« ゴーヤの台風対策 | トップページ | ゴーヤの摘果 »

2007年7月15日 (日)

台風でカメムシが少なくなりました

雨 のち 曇り

   

昨日の夜、台風4号は九州の鹿児島県を抜け、東に進みました。

私の所は、福岡県のほぼ中心部ですが、幸いにして、少しの強風で済みました。

   

ビニールハウスの台風対策としては、覆っているビニールを剥ぐか あるいは 風が入らないように密封するかのどちらかです。

私のビニールハウスは直径約28mmくらいの細い鉄管です。

台風に強い鉄骨ハウスでも、直径40mmくらいの太い鉄管のハウスでもありません。

そのため、いつもどちらの対策を取るか、悩みます。

   

台風が有明海を通る直撃コースの場合には、当然、ビニールを剥ぎます。

南を通る場合は密閉した状態でも大丈夫なようです。

問題は、長崎県から対馬海峡を通る場合です。

このコースを通ると、かなりの強風を伴いますが、台風が小さければ、密閉します。

台風が大きい場合は悩みます。

畑の周りに、高さ3mくらいの防風ネットを張っていますので、密閉で済む事が多いです。

     

台風の強風のためか、ゴーヤにたくさんついていたカメムシが少なくなりました。

台風の前には、先端に4,5匹のカメムシがついているゴーヤもありました。

雨ばかりで晴れ間がほとんどないため、殺虫剤も噴霧できませんでした。

ところが、今日、畑の行くと、カメムシのついているゴーヤは少ししかありませんでした。

台風も、たまには良い事をしてくれます。

     

 P10103501

   

手で、カメムシを集めました。

40~50匹です。

これくらいの数ですと、捕獲できます。

    

    

    

当面、毎日、カメムシを捕獲しようと思っています。

(少しくさいのですが、このカメムシは動きが遅いので、すぐに捕まえることができます。) 

|

« ゴーヤの台風対策 | トップページ | ゴーヤの摘果 »

畑の生き物」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

ゴーヤ」カテゴリの記事

コメント

ひえだ様
良かったら、見に来て下さい。
何かの参考になればと思います。
隣の田から水が浸入してくるのは、どうしようもないことかもしれません。
対策としては、溝を掘ることですが、20cm以上、できれば30cmくらい掘ったらどうでしょうか。
20cmといっても、かなり深いです。
区画整理をしている田なら、排水口があると思います。
そこに溝の水を流したらどうでしょうか。
その他の対策としては、畝を高くする方法もあります。
できるだけ高く、できれば20cm以上はほしいです。
弾丸暗渠を通すという方法もありますが、多量の水は難しいかもしれません。本暗渠ですと、確実ですが。
思いついた対策としては、今のところそれくらいです。
別途、メールで連絡させてもらいます。

投稿: マコト | 2007年7月19日 (木) 23時59分

私は幸袋に住んでいます。今まで裏に少しだけトマトとコーンを植えたことがあります、コーンは虫がつくので雄花を刈り取るということをこのブログで知りました3ヶ月前に田んぼを借りて、畑にして有機栽培に取り組もうとしていますが、初めてなので全く解りません。10メーターのながさを2畝スコップで堀上げ薩摩イモを10本うえました。そのとき、このブログをみさせてもらい、秋に植える野菜は何か、どうやって植えたらいいのか、みさせてもらっていますが、解りません。田んぼを約1反借りましたが水が多くぬかるんでいます。田んぼの周りに溝を作り堀下げたのですがまだぬかるんでいます。耕運機がいるのはわかるのですが、中古でもいいのか、新品の方がいいのかもわかりません。虫のいい話だと思いますが良かったら私に畑を見させてもらえませんか?こちらは全くの素人です

投稿: ひえだ雅文 | 2007年7月19日 (木) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風でカメムシが少なくなりました:

« ゴーヤの台風対策 | トップページ | ゴーヤの摘果 »