軽トラック4台、

ドイシェル(カキ殻):150kg、

鶏ふん:240kg、

油粕:100kgを撒きました。

  

写真の白い部分はドイシェルです。

今回は、少し多めに撒きました。

半分は、ほうれん草を作ろうと思っています。

    

    

     

P10109061 上記の堆肥や肥料をそれぞれ撒いた後、

耕運しました。

耕運の回数は、計3回でした。

    

    

    

    

    

P10109161 畝を立て、散水しました。

最近、雨は全く降っていません。

   

    

    

    

    

     

P10109221 1日目は、2畝の定植をしました。

黒マルチは、幅135cm、株間27cm、条間30cmの3穴千鳥のものを使いました。

畝の長さは50mですので、

1畝で約550株のレタスを定植したことになります。

   

   

     

P10109241 2日目は、1.5畝分、定植しました。

レタスの定植株数は約1900株でした。

   

    

   

    

   

     

P10109231 定植直後のレタスです。

少し大きくなりすぎたと思います。

    

    

    

     

    

    

晴れが続くので、散水をしなければいけません。

でも、雨が降り続く長雨よりも、まだ、ましです。

野菜が不作になるのは、晴天続きよりも、長雨の場合が多いです。

雨が降り続くと、成長は悪くなるし、病気は入るし、

かといって何かできるかと言えば、何もできません。

晴天続きの方が良いと思っています。

(理想的には、1週間に1日か2日くらい、雨が降ると、ありがたいです。)

|

« すすきを見ると、秋を感じます | トップページ | 定植1ヵ月後のブロッコリーと土寄せ »

農業」カテゴリの記事

気象」カテゴリの記事

レタス」カテゴリの記事

堆肥・肥料など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉レタスの定植:

« すすきを見ると、秋を感じます | トップページ | 定植1ヵ月後のブロッコリーと土寄せ »