« マルチの穴あけ道具 | トップページ | 中国・上海のアヒルと農具 »

2006年12月13日 (水)

農作業日誌

雨 (8℃~12℃)

一日中、寒く冷たい雨がシトシト降っているような日でした。

   

野菜を作り始めたときから、農作業の日誌を付け始めました。

最初は、市販の1年毎の農家日誌でしたが、

数年後、これでは前年や前前年(一昨年)の今頃は何をしたんだろうかと調べるときには、何冊も開かなければなりませんでした。

普通のノートにも書いたりしましたが、結局、写真のような3年日記になりました。  

  

P10001561_1  写真は11月のある4日間の日誌です。

この日記帳を書き始めて、今年で3年目ですが、

どんな野菜をいつ頃どのようにしたか、数ページをめくると、すぐに分かります。

色を変えれば、収穫した数もわかります。

私は零細農家ですので、少量ずつしか収穫できていませんが。

    

P10001551 月刊予定表のところには、天気と最高・最低温度を記入しています。

野菜の生育は天気や気温などの天候に影響されますので、1月の天候状況が一目でわかることは非常に便利です。

去年の今頃は、かなり寒くて、雪も降っていました。

一昨年は晴れが続いていました(一昨年の温度はハウス内の温度です)。

     

5年日記や10年日記も検討しましたが、書き込むスペースが小さいので、やめました。

この日記帳はハウスの机の中に入れています。

ハウスの机で、農作業の休み時間の度に書き込んでいます。

家に帰って書くと、どんなことをしたか、忘れてしまいますし、

夜、眠くなって書かない場合もあります。

作業日誌ですので、その場にあると、いつも書けます。

   

しかし、欠点もあります。

作業内容しか書いていないので、なぜ、そのような作業をしたのか?とかその作業はどの程度大変(または楽)だったのか?などはわかりません。

そういうことなどは、夜や雨の日に、別のノートに書くべきだろうと思っています。

残念ながら、まだ、そこまで至っていません。

面倒臭いからかもしれません。

幸いにして、このブログを書き始めましたので、野菜作りの整理にもなっているかなあと思っています。

    

来年も3年日記帳を使う予定にしています。

家庭菜園や新規就農の方々も、こんな農作業日誌はいかがでしょうか?

   

|

« マルチの穴あけ道具 | トップページ | 中国・上海のアヒルと農具 »

農業」カテゴリの記事

農業技術」カテゴリの記事

気象」カテゴリの記事

家庭菜園」カテゴリの記事

ガーデニング」カテゴリの記事

野菜一般」カテゴリの記事

新規就農」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんにちは~。
トラックバックありがとうございます。
ブログのことがイマイチよくわかっていないのでトラックバックの使い方もわかりません(笑)。
3年日記帳が気に入りました。2年間メモ程度にノートを書いてきましたが、自分で書いたことを探すにもあっちのノート、こっちのノートと大変な思いをしていたので今年からブログを始めましたが、やはりノートは必要だなと最近思っていました。
3年日記帳、新年から早速真似をさせていただきますがよろしいでしょうか。
これから度々お邪魔させていただきます。

投稿: ダイコン農夫 | 2006年12月19日 (火) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 農作業日誌:

« マルチの穴あけ道具 | トップページ | 中国・上海のアヒルと農具 »