« 今頃、まくわうりができました | トップページ | ゴーヤの枝を切ろうか悩んでいます »

2007年8月29日 (水)

ゴーヤの種は少ない

雨 のち 曇り  (秋雨前線が降りてきたようです)

  

ゴーヤは苦瓜とウリ科の仲間ですが、

ウリ科にしては種が10個くらいしかありません。

種の数は、非常に少ないです。

  

ご存知だと思いますが、きゅうりにはたくさんの種がつきます。

冬瓜(以前に書いた記事です)もまくわうりも、中を切ると、無数の(とは言っても、数百ですが)種が入っています。

カボチャは少し少ないのですが、それでも数十個は入っています。

  

ゴーヤの種の価格は1粒50円以上します(うりおとめの場合ですが)。

こんなに高い野菜の種は他にないように思います。

種の数が少ないので、値段が高いだろうなあ!と、妙なところで納得したりもします。

   

P10104711   

熟して黄色になったゴーヤを切ってみました。

赤い粒がゴーヤの種です。

口に入れると、ほんのり甘かったです。

詳しいことは、ウィキペディアに載っています。

   

   

   

夏の暑さも終わりになり、そろそろゴーヤの季節も終わりです。

|

« 今頃、まくわうりができました | トップページ | ゴーヤの枝を切ろうか悩んでいます »

農業」カテゴリの記事

冬瓜」カテゴリの記事

ゴーヤ」カテゴリの記事

マクワウリ」カテゴリの記事

種・苗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴーヤの種は少ない:

« 今頃、まくわうりができました | トップページ | ゴーヤの枝を切ろうか悩んでいます »