« マルチの重し:ペットボトルの利用 | トップページ | スナップエンドウの風除け »

2007年3月 6日 (火)

草取り道具:鋸鎌(のこがま)

曇り

今日も少し寒い日でした。

  

草取りの道具の一つとして、鋸鎌(のこがま)を重宝しています。

春から夏にかけて、雑草が急速に伸びてきます。

私の感覚では、雑草の高さが1cm→2cmになるのも、5cm→10cmそして20cm→40cmになるのも、同じ日数のような気がしています。

草が伸び始めるときは、まだ、草取りをしなくても良いと、つい思ってしまいます。

そのままにしておくと、あっという間に伸びてきて、数十cmになり、どうしようかと途方にくれます。

  

決してサボっているわけではありません(?)。

他の作業が忙しく、後回しになるだけです(言い訳)。

  

畑に堆肥を蒔いていますので、畑の中も畦や土手も栄養満点です。

草は伸び放題になってしまいます。

  

畦や土手は草刈機を使うのですが、畝溝に生えた草は鋸鎌で草取りをしています。

   

 P10004681   

上段:ステンレス製、新品

中段:ステンレス製、かなり使ったもの

下段:鉄製(すぐに、錆びます)

  

  

  

   

P10004683   

刃の部分だけ拡大しました。

真ん中の鋸鎌の刃はかなり丸くなりました。

  

  

    

   

普通の鎌だと、滑ったりして、不注意で怪我をすることがあります。

鋸鎌はもうかなり前から使っていますが、

私も妻も、手を怪我したことは一度もありません。

使う時には、軍手を付けていますし、左手で草を持っているからだと思います。

  

ステンレス製のものは、量販店で300円くらいで買えます。

安いので、刃が石にあたって欠けても、あまり気になりません。

普通の鎌だと、欠けると使い物にならなくなります。

   

一度使ってみてはいかがでしょうか。

|

« マルチの重し:ペットボトルの利用 | トップページ | スナップエンドウの風除け »

農業」カテゴリの記事

農機具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草取り道具:鋸鎌(のこがま):

« マルチの重し:ペットボトルの利用 | トップページ | スナップエンドウの風除け »