« ハウス内の畝立て | トップページ | 新玉ねぎの初収穫 »

2007年3月29日 (木)

大根栽培の反省

晴れ

  

下の写真は、去年の9月5日に播種した献夏37号大根を、

昨日、片付けて、野菜の処分場に山積みにしたものです。

 P10005711 

  

  

    

   

   

   

   

実は、この大根は去年の11月上旬から出荷し始めました。

2/3くらいの本数を直売所に出した頃から、

他の生産者が秋大根を出し始めました。

ちょうど、野菜の値段も安かった頃です。

私のところの別の秋大根(英才)も12月に入って出荷し始めました。

献夏大根が英才大根と重なってしまいました(失敗でした)。

   

献夏大根は、シルバーマルチを張ったズッキーニのあとに、穴を開けて種を蒔きました。

大根自体は十分にできました。

種まき時期は遅れたものの、同じ畝をそのまま使うという点では、不耕起につながり、労力の点では成功でした。

今年もこの方法を使おうと思います。

    

結局、献夏大根の1/3は、そのまま畑に残ってしまいました。

それを今頃、片付けた次第です。

そんな作業はやりたくなかったので、ズルズルと先延ばしにしていました。

今年は、去年よりも早く、8月中旬には種まきをしようと思っています。

   

|

« ハウス内の畝立て | トップページ | 新玉ねぎの初収穫 »

農業」カテゴリの記事

大根」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大根栽培の反省:

« ハウス内の畝立て | トップページ | 新玉ねぎの初収穫 »