« インゲンの成長と花 | トップページ | ゴーヤの支柱立て »

2007年6月 3日 (日)

新玉ねぎの収穫がやっと終わりそうです。

小雨 → 曇り →晴れ

   

早生玉ねぎ(品種:七宝7号)の収穫がもう少しで終了です。

   

P10100601   

早生玉ねぎです。

茎が枯れてしまいました。

   

     

    

    

    

    

     

   

      

     

P10100551   

黒マルチを除くと、こんな感じです。

(上の写真の場所とは、少し違いますが)

玉ねぎが整然と並んでいます。

   

    

    

     

    

    

    

     

P10100561真上から見ると、

きれいに並んでいます。

今年の玉ねぎは生育が良く、

大きいものがたくさん収穫できています。

1玉600gを超えるものもあります。

(大きすぎて、売りにくいのですが)

    

                                 P10100591

茎は枯れていますが、

根まで枯れていませんでした。

    

    

    

     

    

先日、この新玉ねぎをかじってみたら、結構、甘かったです。

しかも、表面よりも芯に近い方が甘く感じられました。

そこで、知り合いの食品加工会社に糖度を測ってもらいました。

表面に近い部分の糖度が4.6度で、中心部は9.8度でした。

  

インターネットでは、徳島の玉ねぎは14度を超えるそうです。

熊本などから売られている甘玉ねぎの糖度はどれくらいでしょうか?

私の玉ねぎは、どの程度なのでしょうか?

(普及センターに調べてもらうよう、お願いしています。)

    

中性種のターボも、茎が倒れてきています。

来週には、収穫を終わらせようと思っています。

(赤玉ねぎは、まだ倒れていません。結構、遅いです。)

|

« インゲンの成長と花 | トップページ | ゴーヤの支柱立て »

農業」カテゴリの記事

玉ねぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新玉ねぎの収穫がやっと終わりそうです。:

« インゲンの成長と花 | トップページ | ゴーヤの支柱立て »