« 大根栽培の反省 | トップページ | 桜が満開 »

2007年3月31日 (土)

新玉ねぎの初収穫

晴れ のち 雨

  

午前中から、風がだんだん強くなってきました。

その風も、なま温かく、いかにも雨を予感させるものでした。

  

極早生玉ねぎ「貴錦」を初めて収穫しました。

当地では、新玉ねぎです。

2月頃は、3月下旬にもどんどん収穫できると予想していましたが、

3月に入るころになって、寒さが戻り、

かろうじて、3月末に収穫できるまで大きくなりました。

  

とは言っても、まだ、茎が倒れていません。

大きそうなものを抜きました。

   

P10005751   

右2畝が「貴錦」です。

ほとんど倒れていません。

  

  

   

   

   

P10005731   

茎は細いのですが、

玉は結構大きくなっていました。

    

   

   

    

P10005791 畑で茎を切り、

切り口を乾かすために、

1時間ほどそのまま置いています。

その後、コンテナに入れて、

家に持ち帰っています。

 

        

本当は、茎が倒れた後、畑にそのまま1、2週間くらい置いていた方が良いと聞きました。

今は、少しずつ直売所に出そうと思っていますので、そういうことはできませんが、

そのうち、どんどん倒れてきますので、自然に、畑に置いておくことになります。

|

« 大根栽培の反省 | トップページ | 桜が満開 »

農業」カテゴリの記事

玉ねぎ」カテゴリの記事

コメント

玉ねぎの匂いがむせてくるような風景ですね。人間の生きる営みがありますね。

投稿: | 2007年4月 8日 (日) 06時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新玉ねぎの初収穫:

« 大根栽培の反省 | トップページ | 桜が満開 »