« 種苗店は集会所!! | トップページ | 種苗店:その3 »

2007年1月30日 (火)

種苗店:その2

晴れ

  

私が懇意にさせてもらっている種苗店の一つに「坂田種苗本店」があります。

久留米と北野町に2つの店がありますが、北野町の方によく行っています。

ここは会長の奥さんが切り盛りしていて、色々な話を聞かせてもらっています。

  

今から10年以上前の、まだ家庭菜園をしている頃、

当時住んでいた市の家庭菜園教室のS先生の紹介で、初めてこの種苗店に行きました。

9月中旬くらいでしたので、キャベツやブロッコリーの播種にはもう遅く、大根やほうれん草、春菊などの葉菜類の種を購入しました。

それから、毎春と秋には数回ずつ訪れて、宅配や直売所向きに品種を教えてもらいました。

  

この種苗店は、筑後地方の野菜栽培産地のほぼ中心にあるかと思います。

購入の中心は専業農家ですが、少しだけ野菜を作っている農家も買いに来られています。

そのため、多様な種苗メーカーと付き合いがあり、多くの種類の種が売られています。

例えば、大根やキャベツにしても、少なくとも100種類以上の品種があると思いますが、

最初は、その中から何を選んだら良いか全くわかりませんでした。

自分に合った種を選ぶのは本当に難しいものです。

私の考えを言い、それならこれが良いと言って、種を選んで、少量ずつ分けてもらいました。

  

例えば、サラブレッドでは血統がまず優先されます。

それと同じように、種を選ぶこと(品種の選択)は、最も重要なことと思っています。

少量でも良いから、おいしい野菜を作りたい、

でも、姿形が少し悪い、量が採れないなど、大量生産農家の品種とは少し違うかもしれないが、作ってみたらどう。など、

その品種の特徴を話してもらえます。

  

この種苗店では、昨日も書いたように、数mlずつの少量でも種を分けてもらえます。

  

小倉にも、上野園芸社という種苗店があります。

明日は、この種苗店について書こうと思います。

  

|

« 種苗店は集会所!! | トップページ | 種苗店:その3 »

農業」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

種・苗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 種苗店:その2:

« 種苗店は集会所!! | トップページ | 種苗店:その3 »