« レタスのトンネルかけ | トップページ | 農作業日誌 »

2006年12月12日 (火)

マルチの穴あけ道具

晴れ (8℃~17℃)

今日も暖かい日でした。明日から天気が崩れ、週末には寒波が来るそうです。

私は、夏の暑さには耐えられますが、

冬の寒さは苦手です。

身体が動きません。

収穫以外は畑に出たくないと思うときもあります。

   

昨日、トンネルマルチの穴あけ(空き缶に炭を入れる方法)について書きましたが、

その関連で、他の穴あけ道具について書いてみます。

      

P10001451 7,8年前に購入した穴あけ道具です。

タキイの通信販売で購入しました。

「ぽんぽんカッター」という名前です。

これは優れものです。

現在の価格は6700円ですが、最初は高いと思っても、7年も使うと、年間1000円ですので、結局は割安になります。

    

P10001441 ①錆びない

  濡れて泥だらけになっても錆びません。

  手入れをあまりしない私でも、7,8年もっています。

②切れ味も変わりません

  マルチの下の石で、刃先が曲がることはありますが、ペンチで元に戻せば、切れ味は元に戻ります。

③押さえがついている

  マルチがずれないし、マルチに穴を開ける目印にもなります。

    

P10001531 この道具もマルチの穴あけですが、

今では、ほとんど使っていません。

  

   

    

P10001541   

刃先を砥石で研ぐのですが、

マルチはきれいな丸い穴が開かず、

チカラを入れなければなりません。

使うのが、難しい道具でした。

   

    

マルチの穴あけのために、その他にも色々試してみました。

・ギザギザに切った空き缶

  苦労して、空き缶の鉄をギザギザに切ったのですが、マルチを丸く切れませんでした。

・カッターの刃を接着した空き缶

  瞬間接着剤で、カッターの刃を一枚ずつ空き缶に付けましたが、すぐに刃が外れてしまいました。

   

結局、苦労して作ったわりには、市販のぽんぽんカッターにはかないませんでした。

ガーデニング、家庭菜園そして新規就農の方も、畝にマルチをして野菜を栽培するならば、穴あけ道具は必需品です。

なぜならば、野菜の種類によって、穴の大きさも、穴の間隔も異なるからです。

読者のかたで、もっと良い道具がありましたら、教えて下さい。

     

|

« レタスのトンネルかけ | トップページ | 農作業日誌 »

農業」カテゴリの記事

農業技術」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

農機具」カテゴリの記事

新規就農」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マルチの穴あけ道具:

« レタスのトンネルかけ | トップページ | 農作業日誌 »