« 給水パイプの連結 | トップページ | トマトの1段目開花 »

2007年4月30日 (月)

果菜類の畝に散水チューブの設置

曇り

   

夕方のテレビでは、今日は夏のように暑かったと放送されていました。

でも、当地では、曇りのため、太陽の光がそれ程強くなく、風もあって、農作業には良かったと思います。

むしろ、昨日の方が暑かったです。

    

給水パイプの設置の後、灌水チューブを取り付けました。

ナス、ピーマン、ゴーヤ、インゲン、キュウリなどの果菜類の野菜の畝に取り付けます。

   

灌水チューブは毎年、使い廻していますので、ときどき破れたりしているものがあります。

水を通すテストをして、破れが大きいものはパイプでつなぎます。

こういった作業を繰り返すので、結構時間がかかってしまいます。

灌水チューブの新品は200mで2000円くらいですので、

新品を使えば良いのですが、つい修理して使いまわしてしまいます。

     

P10007511   

パイプに灌水チューブを取り付けた写真。

コックを開くと水が出ます。

    

    

    

    

           

P10007501   

長さが約50mですので、

毎年使っていると、

どうしても破れたところがあります。

     

     

      

     

P10007531   

長いので、

チューブが風で飛ばされないように、

所々マルチ押さえで、軽く止めています。

    

    

     

        

P10007561   

破れたところは、

パイプで連結しています。

良く使うチューブは厚さ0.15mmですが、

0.2mmの厚い方が長持ちするように思えます。

   

     

     

灌水チューブは近くに水道(私の場合は井戸ですが)さえあれば、使えます。

ガーデニングや家庭菜園で野菜や花を育てられている方も、一度、使ってみるといかがでしょうか?

設置費用はそれほどかからないし、結構便利です。

   

天気予報通りに、夕方から雨が降り出しました。

ここ1週間は雨が降っていなかったので、畑は乾燥ぎみです。

雨のあと、マルチを張って、果菜類の苗を植えようと思っています。

|

« 給水パイプの連結 | トップページ | トマトの1段目開花 »

農業」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

ほ場整備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 果菜類の畝に散水チューブの設置:

« 給水パイプの連結 | トップページ | トマトの1段目開花 »