« 井戸その2 | トップページ | にらの出荷 »

2006年10月 9日 (月)

大根葉の出荷

晴れ (8℃~27℃)

この地は盆地で山沿いなので、かなり冷え込んだ。

寒暖の差が19℃もある。

晴天が続いて、放射冷却現象かもしれない。

 

P10207161 9月5日に種まきをした大根を間引いたものです。

3粒ずつ蒔いていたので、かなりの量が取れます。

まだ虫にやられておらず、このくらいの大きさなら、まだ、売れます。

  

P10207231 折れたり、傷付いたりしている葉を除いた後、4~5本ずつ防曇袋に入れます。

一人で袋に入れるのは難しいので、二人の共同作業。

約30袋ができました。

直売所で、100円で売ります。

  

P10207271 除いた葉。

4かごの大根葉を収穫して、2かごの残渣が出ます。

できるだけきれいな葉を出荷するので、このように多量の残渣がでます。

   

  

普通、スーパーでは、大根葉として専用種を栽培したものは売られていますが、大根の間引き菜は売られていません。直売所ならではのものだろうと思います。

なぜ、スーパーで売られてないかというと、大根を間引いたものは大きさがそろっておらず、収穫に手間がかかり、しかも大量の残渣が出るためと思います。

大根の間引き菜は、葉に厚みがあり、大根特有の辛味が比較的強いのが特徴です。

もし、大根を作っておられないなら、今ならば、お近くの直売所で手に入ります。

これも旬の野菜の一つかもしれません。

|

« 井戸その2 | トップページ | にらの出荷 »

大根」カテゴリの記事

直売所」カテゴリの記事

農業」カテゴリの記事

野菜一般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189785/12216362

この記事へのトラックバック一覧です: 大根葉の出荷:

« 井戸その2 | トップページ | にらの出荷 »