« 灌水 | トップページ | 井戸その2 »

2006年10月 7日 (土)

井戸その1

晴れ 風強し (15℃~27℃)

昨日のブログでは、灌水チューブで野菜に水を与えていることを書きました。

灌水チューブを使うためには、ポンプで水に圧力をかけるか、または水道の圧力を使うかのどちらかで、いずれにしても水圧をかけることが必要です。

私は、井戸のポンプで水圧をかけています。

  

P10206891 自分の畑を持ったときには、まず、井戸を掘って、自由に水を使いたいというのが、私の念願でした。野菜の栽培を始めた時から、いつも水には苦労していました。そして、この畑を購入したときに、何よりもまず最初に井戸を掘ることにしました。

地元の業者に見積もりを出すと、1m当たり12000円でした。この金額は、私が思っていたよりも高かったため、別の地域の業者に依頼して、10000円/mで掘ってもらいました。

地下20mくらいから、岩盤にあたり、掘っても掘ってもなかなか十分な水が出ず、1分間に100リッターの水が出たのは、深さ約50mでした。

この水をポンプでくみ上げ、①直径約7~8cmの青いホース、②通常の蛇口(2ヶ所)、③直径5~6cmのパイプでの導水、の計3ヶ所の水の出口を設けています。

 

今では、いつも水が使えます。

井戸があるから、今回のように、晴天が何日も続いても、いつでも野菜苗を定植できますし、種を蒔くことができます。

大変ありがたいことです。

|

« 灌水 | トップページ | 井戸その2 »

農業」カテゴリの記事

農業技術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井戸その1:

« 灌水 | トップページ | 井戸その2 »