« 今年の品種:インゲン | トップページ | 今年の品種:ねぎ »

2007年1月17日 (水)

ドイシェル(カキ殻)

雨 のち 曇り

  

今日、以前、カキ殻というタイトルで紹介した「土井貝灰製造所」(佐賀県鹿島市)に行ってきました。

有明海で取れた赤貝と牡蠣(カキ)の貝殻を原料として、

漆喰(しっくい)の材料や私が使っている「ドイシェル」を製造されています。

  

漆喰の材料は朝日新聞のネット上に、貝灰-環境に優しい注目素材として紹介されていました。

その記事には、漆喰の材料としての観点でしか書かれていないのが残念です。

もう一つの製品である「ドイシェル」も環境にやさしい注目素材です。

石灰の代わりだけでなく、海のミネラルを含んだドイシェルは、野菜、果樹、稲などの生育に非常に有用なものと思っています。

そして、実感しています。

  

P10002701

  

カキ殻の山

写真を撮った位置から下の道路まで5m以上あります。

去年、暮れからのノロウイルスの影響で、

今年は例年よりも少ないとのこと。

  

  

    

P10002791  

カキ殻が粉砕されて、

ドイシェルになっています。

  

  

  

  

    

P10002741   

赤貝の山。

10m近くになっています。

この山は、遠くからも見えました。

昔、当地にあった「ボタ山」を思い出しました。

  

  

     

P10002721   

もう少し、遠くから見た貝の山。

  

  

  

  

  

    

P10002731   

その山は、赤貝が主体です。

  

  

  

   

   

     

  

|

« 今年の品種:インゲン | トップページ | 今年の品種:ねぎ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

堆肥・肥料など」カテゴリの記事

コメント

もらいたいのです。送料や手数料を払えば頂けるのでしょうか?陶芸の焼成用に使います。

投稿: はるちゃん | 2010年10月18日 (月) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドイシェル(カキ殻):

» 新原ビーチ [沖縄観光データバンク]
新原ビーチは南部のビーチの中では透明度も良く白い砂浜が広がっています。 白い砂浜は、北に続く百名ビーチと合せると約2kmにも。キャンプやバーベキューなども楽しめます。、干潮時には沖合いのリーフに歩いて行けるほどの遠浅で、お子様連れでも安心です。干潮時には、貝殻拾いなども楽しめる上、ほぼ一年中グラスボートが沖まで出ているので、サンゴや魚を見ることができます。南部お勧めビーチです。 ... [続きを読む]

受信: 2007年1月19日 (金) 22時53分

« 今年の品種:インゲン | トップページ | 今年の品種:ねぎ »