« 中国のお茶 | トップページ | 野菜の豊作 »

2006年11月24日 (金)

中国のお茶ーその2

晴れ (8℃~15℃)

今日はよく晴れていたのですが、気温は上がらず、午後は寒くなったような気がしました。

先日、穴あき黒マルチを張った畝に、玉ねぎの極早生種、貴錦を2400本定植しました。

   

昨日の中国のの続きです。

P10301771  3回目にして選んだ茶葉を、上皿天びんで、一回分ずつ計り取ります。

日本に帰って計ると、約7gでした。

その茶葉をビニール袋に入れます。

  

      

P10301801 ビニール袋に入った茶葉を、アルミ蒸着の袋に入れ、真空包装機を使って、密閉して空気を取り除きます。

  

  

  

   

P10000541 中央がその1回分のお茶です。

缶に10個ずつ入っています。

   

   

   

     

P10000571 左が中国茶、右が日本茶(煎茶)です。

煎茶は我が家のもので、800円/100gだそうです。

  

  

     

P10000611 お茶を入れたあとの茶葉です。

左の中国茶は大きいもので3cmくらいです。摘み取った茶葉そのものという感じです。

右の煎茶は小さく細切れになっています。

  

      

P10000621 左の中国茶は小さな茶くずはほとんど見られません。

右の煎茶は茶くずが多く、細切れになっているためか、茶葉からのタンニンの溶出が多いように思います。

  

     

中国茶を飲んでみると、味が薄く、苦味も少ないように思いました。

人それぞれ好みがあると思いますが、私はそれ程嫌いではないのですが、妻はあまり好みではないようです。

   

中国の福州は、中国ではそんなに進んだ都市ではないのですが、大型の冷蔵庫や真空包装機などを使っているとは思いませんでした。ビックリしました。

           

P10301791 余談ですが、

中央のコインをくわえたカエルを擦ると、お金がたまるそうです。

実際に、奥の小さなカエルを擦ってもらいました。

福州の人がよその町に行く時には、このカエルの置物を持っていくそうです。

|

« 中国のお茶 | トップページ | 野菜の豊作 »

農業」カテゴリの記事

中国の農産物」カテゴリの記事

玉ねぎ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国のお茶ーその2:

« 中国のお茶 | トップページ | 野菜の豊作 »