« キャベツの下葉は案外大きい | トップページ | 春菊の播種 »

2006年12月22日 (金)

上海、錦菜園の農場

晴れ (1℃~16℃)

 

今日は冬至で、1年で最も日中の時間が短い日です。

でも、当地では(九州、福岡県のほぼ中心)、12月初めが最も日中の時間が短いように感じます。

朝は7時半頃に明け、夕方は16時半頃に日が沈みました。

今日は、もう7時頃には、日は明けていますし、17時過ぎまで明るくなっています。

明石を標準地点としていると思いますので、2週間ほどの時差があるようです。

    

今日の朝は、いつものように寒かったのですが、

氷も張らず、霜も降りていませんでした。

朝、直売所に野菜を持っていく時は、川に朝霧がかかっており、

案の定、日中はよく晴れました。

   

先日、上海のスーパーで、有機野菜を購入したことを書きました。

包装された野菜の上に、錦菜園というラベルが張ってあり、

日本語で「有機栽培で自然なおいしさをお届けします」と自然な日本語で書かれていました。

中国でも変な日本語の記載が多く見られるのですが、

これはひょっとすると日本人が経営しているかもしれないと思って、

栽培地の松江という所に行ってみました。

事前に電話でアポを取ろうとしたのですが、うまく行きませんでした。

でも、現地に行けば、どんな栽培をしているのかある程度はわかるのではないか?と思い、まずは行ってみました。

   

P5270093

   

 上海中心部から約1時間の距離でした。

  

  

  

  

  

    

P5270094  

 山間部では?と思いましたが、

 至って普通の平地にありました。

 

  

  

   

P5270102   

 日本でよく見られるパイプハウスが

 数十棟もありました。

  

  

  

    

P5270104  

 残念ながら、中に入る許可をもらえませんでしたので、

 塀の外から見せて頂きました。

  

  

    

P5270118  

 害虫被害の予防として、

 パオパオが掛けられていました。

 

  

  

   

P5270113  

 でも、ほとんどのハウスでは、

 特別な栽培をしているようには見えませんでした。

 

 

    

      

錦菜園では、堆肥や有機肥料は使われているとは思いますが、

ハウス全部を防虫ネットで覆うなどの予防は見受けられませんでした。

上海の気候は、日本の福岡に似ていますので、何らかの対策をとってあると思っていましたが、結局、よくわかりませんでした。

アポがうまく取れて、栽培をされている方から話を聞ければ良かったのですが・・・・・・

 

 

|

« キャベツの下葉は案外大きい | トップページ | 春菊の播種 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

中国の農産物」カテゴリの記事

野菜一般」カテゴリの記事

有機栽培」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海、錦菜園の農場:

« キャベツの下葉は案外大きい | トップページ | 春菊の播種 »