« 今年の品種:枝豆 | トップページ | 今年の品種:カボチャ »

2007年1月20日 (土)

今年の品種:スイートコーン

晴れ

毎日、キャベツ50個と大根30本を収穫しています。

そして、時々、ジャガイモ里芋を収穫して、直売所に出しています。

もう、大根は小さいものだけになってしまいました。

  

毎日、今年作ろうと思っているさまざまな野菜を書いていますが、

今日はスイートコーンについて少し書いて見たいと思います。

  

スイートコーンは72穴のトレーで苗を作って、4月末に定植しています。

直根性ですが、苗を定植しても、十分に大きくなります。

枝豆と同様に、夏が来る前の収穫です。

畑の周りは、稲やイネ科の雑草だらけですので、

梅雨が明けると、アワノメイガなどの虫の襲来を受けます。

   

スイートコーンの中に、虫の幼虫が入っていると、どうしても食べる気がしません。

雄穂が出て、雌穂の絹糸が少し出始めた頃に、

1回だけ、殺虫剤のパダン粒剤をかけました。 

でも、1/3くらいの穂に虫が入っていました。

直売所に出す時には、実の先端をむいて、虫が入っていないか確認しています。 

  

スイートコーンだけは、どうしても殺虫剤が必要なようです。

殺虫剤をかけないと、いつも虫に食べられてしまいます。

その理由はよく分かりませんが、多分、甘すぎるのではないでしょうか?

昨年のスイートコーンの糖度は16度もありました。

粒を手でつぶすと、ベタベタするくらいでした。

食べてみて、確かに甘いのですが、甘すぎるという感じを受けました。

当地では、もちキビといって、少しモチモチするとうもろこしがあります。

それはわずかにしか甘みがないのですが、虫はほとんど来ません。

最近、消費者の嗜好は顕著に甘みを求めているような気がします。

そのため、種苗会社も糖度の高いスイートコーンの育種に努めているようです。

  

今年は、ほどほどの甘さのスイートコーンを作ろうと思います。

  

P10109071   

去年のスイートコーン

品種:あまえん坊

約100本

  

  

   

P10109081  

雄穂が開いています。

  

  

  

  

  

  

  

  

  

    

P10109091   

雌穂です。

上の写真と同じ日に撮影したもの

これから、雌穂が大きくなって、

スイートコーンになります。

  

  

  

  

  

  

    

P10109201  

少し大きくなったスイートコーンです。

絹糸が茶色になったら収穫です。

  

  

  

  

  

|

« 今年の品種:枝豆 | トップページ | 今年の品種:カボチャ »

野菜」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

直売所」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

スイートコーン」カテゴリの記事

今年の品種」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の品種:スイートコーン:

« 今年の品種:枝豆 | トップページ | 今年の品種:カボチャ »