« 畝(うね)立てと管理機 | トップページ | 上海の野菜 »

2006年12月16日 (土)

安い野菜の利用方法は?

くもり (1℃~15℃)

今日は2日間の晴れの日のあとでしたが、湿度は70%以上を示しています。

普通、冬は乾燥注意報がよく出ると思っていたのですが、

こんなに湿度が高いとイヤになります。

   

野菜は安くなったまま、一向に高くなりません。

ほうれん草、春菊、キャベツ、白菜、大根、かぶなどは冬の旬の野菜ですが、まだ安値のままです。

聞いた話ですが、ある市場で、白菜100個で300円だったそうです。

例年通り、正月に向けて高くなることを希望します。

   

野菜が安い理由は、一般的には、秋が気温が高く、生育が良かったからと言われています。

暖かいので、寒い時期の料理もあまりしない。

つまり、供給が多く、需要が少ないために生じたようです。

  

供給の増加はそれだけではなく、長期傾向として、

国内では、減反の田で野菜を作り出したこと(当地では、減反率は約40%です)や

海外からの輸入野菜の増加も考えられます。

   

需要の減少は、野菜ジュースやサプリメントで代表されるように、

手軽な野菜の加工品の需要は高まっていますが、

野菜そのものを料理に使うことは少なくなっているようにも思えます。

例えば、以前は白菜や大根は家庭で漬物にしていたのですが、今では、漬物自体を購入しています。  

    

こんなに旬の野菜が安いときには、

料理研究家などが、テレビで、旬の野菜のおいしく短時間でできる調理方法や

安い時にまとめ買いして、保存する方法などをもっとアピールしてもらいたいと思います。

ポパイには、ほうれん草の缶詰がでるのですが(でも、私はこの缶詰を見たことがありません)、

そんな方法があれば、需要も高まるのではないでしょうか?

   

P10001741  

毎日、レタスを収穫しています。

(写真がないのでこれを載せました)  

  

  

    

P10001751   

上の写真のレタスを近くで撮ったもの

   

|

« 畝(うね)立てと管理機 | トップページ | 上海の野菜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

野菜一般」カテゴリの記事

レタス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安い野菜の利用方法は?:

« 畝(うね)立てと管理機 | トップページ | 上海の野菜 »